2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

観劇予定


  • ★あくまでも予定で、増えたり減ったりする可能性大です★

    未定
募金サイト イーココロ!
[PR]ブログパーツ「FLO:Q」

いろいろ


« 風邪治りません。 | トップページ | 気分ひとつでこの世は、いつもバラ色さー♪ »

2006年1月22日 (日)

でも僕はあきらめない!

キャラメルの「クロノス」を見ました。
…菅野さん、うまい。

観たレポをまだアップしてないからあれなんだけど(^^;;
舞台観たとき、実は最後の10分前ぐらいまで「面白いけど今回はこんなものかー」と思いながら観てて。
唐突に、坂口さんの台詞でイッキに落とされたんだなー。。。

今回は原作も読んでるし、ひとつひとつの台詞とか動作とか、もう完全に移入しちゃって。
あちこちで泣いてた。あはは(T_T)

坂口さんの台詞もだけど、菅野さんの表情とか動作とかね、うまいです。
個人的には原作の最後に名前で呼び合うのが好きだったんだけどなぁ…。(原作はそこで泣いた(笑))

原作の2作目と3作目を読んでるから、奇跡を信じたい。
奇跡じゃなくても、2人が幸せであったと信じたい。
観ながら何故かそう願い祈らずにはいられませんでした。

あー、早くハーフタイムシアター観たいー!
タンポポ娘ーー!! じゃないや「ミス・ダンデライオン」!
相性悪くても、絶対大阪行くもんねっ。
絶対久し振りに行ってやるから、待ってやがれ! 旧大阪MBS劇場!!(現シアターBRAVA!)

そのまま録ってくれてたんで、「ブリミュ再炎インタビュー」。
映像は当たり前だが、多分夏のDVDのもの(^^;;
伊阪、佐藤、森山、土屋(敬称略)のインタビューでした。

正直あんまり伊阪くんって好きじゃなかったんだけど、顔つき変わった? いい顔になったね。
最初の頃は雑誌とかで読んでても、本気で「大丈夫かこの人」って思ってたんだけど(^^;;(大きなお世話だ)

…しかし、夏のと全然違うものって、言われてもなぁ(-_-;)
そこまではっきり言われると、夏はなんだったの? と思うよ、後半のお二人さん…。

ブリミュの後には「ベガーズ・オペラのインタビュー」エトセトラ。
やっぱり面白そうだなぁ(T_T) キャストもいいしさ。

前半に紹介してたミュージカル(笑)とは雲泥の差で、なんだか笑えてしまった。
番組終わった後に、2度続けてチケットのCM入ってたし、本当に客入り悪かったんだなぁと(^^;;
まあ、風邪ひいていけなかったバカがここにいますがね(笑)

その後、A女史から一式もらったものをやっとちゃんと開きました。
……をを! アルジャーノンのチラシがっ。
(別にして取っておいた(笑) 名古屋行きたいけどなぁ…くそう)

パンフ、相変わらずこの薄さで高い事でね(^^;;
生写真も見たけど、110くん、顔つき変わりましたねぇ。
撮られる事に慣れたというか、なんっていうか、うまく言えないけど。
(後で多分散々に言うので先にここで褒めとく。いや、でも本当にそう思った)

…林氏は、そんなにその方向から撮られるのが好きなのか! と一人でバカ受け。
いやいや、どっちから撮られた方がよく写るのかわかってるのは大事な事なんですけれども(笑)

「クロノス」観たら、妙にすっきりしたので。(そして存分にここで毒を吐くのか(^^;;)
ちょうどいいんで、更に吐き出してすっきりしておきますm(_ _)m

…………………確実に長文。
読むと疲れると思う。。
ココログ無料版に「続きを読む」機能があったら良かったんだが。

◆落ち込んでた理由。

つい先日まで落ち込んでいた、超個人的な理由です。
そろそろ大丈夫かなぁと思うのと、よく考えたら最近の組織の状態だと、訊けばもう教えてくれそうな気がするんで。
知りたい人はすでにそうやって訊いてるだろうし。
(うだうだ書いて、何のことかわからん人にはさっぱりわからないですな。ごめんなさい)
自分の中のけじめのひとつとして書いておきたいので、読みたくない人は読まなくていいです(^^;;

