2015年1月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

観劇予定


  • ★あくまでも予定で、増えたり減ったりする可能性大です★

    未定
募金サイト イーココロ!
[PR]ブログパーツ「FLO:Q」

いろいろ


« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »

2007年7月

2007年7月29日 (日)

わだわだ、あげろじゃががーい。

27時間テレビを見ながら「なまかってなんだ。そんな事だから日本語が乱れるんだ」とぶつぶつ文句言ううちの親がうざかった本日も暑かったです。

そういえばココログのバージョンアップで、以前から「続き」機能が使えるようになってた事を最近思い出しました。
観劇感想で使おうかと思ったりもしたけど、区切る場所が難しくて使えない(笑)
まあいいや。
そのうち使う日がくるかもしれませんがね~。

今日はだらだらしてたから特に書くことがありません。以上。

2007年7月28日 (土)

劇団四季『ユタと不思議な仲間たち』 In 愛知県勤労会館

全国公演です。

昨今のいじめ問題などで、小さい子供たちに観劇してもらおうというのが大前提の今公演。
招待が基本なので売りに出た枚数が少なく、四季会員でもチケットを手に入れるのは大変だったようです。
(そんな私は予約時は10時ジャストに繋がったので無事に手に入れました…(^^;;)

知人は、招待キャンセル分で手に入れて11列目センター。
私らは3列目センターだったんですが、2列目ど真ん中4席が空席になっててちょっともったいなかったな…。
後ろにも空席あったみたいだし。

でも、みんなおとなしく観ててえらい。
名古屋の子は慣れてるのかな?(^^;;
田舎へ行けば行くほど、結構観劇マナーなってない気がします。※親含む。

だが、笑いポイントが謎だ。
それこそはだかの王様で「そんなにお尻好きか!」って思うぐらい大ウケするのが不思議だったのと同じぐらい。
子供って不思議だなぁ。

私は何年ぶりに観るかなーって話してて、名古屋で観て以来だから2001年以来かとか言ってましたが、どうやら本当に2001年の名古屋公演千秋楽以来みたい。

その時の感想もさくっと読み返してみたけど、短い間にリピートしすぎて、観てて新鮮な気分が薄れてしまってたらしく、ちょっと後悔してました(^^;;
(それもそのうちブログに移したいのだけど、なかなかやれません(-_-;))

名古屋公演は呪われたように色々あったこの作品。(苦笑)←何せ主役は4名によって演じられましたから(^^;;
名古屋楽と全く同じキャストは、道口ヒノデロ、吉谷じっちゃ、菅本母、丹クルミ先生、小川新太の4人。
大作だった菊池さんは今回ペドロ親分でご登場でございます♪

なんだかんだ言って好きな作品である事に変わりがないって、思い知りました。
全然泣ける場面でもないのに、あちこちで泣きそうになってどうしようかと思った。。。

「生きているってすばらしい」と「友達はいいもんだ」は相変わらず好きで泣いてしまった。
ラストもやっぱり泣けます。

銀林荘の離れで菅本さんが「お母さん、戸を開けてって言ってきても知りませんよ」って台詞に、思わず泣きそうになりました。
…だからご挨拶ナンバーで、かなりうるうるしてしまった(>_<)

いくつか短縮されてるっていう話は聞いてて、煙草シーンは確かになくなってたけど。
それほど他で短くなって気になってるところもなかったな。
雨シーンは変わらずちゃんと雨降ってたし。
(子供たちの「あれ本物?!」って声が面白かったな)
舞台装置が違う感じなのも、全国公演ならではだし。

菊池ペドロ。
痩せててカッコイイペドロ親分でした。
しかし、よくやれたよな、菊池さん。しかもうまいよ。
大作も大好きだったけど(笑) ペドロも大好きだ。

池末ダンジャ。
見たことある名前だと思ってたら、CFYでパッツィーやってた人だったんだね。
パッツィーよりは好き~。
まだまだなとこもあるかなとは思うけど(^^; 頑張ってたと思います。

伊藤ゴンゾ。
カッコ良かったし、なかなかうまかったよ。
カテコの「友達はいいもんだ」を歌う時、客席に降りて来て観客と目を合わせてくれるんだけど、通路側に座ってた友達とばっちり目があって、友達が心奪われててちょっとうらやましかった(笑)
ファン増えてそうだな、とちょっと思ったよ(大笑)

大徳モンゼ。
相変わらず可愛いな、大徳さん…。
モンゼもすごく可愛い。

道口ヒノデロ。
うなじがすんごい色っぽくてさぁ、もー。
相変わらずキレイでした。素敵。。。
見所満載だよね、道口ヒノデロ。

吉谷寅吉じっちゃと、丹クルミ先生は本当にもー大好き。
菅本さんもやっぱり好きだーーーー。

いじめっこたちは小川新太が浮いてて面白かっ…(殴)(それでも菊池大作よりはマシかもしれんが(ヲイ))
上原たま子が妙に怖くて特に印象に残りました。
いじめっこたちは、怖くてよかったなぁ。

藤原ユタ&樋口小夜子も頑張ってましたよ。
藤原ユタはちょっと、段取りでいっぱいいっぱいな気も少しだけしたけど(^^;;

あんまり言いたくはないけど。
日本語に心配がないカンパニーって…やっぱりいいよね。。。
東北弁が主体となる作品だからこそ、日本語の大事さを感じる。

終了後は、お見送りがありまして、合唱終了後にさーっと舞台から出演者の人たちが客席通ってロビーに行くんですけど。

扉すぐにいらした丹さんと握手してもらいました。
…体に気をつけて頑張って欲しいです。丹さん。
本当に好きな女優さんの一人でもあるので。

あと、うまいこと動いて奥の方までまで行く道口さんとも握手してもらいました。
目線は下の子供たちでしたが(^^;; まあいいや。

あと、伊藤さんにも握手してもらった~♪
なんかファンになりそうで、怖いな。。。

すんごい楽しかったです。
また観たい。

そうそう。
ファミミュ感覚でいたのにパンフは1300円。
パンフ買ったら晩御飯食べれないから、買えませんでした(自爆)

     □ CAST □

ペドロ:菊池 正
ダンジャ: 池末 絵己子
ゴンゾ:伊藤 潤一郎
モンゼ:大徳 朋子
ヒノデロ:道口 瑞之

ユタ:藤原 大輔
小夜子:樋口 茜

寅吉:吉谷 昭雄
ユタの母:菅本 烈子
クルミ先生:丹 靖子

大作:熊谷 崇
一郎:高橋 卓爾
新太:小川 善太郎
たま子:上原 のり

続きを読む "劇団四季『ユタと不思議な仲間たち』 In 愛知県勤労会館" »

生きているって素晴らしい。

今日は栄をふらふらしながら、りのものを食べまくりました。
美味しいものはやっぱりいいねー。

今年はやっぱり涼しいです。
マンゴーかき氷食べたとこは外なんだけど涼しかった。

まんだらけととらのあなをハシゴしたりもしたけど(笑)
友達の言う通り、ヲタ男臭いんだよね(^^;
とらのあなのEVには消臭剤置いてあるとか言ってたけどほんとか?
ヲタイベ最終日もすごい臭いらしいけど(笑)

