2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

観劇予定


  • ★あくまでも予定で、増えたり減ったりする可能性大です★

    未定
募金サイト イーココロ!
[PR]ブログパーツ「FLO:Q」

いろいろ


« ハケンの品格。 | トップページ | 虹は行く、にこやかに。 »

2007年1月25日 (木)

劇団四季『エビータ』 In 新名古屋ミュージカル劇場

約10年ぶりに観ました。
ずっと観たかったんだよねー。
前観た時は、鈴木京子さんエバ、今井清隆さんペロン、山口正義さんマガルディでした。
チェはもちろん芝さん(^-^)

芝さんのチェもずっと観たかったのですが、今回佐野さんがペロンだって事でびっくりしてちょっと楽しみでした。

井上エバ。
ハマってたなぁ……。
彼女のこういう役もいいなと思いました。

佐野ペロン。
どっちかっていうと「愛」よりも野心というか、打算的な面が観られてちょっとうれしかったり。
先に見た佐野ファン友達の言う通りでしたー。

もう「かっこいいぃぃ」としか出ない。
横で友達が「顔はサルだけど」と必ず言うが、無視である(笑)

そして私は何故か佐野さんの「ちょっと情けない演技」が実はかなり好き。

たとえば、ラウルの時、クリスがファントムにキスした瞬間の演技。
何事かつぶやき呆然とし、顔を背ける、あの演技が好き。

そして、ビースト。
ラスト、最後の最後で王子の格好で、恥ずかしさからか顔をうつむくようにすると、ベルが優しくそっと頬に手を添えて王子の顔を持ち上げるんだが、それが好き♪
いつもラストでそれ観ると「うはー、やっぱええのう、BB♪」と毎度の事のように思う。
いや、ビーストにはこれは基本動作なのだが(笑)

そんな私に、エバにどうしたらいいのかと困ったようにしている場面では、もうたまらんかった……。
エリートのゲームの、足をそっとそろえるのとか、ちょこんと座るのとかやっぱりいいよねーーー!!

芝ゲバラ。
やっぱさ、芝さんいいんだよ。
好きなんだよ。
たまらんのだよ。

でも、いい感じに毒気が抜……(殴)

久しぶりに観るので精一杯だったので、後はまた今度じっくり。

Evita070125 さて、この日は会員限定イベント「アルゼンチン・フェスタ~なりきりアルゼンティーナ~」があったので参加してきました。

終演後、一旦ロビーに出て、マテ茶を飲んで待ちます。
マテ茶、確かに苦いけどそれほど飲みにくくなくていい感じ。

決められた席に着席したら、下手側の端っこでした。
端って言っても、ギリギリまで端ではなく、舞台が見切れない程度の席です(^-^)

司会進行は、上手側に村澤さん、下手側に百々さん。
お二人とも燕尾服(貴族)で登場。

まずは、アルゼンチンの説明とアルゼンチンタンゴを見せてもらえました。
えーと、誰が踊ってたんだっけ…これ書くまでに時間かかりすぎて忘れた…。
真中が谷本さんで、大石さんもいたなぁ。
あと確か、高橋さんもだったような。

司会進行二人により解説や、ちょっとした2人でのコント(笑) ダンサーへの質問などで楽しかったです♪
タンゴは元々男性ペアで踊ってたとか、そこに娼婦が加わって今の男女ペアで踊る形になったとか。
額をくっつけるように踊るのがアルゼンチンタンゴの特徴とか。(これは確か谷本さん解説)
大石さんのセクシーさ爆発とか。

その後、進行手伝いとして、芝さんと渋谷さん登場。

芝「ゲバラ焼肉のたれです」
渋「ピッツアマルガリータです」

大ウケする場内に、ガッツポーズするお二人が面白かった……。

アルゼンチンの詳しい話になり、大酒飲みを自認する渋谷さんからワインのお話が。
アルゼンチンの高度のおかげで、ブドウに虫がつかないらしく、アルゼンチンワインは無農薬で栽培されてるそうです。
赤ワインがほとんどらしい。

しかもアルゼンチンの人は肉肉肉肉の生活だそうな。

芝さんはゲバラのエピソードを披露。
サッカーが得意だったそうで、コロンビアに渡る前、飛行機が出るのが半月に一度だそうで、それを待ちつつ旅費稼ぎとしてサッカーを教えて、それでそのチームを準優勝に導いたそうな。

昨日仕入れたネタだそうで、「通りでリハでも聞いたことなかったはずです」と百々さんが言ってました(笑)