1月中旬に私がずっーと四季で応援していた女優さんが、昨年退団されたとご連絡下さいました。

初めて直筆でお手紙をいただいたという嬉しさと同時に、そういうものが届くという事実の裏に隠された「理由」に怯えつつ、読み進んだ先にあったそのさみしくて辛くて悲しい報告に、一瞬崩れ落ちそうなほど呆然となりました。

自ら報告してくださった事への感謝と。
どちらかと言うと自分自身の為に一方的に押し付けるように彼女を応援し続けた私に対して、感謝なんかをして下さる気持ちのありがたさ。
もう二度と舞台で観れないであろう、私の大好きだった舞台上の彼女の姿への喪失感。

何もかもがごちゃ混ぜになって、思いだす度に苦しくて切なくてバカみたいに泣いてました。

今までも色々な役者さんたちが辞められていきました。
四季に限らず、小さな劇団でもです。
それなり好きだった人たちが辞められたと聞けば、やっぱりさみしくて悔しかったです。

本当に自分が大好きだった人が、いざ劇団から去るとなると、こんなにも辛いものだなんて今まで知らなかったから。
正直びっくりしつつ、私のまわりの何人もの友達や知り合いが、今までこんな辛い気持ちを味わってたのかーと思いながら。

でも、途中でふと考える。
あんなに努力して頑張って頑張って頑張り続けていた人が、こうやって劇団から去り。
それなりの事務所の庇護下で、運や人との繋がりだけでそれなりに評価される仕事を手に入れられる立場にいる人もいる。

全く違う位置の人同士なのはわかってはいたけど、なんでこんなに世の中って不公平なんだろうなぁと、つい思って。
他ファンとの温度差も含めて、去年から色々と110氏に感じていた事がここにきて急に嫌気に変わってたんです。
彼のせいではないのにねぇ…。おかしいったらないよ、自分。

退団したとお知らせがきて、最後に出られてた時期を特定した時、ある意味本気で「110に費やした分を全部こっちに回してれば!」と後悔しました。
忘れないように、彼女の演じる姿すべてをしっかり見届けたのにって。

とはいえ、後悔しても今更遅いし。
その時期にそんな事になるなんて予想だにしていなかったから仕方無いんですけどね。
110を好きなのも事実なわけだし(^^;;

自分の精神安定と元気維持の為に、確かに偏って役者さんに入れ込む私も私かもしれません。
それを支えにして生きてる自分もどうかと思う。
でも、それでもその姿を見て「あー、私も頑張ろう♪」って思えてた。

辛くて仕方無い時は、散々観たおしてる某マキャを観たいといつも思います。
体も精神もぼろぼろになりかけてた頃、彼の笑顔が本当に大好きで大好きで通いました。
私にとってはそれも、本当に特別なで大切な事のひとつです。

たとえ人から「誰々さんと誰々さんは歌がうまいとか演技力とかで好きっていうのはわかるけど、正直某さんが好きなのはよくわかんない」と言われても、応援し続ける理由が基本的に”依存させてもらえて、頑張っていける力をくれた”っていう部分なのです。

だけど、1度のほほーんと観に行った大阪公演で、自分と同じだけの年月を過ごしてきたはずの目の前の人と比べて、自分が全く成長も努力もしていない事に気づいた時、本気で悔しくてこんな自分が観ちゃいけないんだって思った事があります。
あれを覚えてるから、とにかく今は踏ん張ってキャッツを観に行くのを我慢しています。

今年に入ってから、半年でもなんでも、とにかく自分で決めたラインを突破することができたら、その時は観に行こうと思ってました。
とにかく年齢的にも意識的にも金銭的にも、見直して足場を固める時期なんだから、我慢できないわけがないのだからと。

