2015年1月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

観劇予定


  • ★あくまでも予定で、増えたり減ったりする可能性大です★

    未定
募金サイト イーココロ!
[PR]ブログパーツ「FLO:Q」

いろいろ


« これで一安心♪ | トップページ | あまてらすおおみかみ。 »

2006年4月21日 (金)

劇団四季『マンマ・ミーア!』 In 大阪四季劇場

開演前にイベント「みんなで踊ろう”君はダンシングクイーン”」に参加してきました。
ちなみにBブロックで参加。

司会は川口さん。
迷司会っぷりと、各種外しっぷりが楽しくてたまりませんでしたねぇ(笑)

あと大塚さん、玉城さん、太田さん、那俄性さん、八田さん、岡さん、関根さん…は覚えてるんですが、あとはちょっと覚え切れませんでした。
どうしてもどこかで拝見してたりして名前を認識してる人中心にしか覚えていられません。
ごめんなさい~~。
確か男性と女性が5人ずついらしたような気がしました。(+川口さん)

最初に舞台上で、役者さん全員がイベント用に振付たのを音に合わせて踊ってくれました。
…いや、そりゃ、本職さん踊ったらかっこよく見えますから(^^;; ←内心無理ー!!と思う私。

川口さんと八田さんと大塚さん(だったかな(^^;;)の3人だけ舞台上に残り、後の方は客席に散らばって、ひとつづつの振りに分けて歌いながら教えてもらって、全部教えてもらった後に通しで踊りました。
今回は覚えが早いって事でしたが、本当でしょうかねぇ。

まあ、右手で前を指して次に左手で前を指してとか、ミュージック♪でパンパンパンと手を叩くとか(実際の舞台では各々好きな楽器を持って弾いている真似をするんだそうな)、さあ~♪で両手を下から上にあげいくのとか、両手を上にあげて肘をのばしたまま左右に揺らすのとか(川口さんの説明の仕方が時計の針10と2の角度、10時10分(笑))、キーボード弾く真似する部分はまあいいんだが。

飛び上がるとか、右手上にあげて腰を右左右に振るのと、誰か前にいる人をダンスに誘うように(川口さんがの説明がヨン様とかチェジウとか言うとりましたが(笑))右手を上にあげて、前に突き出してそのまま自分に寄せるのはちと恥ずかしかったです。

…………やったけどね(笑)

客席に役者さんも舞台上に戻って、音と照明入れて踊りましょう~って事で始まったら。

…青山さんと松浦さんが出てきたよ(笑) びびったよ(自爆)

流れてたダンシングクイーンの歌声は青山さんでしたか、そうですか。
ラストは青山さんが松浦さんの背に乗って、松浦さんが青山さんをおんぶ。
そしてそのおんぶのままで、紹介されて去っていかれました。(大笑)
面白かった。。。

最後に今日のカーテンコールで使ってくださいって事で、サイリウムが配られました。
川口さんの使い方の説明で、つい折ってしまって発光させてしまう人が出る(笑)

なんか、昔、名古屋猫のクリスマスのカーテンコールで猫たちがサイリウム配ってて。
私の列はF井マンカスが配ってて、しかも動作だけで折って振るっていうのを目の前でやられたの思いだした。
そしてそのサイリウムを終演後に福Iファンの友人に奪われたのも思い出した。
…懐かしいな。

さて、一時劇場から退場し、再び入場してマンマ観劇です。

今回は大田さんがいなかったので(T_T) 結構あちこち観れるなぁと思ってました。
お初の早水ドナが楽しみでね♪

今まで保坂ドナでしか観てなかったから、そのイメージがやっぱり強くて、最初の方は確かに違和感あったんだけど。
オーバーオールはねぇ…体型がどうしても強調されちゃうし。
早水さんの場合、ロックっていうよりクラシックとかジャズのような気がしちゃうからなぁ。
でもスーパートゥルーパーあたりから全然気にならなくなってました。

2幕はすごく楽しみでした。
母親役を結構観てるから、母性的な面では多分いいんだろうなぁと思ってて。

前回、味さんで泣けなかった「Our last summer」。
C席だからかなぁと思ってたけど、今回もC席だったけど、明戸さんだとやっぱり泣けた…。

なんかさ、優しくて好きなんだよねー。ほわっとする空気。
もちろん、八巻ハリーも優しくて好きだったけど。
懐かしくて切なくて優しくて、やっぱりこのナンバー好きだなぁ。

早水ドナはクロワッサン食べないんだーとか色々思ったり。←チェックすな。

そして、待ち遠しかった「Slipping through my fingers」。
……なんかこの前の「Our~」で泣いてたので更に妙に泣けてきてボロ泣きしてしまいました(T_T)
なんだろな。
それほど動きも保坂ドナと変わらないはずなんだけど…。

優しく髪をすく手とか、鏡ごしにソフィを見つめる目とかすごく良かった。
保坂ドナは確かにかっこいいママだけど、早水ドナはどっちかっていうとキュートなママな感じ。

…なんか、演じる人によってこんなにも違うんだってすごく実感できました。

久し振りに観た吉沢ソフィも可愛かったです♪
なんか今回が一番「ママが何百人の男と寝たって」って言うタイミングに違和感を感じなかったなぁ。

「I do~」の時の早水ドナもなんだか可愛かった。
保坂さんがちょっと強情張った感じなら、早水ドナは驚きすぎて何がなんだかわからなくなってる感じ。

渡辺サム、嫌いじゃないんだけど。
観れば観るほど台詞まわしの遅さに違和感ばかり感じる(T_T)

そして、A嬢は「慣れてない頃のりょーたが好きだった…」とまた言っていた。
でも今の状態で子爵やったら絶対いいよね? と言ったら「うん」とは言ってたが。
…私は今の鈴木スカイ好きなんだけどなぁ(笑)

上から見るとやっぱり照明とかキレイですよね♪
前回は大田さんしか観てないから気付きませんでした(自爆)

 □ CAST □

ドナ・シェリダン:早水 小夜子
ソフィ・シェリダン:吉沢 梨絵
ターニャ:森 以鶴美
ロージー:青山 弥生
サム・カーマイケル:渡辺 正
ハリー・ブライト:明戸 信吾
ビル・オースティン:松浦 勇治
スカイ:鈴木 涼太
アリ:八田 亜哉香
リサ:五十嵐 可絵
エディ:川口 雄二
ペッパー:大塚 道人

■男性アンサンブル
玉城 任、太田 浩人、田辺 容 、上田 亮
那俄性 哲、山田 真吾、渡井 真一

■女性アンサンブル
岡 聡里、村上 絵里子、小島 由夏、黒崎 綾
小林 英恵、佐伯 静香、関根 麻帆

« これで一安心♪ | トップページ | あまてらすおおみかみ。 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70563/9711236

この記事へのトラックバック一覧です: 劇団四季『マンマ・ミーア!』 In 大阪四季劇場:

« これで一安心♪ | トップページ | あまてらすおおみかみ。 »

おつきさま。



-天気予報コム-

最近のトラックバック

無料ブログはココログ