2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

観劇予定


  • ★あくまでも予定で、増えたり減ったりする可能性大です★

    未定
募金サイト イーココロ!
[PR]ブログパーツ「FLO:Q」

いろいろ


« 目を閉じても、迷わないで。 | トップページ | 一番愛しいのはお前だ(笑) »

2006年1月14日 (土)

劇団四季『人間になりたがった猫』 In 愛知県豊橋勤労福祉会館

約3年ぶりの人猫でした。
今回は前回と違って特に思い入れのある役者さんが出てないので、素直に観て楽しめます(笑)
…でも逆に、そこにいない人とか思い出して切なくなったりもするんだけどね。

っていうか私。
今回、目から水もらしすぎ(自爆)
いかん。本気で大好きだ、この作品。

前回と同じキャストは、渋谷ダドベリはTV版でしか観てないから、松下博士のみで、前回同様、相変わらず松下博士(ステファヌス)萌え(笑)
あの猫可愛がりっぷりがたまらん。

山崎ライオネルも安定してて観やすいですね。
途中でちょーっと噛んでたけど(^^;;

…日本語だけが心配だった花田ジリアン。
仕方ないとはいえ、やっぱり正直苦手。
発音がねぇ。

同行友人も同様だったらしく「明日、ジリアンだけでも変わればいいのにー」とかのたまってましたわ(^^;
最後に観たのが、智恵ジリアンだったからねぇ。
智恵ジリアン、リカちゃん人形みたいに本当に可愛いジリアンだったから。
それと比べちゃいけないのはわかってるんだが。
もう少しライオネルとの距離を縮めてくれないとなんか違和感があるよ。
あと、ちょっとだけ重そう(^^;;;;

夏木さんのトリバーも安定しててさすが。
渋谷ダドベリもね、慣れたもので。
…川原スワガードは、さすが年季の入った素晴らしく素敵なスワガード様。
「愛しさがつのるのさー♪(きゃあ)」に、こっちまで本当に愛しさがつのるのさーー(≧∇≦) らぶ。

アンサンブルは見分けがつきません(笑)
昔はちゃんと全員役名出てた気がするんだけど、今回ないのね。

風船屋(錠前屋)が日本人じゃないっていうのは発音でわかった、が、花田ジリアン同様日本名に変わってる為、誰なのかわからない(-_-;)
正直、こういうのはできるだけやめて欲しいんですよね。
名前観れば最初からなんとなくわかって予想つくものの、わからないと第一声でがっくりするから。

ああ、岸本さんだけは子供だってわかった。
あの背はBBでチップやってた岸本さん以外有得ないんだもん(笑)
可愛かったです。

あと、酒屋のおかみさんが石栗さんかなぁ。
同行友人が気になってたからなんとなく消去法。

個人的にはスワガード親衛隊のはじけっぷりは観てて楽しいけど、やっぱり上田くん(泣)くらいスワガード様を愛して欲しいわ。
愛足りてないもんっ(>_<)

さて、次は人物中心に楽しんできます。

□ CAST □

ステファヌス:松下 武史
ライオネル:山崎 義也
ジリアン:花田 えりか
タドベリ:渋谷 智也
トリバー:佐藤 夏木
スワガード:川原 洋一郎

■男性アンサンブル■
廣野 圭亮、高橋 卓爾、上出 匡高、本城 裕二
武智 正光、上川 一哉、成田 蔵人

■女性アンサンブル■
上條 奈々、三井 捺々、手島 梓、岸本 美香、松本 梨沙
小佐野 知香、松岡 夏未、石栗 絵理、倉斗 絢子、片瀬 さくら

« 目を閉じても、迷わないで。 | トップページ | 一番愛しいのはお前だ(笑) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70563/8169425

この記事へのトラックバック一覧です: 劇団四季『人間になりたがった猫』 In 愛知県豊橋勤労福祉会館:

« 目を閉じても、迷わないで。 | トップページ | 一番愛しいのはお前だ(笑) »

おつきさま。



-天気予報コム-

最近のトラックバック

無料ブログはココログ