2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

観劇予定


  • ★あくまでも予定で、増えたり減ったりする可能性大です★

    未定
募金サイト イーココロ!
[PR]ブログパーツ「FLO:Q」

いろいろ


« しんぞうとまるかとおもった。 | トップページ | どういう話なの? »

2007年6月13日 (水)

音楽座ミュージカル『アイ・ラブ・坊ちゃん』 In 名古屋市民会館 中ホール

会社早退して、バックステージツアーから参加してきましたー。

BST担当は、藤田さん、渡辺さん、野田さん、兼崎さん、清田さんと、SDリハ中のサポートは愛知出身の鬼頭さんでした。
まずは前回参加したリハ見同様SDリハーサルから。
今回は2階席からの鑑賞です。

舞台サイズの説明等の後に、まずはアイ・アム・ア・坊ちゃんのシーン、それからケンカのシーンのリハ。
…もうワンシーンぐらいあった気もするがけど、忘れてしまった(^^;;

「冷静に」っていうのが何度も聞こえてきました。
確かに怪我とかしたら大変だもんね。

一旦ロビーに出て、再度集合。
マジ組、青組、空組に分かれてバックステージツアー開始です。
私らは青組でした。
上手側からBST開始。

上手側では、まず早替体験でした。
男女ひとりづつ体験してました。
男性の方は渡辺さんのやってた博学の衣装でしたが、女性の方は忘れてしまった。

センターでは舞台装置の上を歩かせてもらいました。
猫役の野田さん、高所恐怖症だそうなのに頑張ってこの上で動いてるそうで…確かに揺れる(^^;

下手側では劇中で使う舟の説明とかの説明でした。
ここは、藤田さん担当。

ひとつの装置を差して「この装置が何かわかりますか?」と。
なんでか私が指差されて、なんとなく「「スモーク?」と言ったら正解でした(笑)
スモークというか、ドライアイスの装置。
一公演で190キログラム使うそうです。すごいなぁ。

ロビー戻って、もう一班の帰りを待つ間に渡辺さんからの質問。
ピンマイクの値段。
前聞いてたからなんとなく覚えてたんだけど、正解でした。
80万円なり。

藤田さんに率いられて、最後の班が機関。
そこで、なぜか渡辺さんのマドモアゼルモーツァルトの時のヅラ事件の話に。

公演中、ヅラが落ちちゃったらしくて(笑)
まだ舞台経験も少なかった渡辺さん、どうしたらいいかわからず、そのままヅラを拾って高くかかげて笑いながらハケていったらしいです。
その時の状況を実演してくれたんですが、さわやかでした、渡辺さん(笑)
目の前でそれをやられた藤田さんもびっくりしたとか。

ちなみにその後、藤田さんにリハで「ヅラかぶった後の首のキレが悪いって言ってたよ」と突っ込まれてました。
相変わらず楽しいなぁ…。

さて、本編。
今回はオケピットがないため、座席3列取り外してそこにオケを入れてました。
毎度の事ながら生オケはすごいなと思う。

リトルプリンスなんかも好きだったんだけど、今まで観た中で一番普通に楽しめる作品だなぁと思いました。
今までは割となんか「主題」的な部分がすごく抽象的だったり哲学的だったり、ちょっとひねってある作品だったから。
わかりやすい作品だったな。

でも、ラストだけは微妙……私あんまり「新世紀へ」とか「未来へ」とか、そういう振りに飽き飽きしてたりしまして。
マドモアゼルモーツァルトも、そのあたりで少し微妙な気分を実は味わっていたので(^^;;
好きな人は好きなんだろうなぁ。
私は押し付けがましくて苦手なもんで。。。

で、終演後「泣き過ぎ」と友達に突っ込まれ「清に弱いでしょ?」とバレバレでございました(笑)

大方さんの清、もう出てるだけで駄目だったんです。
いるだけで泣けるのーーー!!
もうああいう空気ごと役を感じさせる役者さん、本当に大好き。
もう、本当に素敵でした。惚れ惚れ。

今回は和服姿の秋本さんが観れると思ってうれしかったんですけど、可愛かったー♪
そしてやっぱり秋本さんの演技も好きなんだよね。

広田さんがなんかもったいない気がしたのは気のせいか?(笑)

松橋さんもうまくて素敵で好きだ。

ぷんばとむふぁさがいるのも素敵だ。(ヲイ)
っていうか、アトムさんも新木さんも、芸達者じゃのう…新木さんなんか観てると楽しくて仕方ないよ。

終演後、鏡子さんが当時のあむねりす様と熱い抱擁してるのを拝見した時は心臓とまりそうになったよ!
鏡子さんと仲がいいんだって♪

その後、あむねりす様がいらっしゃってますねと藤田さんと話してたら「明日僕らが観に行くんです~」と言ってた。

あー、和物だからか着物姿で観劇してらっしゃる方がいらっしゃって、内心「迷惑だなぁ」と思っちゃったよ(-_-;)
席的にはそれほど後ろの人に迷惑にならないような位置っぽかったけど。
和服はね、帯部分でどうしても前傾姿勢になりがちになるので、できれば観劇時にはひかえていただきたいです。
席的に人に迷惑にならない位置だったらいいかと思うんですけどね。
…心狭い人ですみませんねぇ。

     □ CAST □

夏目漱石:松橋 登
夏目鏡子:秋本 みな子

坊っちゃん:吉田 朋弘
山嵐・正岡子規:安中 淳也

清:大方 斐紗子

校長・他:小林 アトム 
赤シャツ・他:新木 啓介
野だいこ・他:佐藤 伸行

登世・他:浜崎 真美
猫:野田 久美子

うらなり・他:藤田 将範
高浜虚子・漢学・他:五十嵐 進
小使い・他:広田 勇二

少年・他:山合 大輔
マドンナ・雪江・他:磯貝 麗奈
女中・他:清田 和美
萩野夫人・他:堀川 亜矢
 
体育・他:萩原 弘雄
博学・他:渡辺 修也
小鈴・他:野口 綾乃
筆子・他:大川 麻里江

赤シャツの弟・他:関川 慶一
中学生・他:兼崎 ひろみ、富永 友紀、渡邊 りせ

« しんぞうとまるかとおもった。 | トップページ | どういう話なの? »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70563/15421631

この記事へのトラックバック一覧です: 音楽座ミュージカル『アイ・ラブ・坊ちゃん』 In 名古屋市民会館 中ホール:

« しんぞうとまるかとおもった。 | トップページ | どういう話なの? »

おつきさま。



-天気予報コム-

最近のトラックバック

無料ブログはココログ