2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

観劇予定


  • ★あくまでも予定で、増えたり減ったりする可能性大です★

    未定
募金サイト イーココロ!
[PR]ブログパーツ「FLO:Q」

いろいろ


« TOKYO MEETS PROJECT vol.1 「BANG!BANG!BANG! 〜ちょっとだけ大作戦〜」マチネ In シアターサンモール | トップページ | ファンテグリザ&コゼバブでメモリーかな。でも個人的にはジャベグリザっていうのも捨てがたい。(となるとバブは誰だろう) »

2005年9月 9日 (金)

劇団四季『アスペクツ オブ ラブ』ソワレ In 自由劇場

約3年ぶりのアスペ♪
やっぱりねー。
保坂さんがローズとは180度違うマンマのドナを演じた後だからこそ、どうしても観たかったのですよ。
…行って良かった。

相変わらず曲がキレイ。
同じメロディが違う場所で違う時間で違う人で違う状況で紡がれていく。
ロイドウェイバーはやっぱりすごいや。

同行A嬢は「展開が早すぎてついていけないー!」と言っていたんだけど、確かに早いんだよね(笑)
最初観た時は私もついていくのに精一杯で、状況を理解するのも本当に大変だったと思う。
正直何が面白かったのかよく理解できなかったんだと思う。
それでもでもどこかずっとひっかかてた。

やっぱりメロディがキレイだからだろうなぁ。
東京公演でCDが出て、それを聴いてふっとその世界に戻ってきたときに、急に思い出してすごく観たくなったっけ。

保坂ローズ。
…相変わらずさすがだなぁと思うのだけど、やっぱり前とは少し違うなぁと、なんだかやわらかさが出た気がします。
正直、本当に私ローズってあんまり好きじゃなかったんですよ.。
男に依存してないと生きていけない人だし。

でも、アレックスが17歳だと聞いて、一瞬躊躇するあたりとか別れや再会の場面。
2幕最初の再会の時の、流れた時の長さがお互いの重ねた年月を象徴する普通さ、ジェニーへの母の顔とか諸々。
昔はどこか「冷たさ」が一番表面を覆っていたような気がするけど、そうじゃなかったなぁ。

ラストの願い事は、前と違ってかすれるように…。
それがとても切なくて、「はうー」と思っておりました。
保坂さんほど何やっても全く違う女性を演じられる女優さんを、私は他には知りません(笑)
やっぱり凄い人だ。

石丸アレックス。
17歳から37歳までを演じるわけで、キラキラした若者からどっしりと落ち着きのある男性へと変貌するわけですが、恋は巡ってるわけで(笑)
踊る石丸さんを観られるのはなかなかない事なので、葬式シーンはなんとなく感動して観てしまう。
やっぱり声いいし、カッコいいんだよなぁ……。

光枝ジョージ。
……あーもー、泣かされたのよ、この人にぃ!
2幕の老け込み方は「赤毛のアン」のマシューの最期を彷彿とさせられて、それだけでもどきどきするんですよ。(ある意味先が見える怖さ)
それで切々と娘に対しての思いを歌われたりしたらもう、思わず涙が出る。

ジェニーがドレスを着て降りてきた時の動き、その後の「The First Man You Remenber」で、まるで一時の恋を楽しむようにジェニーと歌いながら踊ってる、その場面のきれいさと空気で自然と泣けてくる。
嗚咽とかじゃなくてね、ふわーっと涙が出てくるわけですよ。
光枝さん、やっぱりうまいよなぁ…。

1幕のジュリエッタに大法螺吹いてる場面もとても大好き。
コミカルなのやってもやっぱりうまいんだよねぇ。自然で。
あと何回、光枝さんのジョージが拝見できるのでしょうか。
それを思うととても切ないです。

大鳥ジュリエッタ。
どうしても一番最初に観た井料さんのイメージが抜けなくて、誰で観ても大体しっくりきてなかったりするのだけど、大鳥さんもそう。
うまいとは思うけど、どこかなんだか微妙なんだよなぁ……。

喜納マルセル。
喜納さんでした(笑)
いいのよ、大好きだから、別にそれでも。
しかし、マルセルとローズは兄と妹みたいなそんなカンジなのかなぁ。
恋愛抜きで、普通に心許せる唯一の人なのかもしれない。

紗乃ジェニー。
実はちょっと心配してた(^^;;
でも、可愛かったですよー。
初めてアレックスに会った時の目線もちゃんと子供でしたし。(…あれで視線の流し方がオトナだとかなり辛いんです)
歌もうまかったし。
ジェニーも相変わらず最初に観た(っていうかオリジナルか)堀内さんイメージが抜けないのは確かなんだが。

鈴木ヒューゴ。
…………今までになく、空気よりも薄そうな存在感(汗)
あまりにもヒューゴって意味のない役だよ、これじゃ(泣)

武エリザベス。
相変わらずディリア姿がキレイでしたー(≧∇≦)b

アンサンブルで目が行くのはやはり菊池さんと浜名さん、あと林さんぐらいか。
菊池さんは、やっぱりすごいや。相変わらずダンスきれきれ。他の若手よりもきれきれ。さすが。

□ CAST □

ローズ・ビベール:保坂 知寿
アレックス・ディリンガム:石丸 幹二
ジョージ・ディリンガム:光枝 明彦
ジュリエッタ・トラパーニ:大鳥 れい
マルセル・リチャード:喜納 兼徳
ジェニー・ディリンガム:紗乃 めぐみ
ヒューゴ:鈴木 聡
エリザベス:武 木綿子

■男性アンサンブル■
菊池 正/浜名 正義/横山 清崇/石井 雅登
内田 孝志/岸 佳宏/滝沢 行則

■女性アンサンブル■
林 浩代/有永 美奈子/井上 あゆみ/田村 圭
諸 英希/松本 香保里/佐藤 絵里子

« TOKYO MEETS PROJECT vol.1 「BANG!BANG!BANG! 〜ちょっとだけ大作戦〜」マチネ In シアターサンモール | トップページ | ファンテグリザ&コゼバブでメモリーかな。でも個人的にはジャベグリザっていうのも捨てがたい。(となるとバブは誰だろう) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70563/5868102

この記事へのトラックバック一覧です: 劇団四季『アスペクツ オブ ラブ』ソワレ In 自由劇場:

« TOKYO MEETS PROJECT vol.1 「BANG!BANG!BANG! 〜ちょっとだけ大作戦〜」マチネ In シアターサンモール | トップページ | ファンテグリザ&コゼバブでメモリーかな。でも個人的にはジャベグリザっていうのも捨てがたい。(となるとバブは誰だろう) »

おつきさま。



-天気予報コム-

最近のトラックバック

無料ブログはココログ