ちなみにとらのあな2階(女性向けゾーン。つか腐ってる方)は全然さわやかでしたよ…。

で、ユタ観てきました。
すごく久し振りだったけど、やっぱり好きだなーと思った。

晩ご飯食べて来たけど、腹いっぱい。。。

↓忘れ物。
時間あまりまくりだったので、三越でやってた「リサとガスパール&ペネロペ展」を見てきました。
いやー、リサガスに突っ込みまくりでしたよ(笑) 可愛くて好きだけど♪
リサガスはぱすこのおかげで人気出ちゃってちょっと切ないです。。。
070728_155931070728_155843070728_155904

ぺねろぺさんがにせどらえもんみたいでなんだか………(笑)
グッズとかでりささんがたまに偽スヌさんみたいでなんだか……(爆死)

2007年7月27日 (金)

梅雨明け。

東海地方は例年より7日遅く梅雨明けだそうで。

でも、今年は涼しい思う(^^;;

2007年7月26日 (木)

ミュージカルソングで暮らす日々。

昨日、常務のお客様にC3のお菓子詰め合わせをいただきました。

常務はお客様からのお土産は、いつもお茶だしの時に「いただいたよ」と言ってくれます。
私はいつも笑顔で「すみません。ありがとうございますm(__)m」と笑顔で喜びを少し漂わせつつ(笑) 土産をいただいて部屋を出ます。

…これが次も土産を呼ぶのさ。ニヤリ。
安いもんだぜ。へ。

昨日は他にお中元お菓子があったので、今日配りました。
総務のトコ行って思わず「えーらーべ!」とか言っていた。

ファントムかよ…(-_-;)

普通に話してても、突然ミュージカルの歌や台詞がポンポン出てくる。
面倒なのでそのままよく頭の中で歌っている。
でも、通常会話がミュージカルソングだったら、話がいつまでたっても終わらないだろうなぁ。。。

2007年7月25日 (水)

2ミリ。

アイーダチケが届きました。
今回は人に頼まれた分も結構あったので珍しく11枚。

2ミリの厚さもあるチケット枚数なんて、久しぶりだ(笑)

昔はこれぐらいの厚みが常時あったもんだよなぁ(-_-;)
今考えると恐ろしいわい。

2007年7月24日 (火)

もみじまんじゅう…。

広島でBBやるんだね。。。
2月か…。
公式サイトで曲聴いてたら、観たくなった…。

むー、せめて静岡なら行くんだけどなぁ。
静岡は来ないのかしらん。

でも、ビーストもベルも誰がやるっていうんだろ(^^;;
召使ズもだけどさ。

ああ、大型オーデやったから、少しは役者不足も解消してるのか。…多分。

最近、なんだかんだ言ってまた四季観てるなぁ。(笑)
今年後半は少しヤバイかもしれません。
関西ALW祭のオルゴールが欲しいので(自爆)

でも、ファントムだけはいつ観に行くのかわからんなぁ…。
観たいんだけどさ。

2007年7月22日 (日)

七変化。

京都行ってきましたー。
…エビータ観に(笑)

行きは在来線で行ったのに、帰りは友達と新幹線で帰ってきた。
年を痛感するな。。。
頭痛が少ししてたし、ま、いっか。

いやー、あれだね。
普通の作品のアンサンブルって、あんなにおいしいもんなんだね!!(壊)
赤瀬さんの七変化ですよ!(大笑)
未だかつてないほどの衝撃!(自爆)

友達に「何以来の新役?」と聞かれて考えて「多分、風船屋じゃないかなぁ…」と答えました。
家帰ってちょっと昔のを見てみたけど、やっぱり風船屋(人猫)以来@2002年だと思う。
JCSジャポ版の鞭打ち@2004年を新役と考えるとしたら、そっちのが新しいんだけど(エルサの鞭打ちは2001年)

とりあえず、こんな風に観れるとは本気で思ってなかったので、本当に楽しかったー!
ああ、また観たいな……休んでアルゼンチン・フェスタ行っちゃおうかな………。

しかし、よくあの舞台装置を京都劇場にはめ込んだなぁ。

劇団四季『エビータ』 In 京都劇場

7月15日京都公演開幕です。

自分のご贔屓さんが出てるので、いつ行こうかなぁと思ってたら、チケットが回ってきました(笑)
ありがたや~~~。

名古屋楽前に観て以来なので、5ヶ月ぶりのエビータ。
しかも、エバの井上さんは約1ヶ月前に、アイーダを観たばかりですよ(^^;;
この半年の間に、エビータ→アイーダ→エビータ…本当に真逆な役をこなす井上さん本当にすげぇ…。

野心に燃えてる時と、貧しい労働者たちに優しく微笑みかける時の差は相変わらずすごい。
ヌビアの民の事も考えて葛藤してたもんねぇ、アイーダでは。(だから何だ)

そういえば、最期のガウン、あれマジックテープになったのかなぁ?
前はすごい勢いでベルト結んでるイメージがあったんだけど。

芝チェもやっぱり最高だよなぁ。
渋谷ペロンも初見でしたが、歌はさすがに安定してるなぁ…。
内田マガルディは、声はすごーくいいんだけど、最初からエバにすでに負けすぎてて残念(笑)

勝又ミストレスも割と良かったです。

今回微妙に、男性アンサンブルが豪華なんですよ。
女性アンサンブルの大半が誰なのかわからないのは、最近ではほぼ当たり前の事なんですが(^^;;
大半名前がわかって、名前がわかる内半分ぐらいは顔の判別ができる。

これって、昨今の四季では私の中では非常に珍しい事でした。。。
しかも、友達に言われて思ったけど名古屋と違って年齢層が割と上なんだよねー。

というわけで、ご贔屓の赤瀬さんをほぼガン見してたわけですが。(ヲイ)

…いやぁ、これがアンサブルファンとしての醍醐味ってヤツ?
こんなにも普通の作品っておいしいんだわ、とちょっと思っちゃったよ。
キャッツとかファミミュとか、JCSってそれほど色んな役をやるって事がないからなぁ。
エビータは特に、ペロンとかも普通にアンサンブルに混じったりするから、余計なのかもしれないけど。

だって、七変化ですよ、し・ち・へ・ん・げ!

1.レクイエム。
…軍人制服の礼服ですよ! 礼服!!(というか、外国でも礼服とか言うのかは知らんが、私の中では扱いは礼服)
反対側にいるのが香川さんだったので、「背のバランスか…」と内心思ったのは言うまでもない。

2.ブエノスアイレス。
途中で抜けたり入ったりするけど、ちゃんと踊ってて「うおおぉぉぉぉ」と言う驚きとある意味喜び。
いやいや、まさかこんな姿を拝見できる日が来ようとは(どういう意味)。
シャツが青のスーツ姿。

3.グッドナイトサンキュー 皆さん。
最後にまとめて出てくる中の一人で、ダブルのスーツ姿。
割と情けな~い(笑)
平静を装っているようだが、結構未練たらたらっぽいのね。
そして私はそんなヘタレな役の赤瀬さんが昔から大好きなので、ヨシ。(ヲイ)

…あの場面、あの中にみんなぎゅうぎゅうになっているかと思うとなんだか面白いよねぇ。

4.エリートのゲーム。
軍人ですよ、軍服ですよ!
って事は椅子取りゲームするのかぁ……きっと赤瀬さんなら一番最初に負けるタイプっぽいよね~(笑) と思ってたら、

本当に一番最初に負けて抜けてく軍人だったので、思わず笑ってしまった。←ヒドイ

5.ニューアルゼンチーナ。
労働者で、こっそりと後ろの方にいますが、割とちょこちょこ熱狂気味に動いてて見てると面白い。
多分、エビータの中では一番の熱演シーンだと思われる(笑)
プラカードを高く持ち上げるのは、キャッツのゴキのラストと同じ感じ?

