2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

観劇予定


  • ★あくまでも予定で、増えたり減ったりする可能性大です★

    未定
募金サイト イーココロ!
[PR]ブログパーツ「FLO:Q」

いろいろ


« CLOSE YOUR EYES | トップページ | 『シンデレラストーリー』ソワレ In 愛知厚生年金会館(名古屋千秋楽&大楽) »

2005年6月17日 (金)

『シンデレラストーリー』 In 愛知厚生年金会館(名古屋初日)

初演名古屋公演時は、名古屋LKが始まってて、どうも名古屋の劇場に通う気も低下中の時期で(^^;
それならいっそ、たまには他のミュージカルも観ておこうと思って、急遽取った3つ(アニー、ホンク、シンスト)のうちの1つの公演でした。

結構直前に取ったのに行ってみたらセンター2列目でびっくりし(苦)
観終わって「むっちゃくちゃ、おもしろかった〜(≧∇≦)/」とにこにこしながら帰ったんですよね。
あの時も、もう一度観れるなら観てたと思う(笑)
それぐらい久々の大ヒットでした。
(その1週間後ぐらいにレミゼ観てこれまた違う意味で大感激してたんですが(笑))

CDもDVDも買って、その後も思い出す度に引っ張り出しては再演を楽しみにしてました(^-^)
…ってことで、スペシャルカーテンコール目当てで追加購入した、名古屋初日(つっても3回公演だけどさ)でございます。
詳しい感想は全部書いてると長くなるので、今回はさくっと。

アンサンブルさんたちが客席で王子探しを始めるのがわかってたので、早めに席着いて買ったパンフを読んでたんですが。
今回のパンフかなり豪華じゃん!(笑)
前回とは全然違うじゃん!!(笑)
入ってたルミカライトは黄色でした♪

アンサンブルの方が出てこられたらすぐにパンフしまって見物はじめ〜。

篠原衛兵の王子の呼び方が「おぅずぃ〜!」って言い方だったので、面白くて笑ってたら近くに来た時ににこやかに一礼されてしまった(自爆) なんで? 怪しすぎました?私??(^^;;

篠原衛兵「ローズマリー様! 王子みつかりました!」と言ってとある客席男性のところに呼び寄せたんですが、ローズマリー様もそれがチャールズ王子とはイマイチ自信がないご様子(笑)
しかも、いじられてる男性自身が「お名前は?」と聞かれて「チャールズです」とかしれっと答えてたりとかしてこれまた面白い( ̄ー ̄)

舞台上に橋本ピエールが登場して舞台進行開始。
王子を探してるときの高嶺王妃さま…。
最初の鎧のポーズはわかりますが、2回目のあれはないと思います!(自爆)
あれ王子格好でやられたら百年の恋も醒めますな(笑)

だるまさんがころんだの時(ヲイ)、階段登る状態で停止したはずの浦井王子ふらついちゃって(笑)
結構長い間みんな注目してたんだけど「何も見てない」と橋本ピエールに言われてたから面白かった。

全体的に階段になってる部分で、シンデレラの家の2階をどう表現するんだろと思ってたら、ちゃんと扉降りてきてびっくりした。
いやぁ。相変わらず継母継子トリオは最高!
どころかパワーアップしてて良いです♪

しかし、池田べラドンナがパンティを手にした状態で(しかも足部分にそれぞれ手を通して(笑))台詞を言い、その後それであやとりしてたので笑い死にしそうになりました。
うわー。四季の小○さん以上の衝撃だよ!!(ごめん。わかる人にしかわからない、これ(笑) いや、壁抜け男という演目のC氏と言う役に「記念にパンティをいただいていこう♪」っていう歌詞があるのですよ。名古屋公演の時無茶苦茶はじけてて、すごく面白かったの○林C氏)

デーモン閣下が、ベラドンナを間違って「ベランダ」って言っちゃって「はあ?!」って何度も揚げ足取ってた池田ベラ様(笑)
その後、買い物に出る為に扉の向こうに消える前に「ベランダって何よ、ベランダって」と言い、最後にはスカートの裾はさんだまま扉を閉めちゃうし。
…うわー、観てるこっちも気が抜けねぇ(笑)

