2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

観劇予定


  • ★あくまでも予定で、増えたり減ったりする可能性大です★

    未定
募金サイト イーココロ!
[PR]ブログパーツ「FLO:Q」

いろいろ


« 人ごみの中にまぎれていると、 | トップページ | でーんでんむしむし。 »

2006年9月27日 (水)

『プライベート・ライヴズ PRIVATE LIVES』 In アートピアホール

東京と大阪では円形劇場なのに対し、名古屋公演は通常の劇場。
舞台の上に席を作るってことだったのでどういう事なんだろうと思ってたら、本当に舞台上に席が作ってありました。
というわけで、舞台席での観劇(^-^)

普段見れないところが見れるって、すごいな、円形。
360度の気が抜けない演技かぁ。

西川さん出てくる度におかしくてたまりませんでした。
だって、いるだけでおかしいんだもん、西川さん(笑)

細かくなんかやってるんだよね。
動きだったり、表情だったり。
だから、ついつい西川さんを見てしまう(^^;;

そんな人たちばかりだからか、西川さん演技に笑う人がたくさんいました。

久世アマンダ。
なんかすっごく好きだった。
嫌味じゃなくうまいの!

キレイだったなぁ。
通路横だったんで、横通るたんびにいい香りがしました♪
最初のタオル巻いた姿で出てきた時なんか、本当にお風呂上りみたいな香りだった。

葛山エリオット。
無茶苦茶うまいわけじゃないけど、役に入り込んでてうまかったです。
台詞、もう少し聞き取りやすくなるともっともっと良くなると思う。
っていうか、相変わらずカッコいいな…一条刑事(違)

ともさとシビル。
ちょっと弱いかなぁと思いましたが(まあ、対極にいるのが西川さんじゃな(笑))、なかなかキャラ的には合ってましたね。
個人的には、もうちょっとはじけ気味でもいい気がするけど。

メイドもなかなか個性的で良かったです。

普通だと中途半端に終わられるとなんかなぁと思うこともあるんですが、これに関してはあの終わり方でいいなと思います。
楽しかったー!

         □ CAST □

エリオット・チェイス:葛山 信吾
アマンダ・プリン:久世 星佳
ビクター・プリン:西川 浩幸(演劇集団キャラメルボックス)
シビル・チェイス:ともさと 衣

ルイーズ(メイド):詩梨

作:ノエル・カワード、台本:飯島早苗
演出:山田和也

« 人ごみの中にまぎれていると、 | トップページ | でーんでんむしむし。 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70563/12065619

この記事へのトラックバック一覧です: 『プライベート・ライヴズ PRIVATE LIVES』 In アートピアホール:

« 人ごみの中にまぎれていると、 | トップページ | でーんでんむしむし。 »

おつきさま。



-天気予報コム-

最近のトラックバック

無料ブログはココログ