6.エバ基金プラン。
ここでは貴族なので、モーニングっていうかタキシード?着用。
香川さんに上着を脱がされ、抵抗を試みるが思いっきり殴られ、その後更に蹴られる赤瀬さん…ああぁぁぁ(笑)
ってーか、香川さんやりすぎだよ! 他の人はそこまでひどくやってないのに~とか内心思ったが笑ってた私。

そして、香川さんにボコボコにされた赤瀬さんは、倒れこんだまま、連れの女性も助けれる事ができません。。。
もー! ダメじゃん!!

その後、上着だけ脱がされただけのまま、女性を連れて慌てて去っていったが…最後にコケていた。
…あれって、コケるのが正解だったっけ? うーん、コケてた気もするけど。その間に女性が先に袖に入るし。

7.金はでていく湯水のように。
エバ基金プランで、正直「ちっ。上着だけかよ!」と思ってたのです。
そしたら、途中で出てきました。

股引姿で。

おかげで思いっきり吹き出した(爆死)
ナイス!

後、軍服姿でもちょこちょこ出てくるし、バルコニーではスーツ姿でやっぱり後ろにいるし(3列目だったので、バルコニーせり上がったらすっかり見えなくなり、熱狂してるトコは見れなかったけど)、楽しかったなぁ。

…表情は相変わらずなんだけどね。。。
前キャッツ観た時みたいにやたら眉毛のあたりだけ動かされるよりはマシだけどさ。

でも堪能したー♪

高林さんとかあのお年で踊られてるの見るとなんか、すごいなと思います。
そして、香川さんはデカさで目立ち、石野さんは違う意味で目立ちと色々と面白かったです。

エバの部屋とかを埋め込む為か、名古屋よりちょっとだけ舞台の高さがあるので、最前だと辛そうだなぁと思いました(^^;;
元々京都は舞台の高さあるから最前辛いんだけどさ…結構な座席つぶしてもあれあれだもんなぁ。

次はいつけるかなぁ。。。

     □ CAST □

エビータ:井上 智恵
チェ:芝 清道

ペロン:渋谷 智也
マガルディ:内田 圭
ミストレス:勝又 彩子

■ 男性アンサンブル ■
関 与志雄、百々 義則、  池田 英治、 石野 喜一、岡崎 克哉、
畠山 典之、浜名 正義、村中 弘和、吉賀陶馬ワイス、赤瀬 賢二、
朝隈 濯郎、香川 大輔、廣野 圭亮、高林 幸兵、藤山 大祐、
村澤智弘

■ 女性アンサンブル ■
佐和 由梨、大石 眞由、佐藤 朋子、鳥原 如未、平田 曜子、
大橋 りさ、小川 飛鳥、奥山 あゆみ、花田 菜美子、細見 佳代、
山本 志織、梶田 祐紀惠、星 希青、吉村 晶子、森下 紗奈

2007年7月21日 (土)

呆。

…何、このバカな人?(-_-;)

と、四季観劇記録をタイトルだけコピペしてる時にあきれました。。。

2000年の四季観劇回数:83回。
内、キャッツ:60回。

作品自体は、キャッツ以外に8作品観てるんだけど。。。

ついでに、2001年も見てみた。
自分では減ったと思ってたけど、それほどでもなかった…(苦笑)

2001年の四季観劇回数:80回。
内、キャッツが名古屋&大阪で17回とJCSと壁がそれぞれ15回づつ。

壁は一月半で15回だけど、JCSは東京2回、名古屋で13回。
名古屋JCSは一ヶ月しか公演がなかったんですが、一ヶ月で13回。
私の日割計算観劇回数最高記録だったので(ナンダソレ)、未だに破られてません。(当たり前だぁぁぁ)

…………なんか、朝から疲れた。。。ぐったり。

2007年7月20日 (金)

今週2度目。

久し振りにキルフェボンに行ってきました。
うまかった。。。

で、またマリノでご飯食べて帰ってきた。
ケーキはさすがに持ち帰り(^^;
3人で行って、2人前&フリードリンク・ケーキを1人分追加だから一人1550円ぐらい。
安上がりだね。

週末は雨ですかねー。

日曜はチケット回ってきたので京都行って来ます♪
枠位置よくわかってないけど、一緒に観る知人が詳しいので訊けば全部教えてくれそうだ(笑)
軍人楽しみ~。

酒飲んでないのに軽く頭痛来てるなぁ。
早く家帰って寝たい…。

2007年7月18日 (水)

またしばらく頭悩ましそうな。。。

博多レミに友達と行く予定だったんですが、友達が結婚式お呼ばれが入った為「行けない」と言われっちまいました(-_-;)
ので、とりあえず一人で行こうかと思ってるんですが。
いつ行くっていうか、いつ「取れる」のかわからなくて頭悩ましそうです。
むー。

マンマはもう無理そうだし。
とりあえずレミゼ一本で、一泊してマチソワマチするか…。
おとなしく日帰りにするか。
日帰りにしても、一泊するのと金銭的には変わらないんだよな、結局。。。

んー。
とりあえず希望日でチケ取れたら考えよ。
仕事の締めもあるから、平日行くとしてもちょっと考えないとイカン。
時期的にそろそろ忙しくなる頃かも、だし。
(今の時期は死ぬほどヒマ)

今日は岩盤浴でした。
んで、やっぱり食い倒れてきた。(笑)

2007年7月17日 (火)

就活??

就職活動シーズンですっけ?
っていうか自分も今ぐらいの時期に内定もらった覚えがあるか…。

最近、会社説明会で結構学生が来ます。
…様々ですな。
中には「私だったら採用しな~い♪」な人もいますよ。@受付

地味な会社なので、地味目な人が多いようですけど(笑)
まあ、そんなもんだよね。

今回の東京土産は東京ばな奈パイでした。
個人的に久しぶりにごまたまご食いたかったのですが、さすがに連休挟むと何が起こるかわからないナマモノ系(-_-;)

で、みんな言う事は一緒「大丈夫だったの?」。

金曜日帰りだから全然平気ですよ(笑)
っていうか、普通東京って日帰りしないんだよなー、普通の人の感覚だと。
それが普通、しかもハシゴな私がおかしいのか?(^^;;

今日は久しぶりにほぼ丸一日仕事がありました。
一日休むとその分回ってくるから、割とヒマな時にはいいなぁ。
…忙しいと死ぬほど大変だけどね。。。

2007年7月16日 (月)

私は虹なーのー 七色の魔力♪

本屋に行く時、近所のスポーツクラブの前を通ったら「今日は虹の日です」とか書いてありました。
…7月16日、なないろ、なわけか。

思わず京都の虹のような大統領夫人に思いを馳せ、歌ってしまった(自爆)

