2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

観劇予定


  • ★あくまでも予定で、増えたり減ったりする可能性大です★

    未定
募金サイト イーココロ!
[PR]ブログパーツ「FLO:Q」

いろいろ


« 文句ございまして? | トップページ | 麦茶色の気持ち? »

2007年3月23日 (金)

劇団四季『クレイジー・フォー・ユー』 In 京都劇場

全国公演ぶりです。
友達の初見がツアー版だったので、通常版を観て欲しくてねー。

実は、名古屋で観たイメージが強くて、思わず、あれ? って思う事があります。
っていうのも、演じてる役者さんよりも舞台上の立ち位置とかの「役」で覚えてたりするんだよね。
だから、人が違う…当たり前か! っていう違和感が今回も残ったまま観てたんだけど…。

Slap That Bassあたりから急にイッキに自分の中で盛り上がって集中できた~。
元々Slap~大好きな曲なんだけど、サムの石路さんのベースがすんごく良かったんだよねー。

I Got~の時、ランクの店を壊しそうなほど激しく2階バルコニーで踊るピートが気になりました。
…休憩中にキャストを観て中山さんだとわかりました。(笑)

ラスト近くになって、ハリーの人観たことあるけど誰だったっけ? あー、村中さんか!!とか気付きました。
微妙にサムとミンゴはわかるんだけど、どっちが岩城さんでどっちが畠山さんなのかわからなかったりとか(自爆)
だから役名は出てきても役者さんの名前がわからなかったりする、変な人でございます…。
石野さん&関さんは、すぐわかるんだけどねぇ~。

それに比べて、女性アンサンブルがさーーーーっぱりわかりません。
覚える気もないので(^^; のほーんと観てましたが。
立ち位置とかで役名はわかるから、覚えようと思えば覚えれるんだけどね…。

有永テスは全国の時よりは全然良くなってた♪

でも、池末パッツィーは苦手で…。
今まで観た人たちが小柄な人ばっかりだったので、パッツィーは小柄な人のイメージ。
池末さんだとインパクトありすぎるし、もう少しバカっぽい方がいいなぁ。

渋谷ザングラーは、渋谷さんなんだけど(どういう意味)、ちゃんとザングラーさんだったよ。(更にどういう意味だ)
What Causes That? はやっぱり面白いねぇ。

それにしても、Slap~の後、アイリーンとポリーの鉢合わせの時、荒川ボビーっていつからなわとびするようになったんだろう。
前は拍手だったよねぇ。(笑)

森アイリーンは相変わらずキュートでした。
「学校ではモテたわ」の言い方と表情が好きなの♪

あとThe Real American Folk Songの時のアイリーン、やっぱり好きだなぁ。

観終わった後はやっぱり「すかっ!」とします。
だから大好きです、クレイジー・フォー・ユー♪

終演後は、バックステージツアーに参加しました。
中に入ると、舞台上には楽屋のシーンのセット。

ビリー役の石野さんと、スージー役の伊東さん、舞台監督さんの3人が出てきて下さり、まず舞台上の説明。
この場面で石野さんと伊東さんが何をやってるのかの説明もありました。

石野さんのビリーは、ここでわーっと騒いで途中で抜けて次のシーンの為に裏のセットの上で待機。

伊東さんのスージーは、座って手紙を読んでますと。
スージーの読んでる手紙ってフランス語なんだそうです。初めて知りました(笑)
私はずっと、恋人からのとかかと思ってた…いつもうれしそうにしてるイメージがあったから、勝手に(^^;;
だから「なんて書いてあるの?」って聞かれて「わかんない」とか話してるとの事でした。

その後、幕をあげたまま、楽屋のセットを出さずに、楽屋のシーンの間の後ろのセットの転換がどうなってるかを見せてもらえました。
…人力すごいな、やっぱり。

そして、参加者の中から抽選で、楽屋のシーンの舞台転換を体験できました。
CFYは大半人力で動かすのですが、楽屋のアレも結構早いスピードで出てくるらしく、参加者の人たちもびっくりしてました。
(石野組の上手男性楽屋の方は、石野さんの演技指導が入って各々色んな演技をつけたまま出てきてた)

その後、マイクを離さない石野さんから舞台監督さんがマイクを取り上げて(大笑) 2人は退出。
舞台上へ。

B班だったので、舞台上にすぐ上がれましたが、後半組は待ってる間に舞台監督さんに色んな説明受けててちょっとうらやましかったなぁ。
ランクが壊す「ホテル」の看板のとか、説明してもらえてったぽいです。。。

3班がぐるぐる交代で、真ん中、上手、下手とセットそれぞれ説明を受けてから実際に触れる物には触ったり、じっくり見たり、ドア通ったり。

つるはしが意外に重かったのがびっくりした…。

上手セットでは、舞台装置が入りきらないので、一幕でしか使わないものは上に吊ったり、バミテープでどこにどれを置くのか指定してあったりしました。

車のセットの時の説明で(これだけはリモコン操作♪)「女の子たちはどこから入ってくるんですか?」って説明に、「この狭いところに女の子たち小さくなって10人全員入ってます」と言ってました。その後「と、答えるように言われてます(笑)」って言ってて笑った。
上から見ると丸バレなんだけどね~~(大笑)

名古屋で一度バクステとか参加してたけど、また楽しかったです。

   □ CAST □

ボビー・チャイルド:荒川 務
ポリー・ベーカー:樋口 麻美

ランク・ホーキンス:牧野 公昭
アイリーン・ロス:森 以鶴美
ベラ・ザングラー:渋谷 智也
エベレット・ベーカー:松下 武史
ボビーの母:斉藤 昭子
テス:有永 美奈子

ユージン・フォーダー:三宅 克典
パトリシア・フォーダー:加藤 聖恵

ムース:石 路
サム:岩城 雄太
ミンゴ:畠山 典之
ビリー:石野 喜一
パーキンス/カスタス:熊谷 崇
ジュニア:川東 優希
ピート:中山 大豪
ジミー:和泉沢 旭
ワイアット:関 与志雄
ハリー:村中弘和

パッツィー:池末 絵己子
シーラ:村上 智
ミッツィー:柴田 桃子
スージー:伊東 恵
ルイーズ:恒川 愛
ベッツィー:市川 友貴
マギー:小川 飛鳥
ベラ:中島 美音
エレイン:須田 綾乃

« 文句ございまして? | トップページ | 麦茶色の気持ち? »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70563/14363544

この記事へのトラックバック一覧です: 劇団四季『クレイジー・フォー・ユー』 In 京都劇場:

« 文句ございまして? | トップページ | 麦茶色の気持ち? »

おつきさま。



-天気予報コム-

最近のトラックバック

無料ブログはココログ