さて、メインイベントは劇中の「カサ・ローダのバルコニー」のシーンを客席の私達と再現です。
歌唱指導として阿川さん登場。
手に持ってきたピアノみたいなのを、初めて使ったとかで使いなれてないところがちょっと面白かったり…。

最初は「ペロン」を何十回も言う場面。
そこで他の出演者を…って事で、音楽が流れてアンサンブルさんたち登場。
エビータの曲ではないものの、どこかで聞いた事あるなぁと思ってたら「燃えよドラゴンズ」(笑)
村澤さんが「優勝おめでとう」とか言ってましたが、終始村澤さんのテンションがおかしくてちょっと面白かった。

曲にあわせて旗を振りながら、それぞれの位置についたアンサンブルさんたち。

うを! 磯津さん!! うを! 谷本さん!!

振ってた旗をあげるって話になり「欲しい~」と言ったら、「じゃ、あげます」と谷本さんがくれました(笑)
「アルゼンチンの国旗ですよ」とも言われた。
わーい。←子供

で、ペロンコールを役者さんたちと一緒に練習。
ペロンの代役は阿川さん。
途中で変化があるので、結構難しい。

その次は、受付時に渡された白いハンカチを振って歓声をあげたり、エビータと叫んだり。
まずは役者さんたちの見本。
…後方で、やたらと盛り上がりながら歓声をあげ、他の人と抱きつく軍人さんがいて最高に面白かった。
知人いわく、香川さんらしいが…(笑)

で、一緒にやる。
…楽しい。。。

ラストは一瞬言葉につまるエバの肩にペロンが手をおいた瞬間に一緒に歌う「共にいてアルゼンチーナ」。
エバの代理として、遠山さんが出てきて歌ってくれて役者さんも一緒になって練習。
阿川さんも変わらずペロン代理。

この歌意外に難しいんだよなぁ…。

本番同様に行う為、客席にいたアンサンブルさんたちも舞台へ。
客席の人も役者一人につき一人上がりたい人を連れていきました。
…ちょっとうらやましかったが、客席からでも全然楽しかった。。。

一旦幕を下ろし、芝さんが一言。
演出家が通し稽古を行う前、無音の状態にならないと始めさせないって事で、同じように私たちにも無音の状態を作って下さいと。
そしたら「はい」と言った瞬間に、間違って音響さんが音入れちゃって、止めてました(^^;;

再度詳しく説明し、音をすべて消した後に芝さんの開始の合図通り、幕があがり舞台再現開始。

井上エバ&佐野ペロン登場!!

本番同様の演技を観られて、参加できて、すっごく楽しかった!
下手側にいたから、佐野さんの演技も観れて最高。
エバコールとかでもなんかこう、ぐっときた…。

井上エバと佐野ペロンに今回のイベントの感想を聞いた後、最後に芝さんによるゲバラの自分の子供に宛てた手紙の朗読。

久しぶりのイベントだったんだけど、楽しかったなぁ。
393名参加だったそうで。
歌唱イベントとかあるけど、こういう普通にみんなで参加できるイベントも楽しい。

また行きたいなと思ったけど、そうそう仕事も休めないので今回っきり。
存分に楽しめましたv

       □ CAST □

エビータ:井上 智恵
チェ:芝 清道

ペロン:佐野 正幸
マガルディ:渋谷 智也
ミストレス:西田 ゆりあ

◆男性アンサンブル
谷本 充弘、百々 義則、阿川 建一郎、内海 雅智、
朝隈 濯朗、伊藤 潤一郎、香川 大輔、白倉 一成、
高橋 卓爾、芹沢 秀明、天野 陽一、上川 一哉、
藤山 大祐、村澤 智弘、永野 亮彦、黒木 豪

◆女性アンサンブル
磯津 ひろみ、佐和 由梨、大石 眞由、遠山 さやか、
西田 桃子、平田 曜子、丸山 れい、石栗 絵理、
松岡 夏未、山本 志織、間尾 茜、吉村 晶子、
奥山 あゆみ、是澤 麻伊子、成松 藍、花田 菜美子

« ハケンの品格。 | トップページ | 虹は行く、にこやかに。 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70563/13655790

この記事へのトラックバック一覧です: 劇団四季『エビータ』 In 新名古屋ミュージカル劇場:

« ハケンの品格。 | トップページ | 虹は行く、にこやかに。 »

おつきさま。



-天気予報コム-

最近のトラックバック

無料ブログはココログ