今日はアイーダのチケ取りでした。
ネットは途中で切れちゃったから電話で取ったけど、割とサクサクで良かったな。

取る順番を間違えて、会社の子の希望日のC席チケットが繋がった時には完売(-_-;)
イベントのある日なので、先に取らなくちゃと思っていたのに間違えちゃったんだよね。
メールしたもののすぐに返答がなかったので、別の日で2つ取って最終的には選んでもらえました。
もう一公演は自分で責任取って行こうと思ってます(^^;;

むーん。
何公演も取るのは久しぶりだったので、ちょっと失敗したー。

でも、地震があったんだね。。。びっくりした。
台風の次に地震。被害に遭われた方にお見舞い申し上げます。
…しかし東海大地震はいつくるんだ。。。

昼から本屋へふらーっと。
一冊買おうかどうか迷ってる本がありまして、もし見つけたら買おうか、そのうちネットで買おうかと思ったんだけど。
さすがに夏休み前だな(^^;; しっかりコーナーに置いてありました(笑)

まだまだレミゼモードな私でございます。
実は原作は読んだ事ないもので、とりあえず児童書から(大笑)
で、家帰って早々、とっとと読んだ。

……くそう、子供向けなのにしっかり司教様んとこでジーンとし、ジャベとバルジャンの死のトコで泣いてしまったじゃないかー!

レミゼを初観劇した後、再観劇するまでの間…確かレミコンの前だったと思うので、2004年ぐらいの正月だったかなと思うんだけど。
某非国営テレビで、3日か4日連続でドラマなのかなんなのかよくわからないけど、レミゼをやってたからビデオに録って見たのですよ。
色んな意味で衝撃でした&観劇前に見てればな、と思った。
でも、1度予約に失敗してガブの死の部分が入ってなくて非常に悲しんだ覚えが……。←ガブスキー。
そして、ラストのジャベの頭に死ぬほど衝撃を受け…(号泣) 入水していく時に違う意味で泣きそうだった私。がっくり。

それを思い出しながら読んでました。レ・ミゼラブル
そーいやー、歯も売ってたなファンテ…とか(汗)

もう一度あれが見たいと思うんだけど、DVDとかないんだよねー。
どうやら短縮版→はあるみたいんだけど、バカ高いし。

今どっちかっていうとオズの魔法使のDVDのが欲しかったり(^^;;

それから、年末のRENT来日公演が名古屋ではないのかどうか。
そっちのが非常に気になります。(何)

ああ もし百年あったら なんでもできるわ♪

だが、「金は出て行く 湯水のように」。

2007年7月15日 (日)

西へ東へ。

京都エビータ開幕です。
…いや~な予感はしてたんだけど、あーかーせーさんが出てるので京都行き決定です。
以外に制服スキーなワタクシとしては、軍服が非常に楽しみでございます。
もしかしたら、このまま全国要員かしら?(^^;;

っていうか、いつ行けるんだか(-_-;)
夏休みが未だにちゃんと決定してないんだよねぇ。
早いうちに行きたい気もするけど。
個人的にアルゼンチン・フェスタで白いハンカチ思いっきり振りたいんだけどなぁ。
……ちょっと考えてみないと。

東京行きが昨日とか今日じゃなくて良かったと心の底から思いました。
でも今日のレミゼソワレに友達が行くって言ってて、しかも新幹線止まってるし(汗) 心配してたけど、在来線動いてたからまだ良かったよね。
無事に間に合ってちょっとほっとした。

気圧の頭痛の波が少しあるから結局今日もだらだら過ごした。
朝は平気だったんだけど、じわじわきたなーと思ったら強風。ぐったり。

放りっぱなしになってる観劇記録を少しづつどうにかするかな。
2000年の壁が……あまりにも高い。
本当にバカすぎて余計頭痛がしそうだ。。。

2007年7月14日 (土)

TOICA地域民なのにICOCAをSUICA機でチャージ。

最近東京行く事が多いので、SUICAが残り少なくなって昨日慌ててチャージしました…。

昨日の帰り道、携帯の充電ヤバイので~とメール送信し終わった瞬間に充電切れになり、思わず携帯に「エライ!」と思った私です。(笑)

そういえば、ニフもようやく携帯ウェブメールに踏切ってくれたおかげで、携帯で最低限の事できるようになって進歩ってすごいなぁ。
だから充電持ち悪いんだけど(笑)

昨日は台風の影響受ける事なく帰ってこれました。
今日でなくて良かったな、とちょっと思ったよ。
友達は明日から東京行くようだが、大丈夫かな。

軽く気圧の圧迫を感じます。
明日は一日寝てた方が無難そうだ。。。

2007年7月13日 (金)

劇団四季『ジーザス・クライスト=スーパースター ジャポネスク・バージョン』 In 四季劇場[秋]

ジャポはまだまだ初心者で3回目です。
…おかげでエルサレムで慣れすぎてて、まだまだ違和感バリバリ(^^;;
白子さんたちが出てきて始まるのは覚えてたから最初はいいんだけど、ところどころ「あーこんなだったか」と思うこと多々でした。

そして、これだけ自分の中で観ながら盛り上がらないJCSは初めてだ。。。
まあ、それは多分私の中でマチネで観たレミゼの影響が大きかったんでしょうけど。
その上、バルコニーだったからね。

最大の原因は、倖田未稀さんしか観てなかった事ですが、何か?(自爆)

いやー、良かったよ良かった。
最初あれかな~と思って観てたのに、途中からあれこっち??と思ったりもしたんだけど。
踊り始めたら「やっぱ最初の人じゃん!」と気付いた。
細い腰にキレイにピンと伸びた指先、あれが未稀さんじゃなきゃ誰だと言うんだ!(笑)

ジーザスの神殿の時には、布を手に中央あたりで売ってたなぁ。赤い布。
後半、ジーザスが捕まった後の表情とかが今まで観たことないような表情である意味怖かったです。
(昔一度未稀さん出てるエルサレム観てるんだけど、その時は見分けちゃんとつかなかったんだよね…)
最後の張り付け場面も、いっちゃってて怖かった。。。
でも観れて良かった♪

どう思います試練を♪ ってソロもあったし。
捕まってるのがうれしくてたまらないように転がる姿とか、JCSはやっぱりこういうある意味極限状態の人間像が観れるところもあって好きな作品です。

前観た時は、吉原ユダだったんだけど、今回は金森さん(キム・スンラさん)。
エルサレムでの芝さんイメージが強いから、やっぱりどうしても違和感があるんだけど。
んー正直吉原ユダのが好きかなって気も。

すり足がもう少しうまくなるといいな。
つま先が外側に向きすぎてる気も。
あの体勢すんごい辛いのはわかるけどね。

芝さんがある意味特別だから、他のユダがなかなか受け入れられないってのもあるけど(^^;;
ジャポ版も一度は芝さんで観たいなぁ。
今、多演目に渡って芝さん不足だから仕方ないけど(笑) 足りなさすぎ、芝さん。

柳瀬ジーザスも、調子が悪いっていうよりも昔より少し声量とかが落ちたのかな。
ゲッセマネがあんまり伸びてなかった。
それともジャポ的には長く伸ばさないだけなのかなー。