ネズミさんたち登場。
…まさか、最前列前を通るとは予想もしてなかった…。
あそこ結構狭いのよ?
初演の時は下のオケピから登ってきたからなぁ。
確かに今回の衣装は涼しそうですね〜。

さて、王様&王妃のデュエットで飛ばされたシャボン玉に紙ふぶき。
帰宅したベラ様に最終的に「じゃあ、誰がやったのよ。言いなさいよ」と言われても答えられないちひろシンデレラに対し「妖精? 妖精?? ばっかじゃないの!」と勝手にまくしたてるベラ様。
…ちひろシンちゃん、なんか笑いこらえてましたよ?(笑)

デーモン閣下のチュウ之丞が、初演は歌舞伎調だったのに今回平安貴族調だったのにはびびった。

さて、デーモン閣下魔法使いの破れた手紙の再生呪文はういろネタの「白黒抹茶、コーヒー小豆、柚子桜」。
「カンボジアから来たからカボチャと言うんだ」が「カボチャから来たからカボチャと言うんだ」に聞えたんですが、閣下ちゃんと言ってたのかな?
その次の呪文は「いらないものはコメ兵へ、呼ばれて飛び出ててじゃじゃじゃ〜ん」。

名古屋ネタへの反応は早い(笑)

あ。
…カボチャの馬車がまとも(暴言)になってるー!!(≧∇≦)

2幕。
女官が王子叩いててびっくりした(笑)
アラカルト王国、それでいいのか?!

「王子、昼ドラ狙ってるでしょ? ミュージカルは踏み台ですもんね」と橋本ピエールに言われ、演技なのか本気なのかわからないリアクションをする浦井王子。
愛について語ってるときに、怪しい日本語神父みたいに台詞を言う橋本ピエールに思わず笑いが止まらなくなる浦井王子。
…浦井王子、コメディ部分はもうちょっとファイトだ!(笑)

ガラスの靴の持ち主を探してる部分での森若オードリー。
「あつっ!」の部分の誤魔化し方が「あ、愛地球博って言ったのよ!」で場内拍手♪
ナイス! 森若オードリー。

そういえばネズたちに向かって言うデーモン閣下のおどし文句は「手羽先にするぞ」と「みそかつにするぞ」でしたわ。

証文出す呪文は「サンドバッグに〜♪」って歌いだして、途中まで歌って「省略!」してました(笑)
尾藤王様が笑ってて面白い(≧∇≦)

証文部分、変わってたのは知ってたけど、まさかああいう風に変わるとは思ってなかった。
どこかで見た展開だなぁと思ったけど、初演のあの終わり方よりはなんとなく納得できるかもです。

フィナーレでは、ルミカライト折って持ったまま拍手。
ルミカライトが手に当たって痛い…が、やっぱり楽しいねぇ。

さて、カーテンコールもある程度終わったところで、池田ベラ様が上手側からマイク取り出してスペシャルカーテンコール開始。
「名古屋の皆様、やっとかめでございます」に場内大沸き〜♪
待ってました! この為に急遽チケット取ったんですから、私!(≧∇≦)

まず最初に、「歌いたがってた橋本さとしによるM3です」と言われ、橋本P様マイクスタンドを手に準備万端でセンターに立つ。
M3前奏が流れ、さあっ!て時に!
下手袖からお手製っぽいマイクスタンドを持った浦井王子が登場!
(スタンド裏に「P」ならぬ手書きで「チャ」と書かれ、マイク部分は緑色の缶っぽいやつ(笑))

のっけからそのまま浦井王子がM3歌っちゃってますよ(笑)
笑うしかない橋本P様。

途中から橋本P様復活。
ノリノリで、上手側のスピーカーエリアを乗り越えたら、数歩目で派手にハウリングを起こしてびっくりして舞台上に戻る。
劇中でデーモン閣下が行った時は大丈夫だったから、多分大丈夫だと思ったんだろうね(笑)
その後、浦井王子とノリノリで歌いシャウトしてらっしゃいました。