そう思ってた矢先に、そのもうひとつの依存対象であった彼女から手紙が届いて、ひとつの支えがなくなったのは本当に辛いけど。
一番辛かったのは自分ではなくて頑張り続けた彼女だからこそ、自分が落ち込んでるわけにはいかないんですよね。

本当に大好きだったんです。
それほどたくさんは舞台上の彼女を観てはいないけど、本当に一目惚れで、四季で一番最初に大好きになった人でした。
いつか名古屋の劇場に出てくれるといいなぁ、そしたら頑張って通うのに、とずっと思ってました。

可愛くて、頑張ってて、本当に大好きでした。
笑顔も、キリリと引き締めた顔も、本当に素敵でした。

これからは、また違った形で彼女に逢える事があればなぁと思います。

◆再演とか110氏とか、今後の事。

ついでなんで、こっちも書いときます。もう勢い。後で多分後悔するかも。
でも、後から悔やむから後悔だ(笑) ←わけわからん。

再炎に関しては、観れないものは観れないものとして処理せざるを得なかったので、意識的に遠ざけてました。

以下、かなり毒吐きます。
熱烈ファンには相当切れられそうな事も平気で書きます。

ブログタイトル下でも言ってますが、このブログは薄っぺらい私の人間性を見抜いて楽しむものであって、毒気にあてられた場合でも私は一切責任は持ちませんから、そんな時は読まない方がきっと精神的にもいいと思うので、そういう人は読まない方がいいです。

正直、再炎も「カッコイイ。素敵。」っていうそれ以外に表現される感想があんまりなさそうだよなぁとか思ってたので、他ファンの方の文章を読もうという気にもなりませんでした。(一方的に)
自分がナナメに観て毒を吐いたりする分、甘ったるーい感想は寒さを感じるだけなので(^^;;

いやね。
四季とかでもまあ「目がひたすらハートマークになって観てるファン」とか多いからあれなんだけどさ。
(いや、「今日の誰々さん調子悪くない?」って聞いても「えー、いつもと変わらないよ」とか言われて、この人本当に観てるんだろうかっていうそういうタイプの人がね、世の中やっぱり多いんですよ)

というのもですね。
初演のキスケのどこがカッコイイのかさっぱりわかんなかったわけですよ、私。
初演DVD観ても思ったけど。
別にこれって110じゃなくても良かったんじゃない? って。

脚本とか演出も相当ひどかったし、全体的にキャストもどうかねぇっていうのが正直な感想で。
本当にアンサンブルさんいなかったら観れなかったなぁと今でも思うんですが。

ウラハラ商店の歌にしたって、元々私それほど彼の歌声って好きじゃない上に「素の110+なんちゃってキスケ風味+ロックってついてるんだからとりあえず無意味に語尾でシャウトしとけ」的な歌い方のどこがいいのかもう本気でわからなくて。

好きじゃないって歌声も、聴いたのは東A着うたのセンちゃんソングだから、短いし音も良くないからあんなもので判断するのもどうかなとは思うんだけど。

…あの着うたね。
最初聴いたとき本気で「なんだこの気持ち悪い歌い方は」って思ったんですよ。

 これは誰かのモノマネ?
 なんでそこで苦しげに歌い上げるの??
 どうしてそんな位置でブレス???

それまで散々うまいだのいい声だのと「めろんめろん」な感想しか目にした事なかった自分にとって、この時点でえーっと私実はファンじゃないんじゃないかって気分でいっぱいになりまして、今に至ってるわけですが。

ブリ公式サイトのインタビューで、最初のボイトレの先生の教え方が「鼻にかけて歌う」ように教えられみたいにあるので、それが多分私にとって嫌いな歌い方の理由かなとは最近思ってるんですが。
元からそういう声質の人なら別にそこまで違和感は感じない筈なんだけどなぁ、と。
だから「苦手な歌い方」の部類に、無意識に入れちゃってたんだと思う。

普通にミュージカル観てても、やっぱり大きく音をたててブレスする人はどうも苦手です。
東宝とか観るようになって、さすがにある程度慣れたけど。
私は基本的に四季節で慣れてしまってて、慣れてるのと多少違ったブレスとか歌い方とかを聴くと、違和感をすごく感じるんです。