高木マリアは、過去苦手だった坂本マリアと同じ歌い上げちゃうカンジのマリアだったなぁ。
割と感情乗せてた気もするけど、白塗りメイクだと細かい表情があんまり見れないからねぇ。

明戸アンナスは相変わらずきれいに歌い上げちゃうのね(笑)
好きだけど~。
青木アンナスみたいに、裏返っちゃうのが滑稽で割と私の中では基本だったりもするのも逆に間違いなのかもしれないけどさ。

下村ヘロデ王は相変わらず素敵でした。
今回の花魁は、どの男性アンサンブルだったのかなぁ。

白子さんに至っては、全然誰が誰だかわかりません。。。

あ、ジーザスで珍しくソバージュの女性がいると思ってたけど、よく考えたら西村さんだった。
張り付けの時の西村さんも、とても素敵な表情でした。。。(怖いのよぅ)

最前とかで観たいなーと思いました。

     □ CAST □

ジーザス・クライスト:柳瀬 大輔
イスカリオテのユダ:金森 勝

マグダラのマリア:高木 美果
カヤパ(大司教):青木 朗
アンナス(カヤパの義父):明戸 信吾

司祭1:阿川 建一郎
司祭2:田辺 容
司祭3:川原 信弘

シモン(使徒):神崎 翔馬
ペテロ(使徒):飯田 洋輔
ピラト(ローマの総督):村 俊英
ヘロデ王:下村 尊則

■ 男性アンサンブル ■
石 路、 岩城 雄太、上出 匡高、佐藤 晃仁、染矢 裕、
武智 正光、松元 朋、中村 伝、大空 卓鵬、二見 隆介、
松尾 篤、鈴木 聡、森田 利夫、赤間 清人

■ 女性アンサンブル ■
西村 麗子、 新子 夏代、金 寿恵、倖田 未稀、金平 真弥、
中井 奈々子、志村 円、楠見 朋子、松尾 千歳、稲垣 麻衣子、
上條 奈々、小島 由夏

『レ・ミゼラブル』マチネ In 帝国劇場

今期4度目のレミゼに行ってきました。
今回は、SPキャストパート2。

私が最初にレミゼを観たのは、結構最近で2003年8月14日マチネ@帝劇。
キャストは山口バル、岡ジャベ、笹本エポ、井料ファンテ、剱持コゼ、岡田マリ、三遊亭テナ、峰マダムテナ、坂元アンジョでした。

ってことで、岡ジャベは初見以来です♪
初見で観た人がどうしてもベースになってしまうので、今回は結構安心して観れた気がする。
それに割と歌的に心配のないキャストだったし。(私的に)

山口バル。
声は相変わらずさすがなんだけど、関節の油切れのロボとか操り人形みたいなあのカクカクした歩き方は…ナニ?(^^;;
まあ、この人のおかげで今井バルを観た時に衝撃を受けて、ここまでレミゼにハマったりもしたわけですけれども。。。
(そしてファンであるはずの友達がだいこんだいこん言う理由もやっとわかったという)
でも、ところどころの演技?(疑問形(笑))で好きな部分も確かにあるんだけどね。

リトコゼとのハモリはやっぱりキレイだし。
彼を帰してとラストはやっぱりいいわ……泣けた。
なんだかんだ言って、声はやっぱり好きなんだよなー。
(エリザで観た時の第一声「エリーザベート♪」聴いた時にまわりが一斉にハマった理由がよくわかったもんな。あのじわじわ広がっていくような歌声好きなんだよ、私も)
ちなみに、彼を帰しての後少しショーストップ気味でした。

岡ジャベ。
今ジャベのキレイな警棒さばきとか動作にはすごく惚れ惚れして観てたんだけど、岡ジャベはなんか、自分の信じてた正義とかが足元から崩れていく様がとてもわかりやすくて好きだなーと思った。
私の中のジャベのイメージは多分割と岡さん寄り。
これまたスターズの後にショーストップ気味。

島田エポ&石川マリウス。
スペシャルキャストをとりあえずちょっとここでまとめてしまうが(^^;;

……最高、と言い切りたい(笑)

2人とも本当にうまいんだよなー。
四季の沼尾さんを追ってたNHKの番組で、台詞と動きが合ってないとダメだっていうのを見て「確かにそうかも」と思ってた矢先だったんだけど。
2人とも動作と台詞とか歌とかがもう完璧に合って自然だから、これがエポニーヌとマリウスなんだなーと思ったよ。

島田エポはオン・マイ・オウンでショーストップ気味でした。
そういえば島田さん観たのダウンタウンフォーリーズ以来だ~。

実は初めてみる(^^;;石川さんのマリウスは、以前友達が熱烈に愛を(笑)語ってくれて、その時は「へー」ぐらいにしか思ってなかったんだけど。
エポが髪を触った時に振り払う時、笑顔で「なんだよ、ふざけて」の部分に「これか! これが友達が言ってた優しい笑顔の禅マリウスかー!」と納得。
本当にすんごい優しい~。
(友達は柵越え心配してたけど、スムーズに登ってたし)

年齢が…っていう人もいるみたいだけど、四季の佐野さんが好きな私は、佐野ラウルだろうが佐野ビーストだろうが、赤毛のアンでもしギルバートやってくれるっていうなら本気で大喜びで観に行くと思う、とかいう人なのでうまい人なら年齢気にならない人なので全然気になりませんでした。
アスペの光枝さんですら友達に「孫とおじいちゃんみたいだよね」と言われたジョージも全然平気だったもーん。
うまい人だと全然年齢感じないのさ。

それに今まで他のマリ観ててちょっと「あれ?」って思ってた部分があるんだけど、それ全部クリアしてたのが石川マリ。
一番気になってのが、最後の方のカフェソング→マリウスとコゼットの部分。
…なんであれだけ、散っていた仲間たちを思って歌ってたくせにコゼット出てきたとたんやたら笑顔で幸せそうになる人が多かった気がするから、ずっと不思議で。。。

石川マリウスはねー。ずーっと重苦しい雰囲気をまとったままで、思うように動かない体にもどこか苛立つようなそぶりもありつつ…。
でもそんなゾンビみたいな状態からコゼットのおかげですーっと「こちら」側に戻ってくるんだよね。
そのタイミングがすんごい私好きだったなぁ。

その後のバルジャンの告白の時も、必死さが好きだった。
「コゼットの為」と歌う時も、すごく切なかった。

過去、「コゼットの為」と言いながらなんか軽蔑して、切り捨てるように見えたマリウスがいたんだよな…コゼットの今後の為には父親の過去は逆に彼女のためにならない、みたいな。
誰だったか忘れたけど。
まあ、それはそれでその後のマリウスの言動が本当に悔いているように見えるからそれはそれでいいんだけどね。

それに、坂元アンジョも張って歌うタイプだから、学生とのからみは個人的にバランスとしては安心して聞けたなぁ~。

あと、忽然と姿を消したコゼットを探してる時、橋の上にいた島田エポにどこに行ったか聞いてて、島田エポが「あっち」って指差したら「ありがとう」って笑顔でハケてった。。。
島田エポはその姿を橋の手摺にもたれるように見送ってたなぁ…マリウスひでぇと内心思ったもんだ。