終了後、池田ベラ様から「王子、膝汚さないで!」と注意(笑)
結婚式の衣装のままなので、膝まであるブーツも白。
浦井王子「すみません」とか謝ってましたよ〜。
橋本P様とノリノリで上手下手に別れて交互にスライディングなんかしてるからですよ(笑)

次は、尾藤王様によるあしたのジョー。
準備万端でセンターに立つ尾藤王様。
だが、後ろの階段最上部では不審な影が(大笑)

案の定、閣下が横取り〜(≧∇≦)/
無茶苦茶感情こめて、演技しながら歌ってたよ(笑)
最後まで歌って、再度尾藤王様にバトンタッチ。

まさかシンスト舞台であしたのジョーが聴けるとは。
(しかもこれ作詞した人みてこの間びびったんすけど(汗))
客席でルミカライトが揺れる不思議な光景が…。
しかも舞台上でもルミカライト揺れてるし(笑)

池田ベラ様から「そういう歌じゃないんですけどね(笑)」と客席に注意入ちゃいました〜。

さて、お次はチケット半券による抽選会。
男性アンサンブルが客席に散らばります。
私の後ろの空席とかに篠原さんとか座り込んでびびっただよ(笑)

ドラムロールが長いと文句を言う出演者。
オケ後ろだから見えないから仕方ないよね。
口で「じゃん!」って言って合図してるのがなんとも〜(≧∇≦)

当たった人に「どちらから」と訊くんですが、そのうちの一人で池田ベラさまよく聞き取れなかったらしくって。
「尾張旭」が「御前崎」に聞こえたみたいで、「そんな遠くからわざわざ」って(笑)
言った本人も笑いながら訂正しようとしたんですが、笑ちゃって言えなくて、そのまま客席に戻されようとしたんですが、池田ベラさまに「ボケなくてもいいんですよー」とか言われてる始末。

女性だと男性アンサブルにエスコートされて舞台上に行くのですが、ポストカードラストの王子がひいた分は男性。
後ろにいた男性アンサブルさんたちから「意味ねー」とかって声が聞えてきましたが(笑) それは、その男性が自分で自ら舞台に行ったからか、それとも男性じゃ意味ないと言いたかったのか、気になるぞぅ。

ラスト、ちひろシンデレラ担当のキャスト全員のサイン入りパンフが2階席の人に当り、男性アンサンブルさん走ります&走れー!の声。
降りてきたのはこれまた男性でした(笑)

池田さん「売らないで下さいね」の一言つき。

スペシャルカーテンコールも無事終了。
オケの演奏最後まで聞いて、拍手して、浦井王子の終了アナウンス聴きながら会場後にしました。

一幕は誰か出てくる度に客席から拍手が沸いて、個人的にたまにひくことあったりもしたのですが(苦)
まあ、ある程度歌の手拍子なら楽しくていいからとりあえずノっておいたのは言うまでもないく(^^;

今回のシンストは、舞台装置も落ちも変わってて初演とは違う部分を探すのも楽しみのひとつでした。
だから観終わった後はやっぱり「楽しかったー!!」です。

ただ、初演呪縛から少々逃れられない部分もありまして(-_-;)
初演メンバーは全然気にならないのですが、やっぱり最初はどうしても違和感がねー。

前井上王子のM1ですでに「やべーやべーやべー(≧∇≦)」で、その後もう「…ダメだ。これは私の好きな声で、好きな演技だ。だがハマってはダメだ。井上王子追いかけたら私は完全に破産するから!!」状態だった私としては、浦井王子のM1とかはやはり弱いなぁと感じてしまう(^^;

前川崎王様&超のほほん前寿王妃のあのらぶらぶばっかっぷりがどう考えても王宮内の空気そのものだろうっていうのも大好きだったから、尾藤王様と高嶺王妃の微妙な温度差(笑)夫婦に違和感が出てくる。