普通のお芝居でもそう。
四季節に慣れてると、台詞の聴き取りずらさとか何言ってるのかわからなくなってイライラするから、観始めたら多少合わせて集中しないといけないんです。
軽いチューニングみたいなカンジ。
実際、キャラメルボックスですら最初の方は多少チューニングを必要とします(^^;;

まあ、だからって四季でも新人ちゃんたちのバリバリの開口台詞や、お腹びくびくさせながらブレスするのを観るのも、もちろん苦手ですが(苦)
日本語を大切にするって言ってる割に、日本語話せてない人たちをがんがんメインに入れられるのも正直頭痛いし(苦笑)

私自身にそういう部分があるので、初演はかなり厳しい評価をせざるを得ませんでした。
「コスプレ歌謡ショー」と評したのもそこからきてます。

正直「どこが”ロックミュージカル”なのか」と思いながら観てたので。
ロックもミュージカルも、この辺がっていうのはなんとなくはわかるけど、そこまで言うだけのものとは思わなかったんだよな。

再演したって、そうそうねぇ…っていうのが正直な気持ちだったんで、実はあんまり観る気なかったんだよね、当初から(苦笑)
でも、評判はいいみたいですねー。

ブリ初演は観てないけどテニミュには相当ハマってる、名古屋猫時代に一緒になって劇場に通ってたある人が、再炎は観たと人づてで聞きまして。
厳しい事言う時は厳しい事を言う人なので、どういう反応するのか知りたくて、久しぶりに連絡取って聞いてみたけど「存外楽しかった」と言ってました。
初演は、その子のまわりの友達にも散々な評価だったみたいで、再炎もあまりいい風には聞いてなかったみたいだけど(笑)

観てないからわからないけどさ、初演からその程度のものに仕上げとけよ、って話。
刀にしても、何にしても、スタートが間違ってるよ、ブリ(-_-メ)

どういう風に変わったのかDVD観ないと自分としての比較のしようがないので、そのあたりは観てから書きますが。
それまではあまり先入観を持ちたくないので、相変わらず細かい部分について読まない為にある程度遮断してます(^^;;
半分意地(笑)

今年は、最低でも半年間は東京まで行かないと決めてるので、他の舞台の事とかもあまり目に入れたくないし。
っていうのも、見ると行きたくなるんですよ。
張り合って「自分も行かなくちゃ」とか思うようになってくるともう泥沼…。
それで今までどれだけ失敗してきたか。
(…名古屋猫時代はひどかった。たまに「目を覚ませ!あの頃の自分!!」と思う事が(苦笑))

で、110氏個人の活動については、今でも正直、多分ちょっと距離おくようになってます。
「息子を見守る母親」でいられるほどの色んな面での余裕が、今の私には正直ないらしい(^^;;
”過程”を楽しんでいられるほどの自分自身の余裕がどうも、なさげ。。。
(某マキャはその過程も楽しんでたんですがねー…。今回はちょっと無理だー)

ので、しばらくは”自分ができる範囲内”でのみ応援しようかなーと思います。
春の舞台は、実は岡田くん(シンストー♪)とか吉田くん(結構役者として気になる)とかも観たかったから行きたかったけどね。

…あの時期に東京なんかいたら、3日は滞在しないと観たいもの全部観れないのよ!(自爆)
そんな事になったら、もう、金銭的にやってられません(笑)

所詮そんな薄っぺらい理由が基本です。
あはははは(T_T)

以上、長文でした。
最後まで読んでくださった方、ありがとう(^-^)
日付もちょうど変わったので、思い切ってアップしてみました。。。

« 風邪治りません。 | トップページ | 気分ひとつでこの世は、いつもバラ色さー♪ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70563/8271932

この記事へのトラックバック一覧です: でも僕はあきらめない!:

« 風邪治りません。 | トップページ | 気分ひとつでこの世は、いつもバラ色さー♪ »

おつきさま。



-天気予報コム-

最近のトラックバック

無料ブログはココログ