はあ。スペシャル最高だね…。

渚ファンテ。
多分、今期新キャスの中で一番私としては好きなタイプのファンテだと思う。
はかなげで、声もきれいだし。
井料さんが好きだったからねー。それに近い感じだな。
ブレス音が少し気になったけど、許容範囲。

安崎テナ&田中マダムテナ。
マダムテナはそれぞれの持ち味があってそれぞれが好きだなぁ♪ 田中さんももちろん好きだ。
マダムテナで一番好きなのは「会えると夢見てたプリンス♪」のくだり(笑)
安崎テナも好き。でも、どこか泥臭いのが似合ってない気がしないでもないな、さすが元マリウス。
声はいいよね~。

坂元アンジョ。
「アンジョは誰でも別にいいよね~」とか言ってる割に、なんだかんだ言っても実は好きらしいサカケン(-_-;)
ある意味私ら(複数形)の中では「永遠のシンバ」。
バリケードすらプライドロックに見えそうになる不思議なフィルターがかかり気味で正直心の中で苦笑いしそうだった。。。
ちくしょう。なんで名古屋にLKが来る前に退団しちゃったんだよ!(号泣)

勢いでがーっと持ち上げて、学生たちを引っ張っていくカンジだよねー、坂元アンジョ。
撃たれた後、アクロバティック風に落ちていくのはある意味すごいな。

結婚式の給仕は、面白おかしくやりすぎ感があったけど(笑) まあ、面白かったからいいや。

美香コゼは…歌は歌い方とか変わったのかうまくなってたけど。なんか四季の母音法ちっくな歌い方な気がした(笑)
その分演技部分が、一部分ほんの少しだけ雑になったかな、と思った。
…もう少しパパへの愛を向けてくれると非常にうれしいのだが。

マリウスとの出会いのシーン、助けてくれたマリウスと少し長めにもじもじしてて、山口バルが中央でさっとコゼットの為に出した手まで行くのに少し時間かかってました。。。

でも、ラストは良かったなぁ。
山口バルの手をずっと握ってたんだけど、バルジャンがファンテに導かれて舞台上では立ち上がるんだけど、美香コゼとしてはそのまま死に行くバルの手を握ったままでしょ。
で、バルジャンの手が冷たくなった事に気付いて「死んでしまった」とわかったような演技をしてた気がする。

いや、一瞬はっとして、マリウスの方をゆっくり振り向いてただけなのだが、私としてはそういう演技だったのだと勝手に解釈した。だといいな。

手紙読んでるとこもいい感じになってきたね。最後は顔もくしゃくしゃになってたよ…。
手紙にそっとキスするとこも愛がこもってるようで好きだ。

今回のガブは新井くんでした。
もうずっと横田ガブしか観られないと思ってたので、ちょっとうれしかったです。
横田ガブも好きなんだけど、いくつか「んー?」と思ってた部分があったりもしてねぇ。
新井ガブ可愛いわ。。。
本当にちょこまか動いてて、小さくて、本当にチビ犬なカンジ。(ああ、なんでちびっ子仲間なくなっちゃったのさ!)

ジャベに気付いた時もあれぐらい大げさなのが私は好みです。わかりやすいし。
横田ガブ割とのんびりバリケードを降りてくるイメージがあったけど、新井ガブは速めだったな。
グランの酒飲んで「まずー!」とやってたから可愛かった。

鞄がねー届かずに、バリケード手前に落ちちゃったのがまた切なかったなぁ。
足のあたりかな、一度打たれた後に一瞬怖さをにじみだすんだけど、それ振り払って続けるでしょ。
撃たれた後も、結構長い間背中そらして、ゆっくりと倒れるんだけど、帽子が完全にぬげちゃって、黒髪のままで死体の上で仰向けに転がってた。
…あーあ、なんで歌詞かわっちゃったのさ!(しつこいようだが、前のが好きだったんだよ)

柳下リトコゼは初でした。
リトエポは観てたんだよね、すごく意地悪そうにコゼを押し出す憎たらしいリトエポ。
演技はすんごくうまくて、でも逆にそれでちょっとひきそうになった。
っていうか、正直あそこまでやられると可愛い・うまいを通りこしてある意味怖い…(^^;;
(やなぎしたかれん、恐ろしい子! みたいな(笑))
歌は声がもっと出るといいかなって思う。

アンサンブルは、学生でやっぱり数人弱いなぁーと思う人もいたけど、でもいい感じ。
多分初舞台とか系の人たちかな…。

あ、でも女性アンサンブルのファクトリーガール。
工場長にこびる感じを出すのはいいんだけど、それが妙に安定してない歌い方な感じで少し苦手だった。
あととにかく高音出せればいいっていう問題でもない気がするなぁって思った人もいたなぁ。
カルーセルとか特に。…難しいナンバーなので仕方ないのかもしれんが。

バリケードの中では相変わらず伊藤グランに気を取られまくりですよ。
坂元アンジョに肩ポンって叩かれた後とかの表情がすんげぇ切なくて。
アンジョが倒れた後にイッキに駆け上がり、酒ビン振り回し、撃たれたら酒ビン放りなげ、その後ハチマキかタイを振り回しつつ砦の中でゆっくり倒れていく姿に号泣したよ、私は!

カフェソングの亡霊(ヲイ)にも泣いたな…今回……それだけ禅マリのカフェソングがすんごい良かったんだが。

…で、田中モンパルナス。
「あーなんか背が高くてぬぼーっとしてるのがいる」と思ったらそれは100%確実田中さん。
なぜそんなにすぐ気付く。。。

ABCカフェ、やたらと笑顔でオリジナルシンバ坂元アンジョとアイコンタクトだの話をする学生、元シンバ田中学生。
戦闘の最中に撃たれて傷の手当てをしてもらってる学生、その後アンジョの横まで登ってって恋人?らしい子となにやら話し、やはり何事か坂元アンジョと話す田中学生。
でかい図体してちょこんと座る田中学生。

なんか変なフィルターが私の目にかかってるような気がするのは、気のせいなんでしょうか。
そこまで気にして見てないのに、勝手に目に入ってくるよ…。

指笛はあんまりうまくできてないから、頑張れ! 田中モンパルナス!!(笑)
…っていうか、相変わらず微妙なヘタれさに心惹かれてるのか。なぜこうも私の視線をひきつけるの。。。
(スワガード様はハラハラして観てたが、アロハは最高に大好きだったんだよなー)

カテコ長かったなぁ。
何度も出てきてくれた。
バルジャンがいつも端っこにいるのは何故なのか(笑)

島田エポ、石川マリ、安崎テナが最後の方が仲良しでからんでました。
途中、山口さんが島田さんと石川さんを中央に連れてきてえいっと前に押し出して2人とも軽くご挨拶したり、お互い手でもちあげてみたり。
島田さんがおじぎしたまま、ぴょんっと後退してちょっとだけ石川さんの後ろにいったら石川さんも真似してみたり。
最後は石川マリウスが島田エポおぶってハケてた。

あ、そういえば途中石川マリウスとハケる時、美香コゼドレス踏んでつんのめってたよ(^^;;