ねずみたちも統制取れすぎてて(笑)妙にダンサブルな東山チュウとか、てけてけしてる前田チュウとかいないとなんだかとっても不思議な気がする。

砂川さんいないとなんだか落ち着かないし(何故(笑))、秋山ローズマリーのあのインパクトある顔じゃないとなんだか違和感がある(笑)

…それぐらい、初演がすごーく好きだったんですよねぇ。しみじみ。
でもまあ、過去ばっかり振り返って思い出しててもどうしようもないのはもう四季とかで実証済みなので(苦)
大楽はもう楽しんで観る事だけに集中してきます♪

と言いつつ、帰りの電車で初演CD聴きながら浦井王子歌声を井上王子で上書きした…ごめん……(笑)

« CLOSE YOUR EYES | トップページ | 『シンデレラストーリー』ソワレ In 愛知厚生年金会館(名古屋千秋楽&大楽) »

コメント

キターーー!!(AA略)
お待ちしてました!TBさせてもらおうと思ってこの日を狙ってましたよん♪いいなあ~、楽しそう名古屋。ワンダーランド名古屋v詳細レポありがとうです!!
初演のときは観てないので、正直井上王子のステキさは想像するしかないですが・・・、浦井王子に関しても王様夫妻に関しても指摘されてる部分についてはよくわかる気がする。観るほうがキャストを比較してしまうのは仕方のないことですし、オリジナルが一番いい気がするのもね・・・。完全にオリジナルを超えてしまわないと、再演とかセカンドシーズンとかって難しいですよねえ。
ところで、ひーさま結局100均とパンフ付きと、結局何本ルミカ振ったんですか?・・・ささじまのディスコ行きますか(笑)お伴しますよ♪

ちょっとごぶさたでした、よみーでした☆

いらっしゃいまし、よみーさん。
TBする価値があるものなのかはわかりませんが(笑)
えー、大楽から無事に帰って参りましたひーさまでございます。
大楽かなり楽しかったです~。終わってさみしい。
感想はまた長文でアップすると思います(^^; 今日は無理なので明日の朝とっかかりますです。

ルミカ結局2本振って終わりました(笑)
浦井王子がねー、井上王子ほど私をくらくらさせてくれてたら今日のマチネは多分当日券買ってた気がしたのですが(自爆)
その分今日CD予約してきましたよ。
最終的には浦井王子も可愛く見えてきてしまったのでヨシです(大笑)
ン・ダグバ・ゼバのくせにー!!(自爆)

さすがに今日は自分でもキャスト的に慣れてきて楽しかったです。
やっぱりシンスト大好きです。

と言いつつ、CDで浦井王子を井上王子上書き……(死)
もう、最近M1とデュエットふたつを狂ったようにリピートしてます。デュエットは脳内某カップル変換して楽しんでたりとかね(爆死)

今度お聞かせしますよ、井上王子バージョン。なんならDVD鑑賞しますか一緒に(笑)

ささしまのディスコかぁ。確かに気になりますね。あそこ。
ささしまサテライトも一度は行きたいと思いつつ、全然近寄ってない。
機会があれば是非行きましょう~♪
…でも、あそこのディスコも期間限定イベントのひとつだっけ??

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70563/4598241

この記事へのトラックバック一覧です: 『シンデレラストーリー』 In 愛知厚生年金会館(名古屋初日):

» Welcome to the Happy end of the World [ただなんとなくなにごともなく]
世界はハッピィエンドであるべきなんですよ。 ハッピィエンドこそがエンタテイメントなんだ! ル・テアトル銀座でマチネの「ミュージカル シンデレラ・ストーリー」を観てきた。 2年前初演の際は青山劇場だったらしい。今回はル・テアトル銀座で再演だ。 ベースは当たり前のように旧知の「シンデレラ」。鴻上尚史脚本は、童話の中では見過ごされる疑問に独自の解決を与える。例えばそれは、「シンデレラの魔法は何故12時までしか効かないのか」。「シ�... [続きを読む]

« CLOSE YOUR EYES | トップページ | 『シンデレラストーリー』ソワレ In 愛知厚生年金会館(名古屋千秋楽&大楽) »

おつきさま。



-天気予報コム-

最近のトラックバック

無料ブログはココログ