2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

観劇予定


  • ★あくまでも予定で、増えたり減ったりする可能性大です★

    未定
募金サイト イーココロ!
[PR]ブログパーツ「FLO:Q」

いろいろ


« 熱をあげるのも楽じゃない。 | トップページ | すべてにおいて停滞中。 »

2006年11月 4日 (土)

『奇跡の人』マチネ In 愛知県勤労会館(つるまいプラザ)

長いなぁと思ってたら、3部構成でした。
せめて、場内に上演時間と休憩時間のタイムテーブルを張っててくれるとありがたかったなぁ。

大竹しのぶ氏のサリヴァンが観たかったんですが、今回から田畑さんなんですよね。
(そして鈴木杏ヘレンも観たかったのだが…)
でも、一度観たかったので(^-^)

途中、何度か「大竹さんだったらどうだったんだろう」と思うこともありましたが。
(だからって別に気に入らないとかじゃなくて、純粋にあの役者さんだとどういう演技だったんだろうという興味)
全体的にやはり「この感じ、なんかいいなぁ」と思いながら観てました。
観終わった後は「ああ、観たなぁ」という心地いいすっきりした感じ。

肩に力が入らず、頭をフル回転させることなく、ただ観る事だけに集中できるのは多分久しぶりだったからでしょうか(^^;;
みんな演技も安定してるから、普通に観てられたし。

笑える部分も多く取り入れてあって、楽しめる部分も多かったです。
ただ、笑いが起こる部分でも私には笑えない部分というのがあって、それが暴れる石原ヘレンを必死に押さえ込もうとする田畑サリヴァンの姿です。
確かに観ている側には滑稽な姿かもしれません。
でも、実際やっている「事」の意味を考えたら笑えないんだよね、私。

ライオンキングでも、ムファサの死を悼むメスライオンたちの涙のシーンで笑いが起こるんですが…私、あそこじゃどうしても笑えないし。。。

にしても、石原さんも田畑さんも…大変だろうなぁ。
体力勝負(-_-;)

あんまりキャスト気にして観てなかったんだけど、ジェームス役が「小橋?」とか思いながら観てて。
でも、眉のあたりが違うんだよなぁとかずっと思ってて。
プログラム買わない&ちら見もできなかったんで、確認できなくて。
家帰ってきて、山崎さんだとやっと知りました。ごめんなさい…。

鷲尾さん観れたのがなんかうれしかったのは何故だろう…。

普通に、というとなんかアレなんですが。
普通にとても良い舞台でした。
作りも仕上がりもとても丁寧な感じが良かったです。

    □ CAST □
 
ヘレン・ケラー:石原 さとみ
アニー・サリヴァン:田畑 智子

ケート・ケラー:小島 聖
ジェームス・ケラー:山崎 裕太
ヴァイニー:歌川 椎子
医師/アナグノス:大鷹 明良
エヴ伯母:鷲尾 真知子
アーサー・ケラー:梨本 謙次郎

田鍋 謙一郎、武藤 晃子、犬飼 淳治、押田 佐代子、
佐藤 麻衣子、鈴木 美紗、鈴木 貴子、南川 ある、
中津川 南美

作:ウィリアム・ギブソン/翻訳:常田景子

« 熱をあげるのも楽じゃない。 | トップページ | すべてにおいて停滞中。 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70563/12656206

この記事へのトラックバック一覧です: 『奇跡の人』マチネ In 愛知県勤労会館(つるまいプラザ):

« 熱をあげるのも楽じゃない。 | トップページ | すべてにおいて停滞中。 »

おつきさま。



-天気予報コム-

最近のトラックバック

無料ブログはココログ