坂元さんは相変わらず花束を遠方まで投げるのがうまかったわ。

Lemis20070713m_castあーーーーーーーー楽しかった!
観劇もあと一回かぁ……。

2007年7月12日 (木)

Popular♪

やっと非国営テレビの「あしたをつかめ」を見ましたよ。
…やっぱり沼尾グリンダ可愛くて好きだ。
そしてテレビなのに、「For Good」で泣いてしまった(自爆)

あー、じわじわ来てるっぽいなぁ。。。
四季は前日でもチケット取ろうと思えば取れるから怖い(笑)

やっぱり、オズのDVD買おうかなー。

さて、明日は東京です。
新幹線が止まるとか遅れるとかしないぐらいの雨でお願いします。。。
マチネレミゼの後は、ソワレJCSまでの間に買出しなので、大雨もイヤだ(T_T)

2007年7月11日 (水)

今日も笑顔で、

嘘をつく。@受付

いい加減慣れたな。
あんまりモノワカリの悪いバカが来ると、うざいけど。

困る客その1
アポもないのに「社長様お願いできますでしょうか?」
大体、イチ営業マンが突然やって来て、簡単に会えるような人じゃありません
何を勘違いしてるんだとかちょっと思う。
そんな、町工場とかみたいな小さい会社じゃないんだが。

困る客その2
「では、電話でアポを取らせていただきますので、お電話番号を教えていただけますか?」
それぐらいネットで調べろ。
当然だが笑顔で「お教えできませんので…」と断るがな。

困る客その3
あきらかに業種違いでの営業。
飛び込みなら仕方ないが、ある程度わかって来るならネットとかで会社の業種調べてから来い。

困る客その4
派遣会社の営業。
…派遣会社、ありすぎです。
毎週来るような体育会系の会社は特にお断りです。
あぶら取り紙が切れたらお電話くださればすぐお持ちします! とか言われてもうざいだけです。

明日は楽な受付でありますように。

最近、アゴの付け根から音がします。(苦笑)
私の体あちこちダメダメだな。

2007年7月10日 (火)

気圧で脳圧迫。

もう、ここんとこずっと頭痛です。
梅雨と台風は駄目だな…夏は暑さより気圧配置か。。

面倒なので今日は鎮痛剤飲むのもやめました。
眠そうな顔で(頭痛いから顔弛緩気味&まれに本当に眠い)てけてけ仕事。
頭痛ウェーブと戦いながら、手形切って入力して接客して電話取って、いつも通りに仕事です。
いつもより処理能力はガタ落ちですが。。。
まあいいや。

冬同様、寸志もらいました。いぇーい。
でもウーマン・イン・ホワイトのチケ代であっと言う間に消えました(T_T)

帰りにハゲろうかと思いましたが、シェーブアイスはあんまり好きじゃないのでやっぱりやめましたよ。
新フレイバーもなんか微妙そうだしな。。

家着いたら18時か。
今日も早く寝よ。

2007年7月 9日 (月)

左耳つぶれ気味。

また左耳がつぶれ気味です(-_-;)
いじりすぎて、多分傷つけました。

と、去年も思ってたら実は突発性難聴だったのですが。
んでもって、今年も去年同様体が痒いんですが。

…………気のせい気のせい。

金曜のタクシーチケットあげた新入社員ちゃん。
実は、タクシー止めてあげたのも私だったんですが。
私自身、終電の事考えてて半分焦ってたので、何も考えずに止めたものの、心の中で「大丈夫だっけ?」と思ったけど、そのまま忘れました。

が、やっぱりチケット使えないタクシーに乗せてました。とほほん。

いやー、なんかM鉄が一番っていうのが頭にあってさー、つい緑の止めちゃったんだよ。。。
でも今の会社はTばめなんだよね。。。

18歳の新入社員がクレジットカードなんか持ってるわけないから、家に着いたら少し待っててもらって親にお金借りて払ったらしい。
5千円ぐらいとはいえ、こっちが気付かなきゃいけなかったのに。

とりあえず、領収証はもらってるっていうから、チケットくれた人に私が訊いて清算していいって言われたので一安心。
っていうか、相変わらず今時の世相とは逆のゆるい会社じゃのう……だからこそ、清算も許されたからいいんだけど(笑)

2007年7月 8日 (日)

本日の鬼門。

家でだらだらしてても仕方ないので、地元の本屋に行きました。

FQ出るよなぁ…10日発売だが電撃は割と早めに出るハズ、と思ったら。
学園キノまで出てたよ…。。。

仕方ないからうろうろしてたら、田中メカの新刊出てたよ。

ついでに、コバルトの棚うろうろしててふと疑問「喪の女王って、出てないよ、ね??」と思って、現在出ているであろう最新刊である6巻を手に取ってみたが、全然見覚えのない表紙
ぺらぺらめくってみるが、中身もあとがきも全然記憶にない

不安だったので、喪の女王だけは買わずに帰ってきたがやはり買ってないようです。がっくり。
明日にでも本屋行ってこよう…。

今の会社になってから通り道に本屋がないので気軽に行けないんだよなぁ。
一応新刊チェックはしているのだが、毎度とりこぼします。
最近、買う本減ってるから余計だ…。
昔はほぼどの本の発売日にでも行ってたもんだが。

そういえば、ウーマン・イン・ホワイトってば名古屋でもやるんですな♪
うれしいのでチケット取ろうと思ってます。
光枝さんとALWだー! っていうか、取れるかしらチケット。
私、あそこのプロモーターものはチケットほとんど取ったことないからなぁ。

風が冷たくなってきました。
一雨来そうです……。

あっつぃあっつぃ、大きなバカになれ!

草尾さんに「ミルク~」とか言われると、違うモノ(アニメ)を思い出すんですが、どうしましょう(自爆)
そんな私は、ダー様@Y尾兄スキーですがね(大笑)

でんおーにはM木S一郎ですか。
……割と昔から好きな声なんですが、どうしましょう。(笑)

昨日は一日死んでましたよ。
飲めるようになったと思ってたけど、どうもダメらしい。
アルコール摂取すると頭痛になる(>_<)

弱くなったっていうよりも、アルコール分解機能がダメなんだろうな。。。
気をつけないと。

非国営テレビでやってた、沼尾さんの出てたやつ、今見たら予約時間間違えてたらしく録れてなかった…。
番宣だけ入ってたよ。。。
グリンダのキラキラ~が入ってて可愛かったのに(泣)
再放送では失敗しないようにしなくちゃ…とほほ。

2007年7月 7日 (土)

タクシー!

ぐらんどせんとらるえきまでいってくれー! ってか。

部長が異動されるので、歓送会でした。
そしてカラオケ。
で、途中逃げ(笑)

タクシーチケットくれるとか言ってくれたけど、終電間に合うので断って帰ろうとしたのに、半ば無理矢理チケットくれて(^^;
月曜返そうと思ってたら、新入社員の子が バスないかも…と言ってたのであげたよ(笑)

乗り物酔いしやすい体質な上、チケットなんか乱発しない(できないが正しいのかもしれんな)会社にいたし。
経費で落とす事に抵抗がどうしてもあるので…。

って事で、終電一本前の電車です。


疲れたと言えば疲れたな。
Aさんの後任の辞める理由も、訊く人によってどうやら違うみたいだよ。
後任の後任さんには「もう少しわいわいと楽しげな雰囲気のとこがいい」のらしい。
…正直アホかと言いたい。
数字扱う部署で和気あいあいは基本的にない。
学生じゃないんだから、楽しいだけじゃ会社は駄目だろ…。

派遣会社には一応体調不良が理由なんじゃなかったのかと思うが…。
やっぱり、よくわからん。

後任の後任さんは無事に慣れてくれるだろうか(=_=)
なんかもうどうでもいい気もしてきた(笑)

2007年7月 5日 (木)

うーん、やっばいカモ。

年のせいもあるし、昔に比べて毎日の歩く距離が減ってるので仕方ないんだけど。
少し太ってきたなぁ。
…気付くとお菓子食ってるからいかんのか。。。

110さん、朗読劇の次はミュージカルですか。
ふーん、と思ってキャスト見たら…朴ちゃん出るのか!!←何故ちゃんづけ、しかも今の彼はカタカナ表記だっつーの。
いい声で、結構好きだったんだよね。@四季時代

なんか、なつかしいのう。
多分、彼がいる時代ぐらいまでだったなー、広い心で観れてたのは。
今の四季の役者事情は、作品によってはちょっと片寄りがひどすぎて、キャストだけで観る気なくす事も多いんで。

最近、超個人的にホリプロのウーマンインホワイトが観たいです。
ALWのメロディで歌い、演技をする光枝さんが観たい。。。
アスペみたいに音域広いとかって言われると、余計観たい(笑)
元々ALWの音楽は好き~頭から離れられなくなる。。。

とはいえ、東京に行ってる余裕は今年はもうない…。
ただでさえレミゼで「珍しく暴走している」と友達に言われてるぐらいだし。
交通費考えたら、レミゼ今の3倍は多分観れるのに(^^;;

ゆめみるだけ~さ~♪ か。がっくり。

そして、レミゼ後の照準は、来年のRENT。(笑)
キャストはいつ出るかな、RENT。楽しみ~~~。←鬼に笑われまくりだよな。これ。

2007年7月 4日 (水)

人のことは笑えません。

日曜日、先にのぞみで出発する友達とホームで会ったら、「7月になったから虫がさー!」と、どうぶつの森でやたらハイテンションだったんですが。

…私も結構テンションあがってます。
すごいよ、虫! 本当に無茶苦茶捕れる(笑)
でも虫だけじゃなくて、魚も捕らないとなぁ。

夜寝れない時はとりあえず、どうぶつの森とかしてみたり。

カブであんまり儲からないから、とりあえずこれで稼ぐさ~。

Aさんの後任の後任、明日から来るそうでっす。
結局、自分から「辞める」って誰にも言わなかったな、彼女。

……充電中なんだけど、やっぱどうぶつの森で逃避してきます。では(笑)

2007年7月 3日 (火)

…よくわっかんねーなー。

昨日、面接受けに来た人、上の人に聞いたら採用の予定だって言われた。

昨日、Aさんの後任の後任が言ってた事は一体なんだったんだ?(^^;;
ちなみに昨日私が彼女に訊いた時は「多分無理」と言ってたのに、少ししてから正社員の子が訊いたら「まだわかんない」って言ってて正直びっくりしたのだった。
…なんで言う事違うの?

うーん。
やっぱりよくわからん。
これからどうなるのかもわからん。

相変わらず頭痛です(-_-;)
明日ぐらいにはなくなるかしらねぇ。。。。

2007年7月 2日 (月)

難攻不落の受付な日々。

毎日、受付やってると色々あります。

って事で、今日はコーヒーの売り込みがきました。

顔写真付きの証明書みたいなのを見せてくれて、しかも途上国出身の人を連れて、その途上国で作られたコーヒーを募金代わりに買ってくれと。
これひとつで、その途上国の40人の子供たちが云々。

担当者の方をと言われたが、そんな人はいない(笑)
とりあえず一旦引っ込んで、ちょっとして「担当者は只今席を外しておりまして」と言うと、案の定矛先は私へとやっぱりキタ。(苦笑)

仕方ないから値段をきく。
12箱で1万2千円。
6箱で6千円。
3箱で3千円。

…大変申し訳ありませんがと、丁重にお断りしたら1箱千円でもいいです、ときた。←内心ちっ。

豆を挽く機械もありませんし…と言ったら、挽いてあるそうだ。くそう。
漉すのも持ってないので残念ながら飲むことができないんです、と言うと。

ハンカチがあるんですが、とキタ。

さすがにそこで私も我慢限界でした。
だって、さっき後ろで電話鳴ってたけど誰も取ってくれてなかったから、もう一人の子が席外してるみたいだったしさぁ。

残念ながらご期待に添えそうにありませんし、大変申し訳ありませんが業務に支障が出ますので…すみません。
と、丁重にお断りしてお帰りいただいたよ。

ちょっと良心が痛みました。。。
でも、千円もするコーヒー買っても、会社でも家でも飲めないもん。
仕方ないやん。

しばらくして、毎度の事ながら派遣会社の営業がきました。
毎日のように、世の中のありとあらゆる大小に関わらず派遣会社の営業がきます。

ひどいところは毎週来て、正直ウザイです。
入ってくる時も元気すぎて、うるさい。体育会系もよしあしですな。

しかもそこ、物くれるのはいいんけど、「なくなったらこちらに電話して下されば、すぐに持ってきますから」とか言ってて正直ひきました。
…その情熱は自分とこのスタッフさんにささげてあげて下さい。
多分、そこはそのうち私がブチ切れそうです。(笑)
気付いたら苦情メールをそこの本社宛に送ってそうです。

今日来たのは、多分久しぶりの会社だと思います。
担当者が変わって、新規開拓だと思われます。

でも、容赦なく他と同じく「大変申し訳ありませんが、現在採用の予定がありませんので、すべてお断りさせていただいております」と断ります。
その上、担当者名も教えませんし、電話番号も教えません。(笑)

今日きたところは割とそのあたり、毎週くるバカ会社と違って心得てるらしく「番号はインターネット等で探せていただきます」と返してきた。
なかなか好印象です。ていうか、それが普通だろと思うのですが。

いくつかの質問を受けて答えてる最中に、応接室の扉が開きました。

……ヲイ(冷汗)

ちょうど応接でAさん後任の後任の面談(違法だから!)じゃなくて、顔合わせしてたんで、それが終わったらしい。

心の中で、連れてきてたうちの派遣の営業さんに「ばれそうな事をお願いだから話さないで~~~~」と叫んでました
どうにかバレずに済んだようだが…(苦笑)

エレベーターが一緒になってないか、ちょっと心配です。

ちなみに、うちの会社では、受付で通らないものは、電話かけてきてもそこから先へは通りません(笑)
電話でも丁重にお断りされるからです。(大笑)
たまに運がいいと、担当者に会えるんだけどね。

残念ながら、ラスボスに到達するには大変な会社だよ、ニヤリ。

個人的にはセールスお断り! の張り紙したいんですけどね。。。
仕事中断して大変なんだよ、実際。

さて。
Aさんの後任の後任、どうも決まらないみたい。
インストっぽいことやってて、エクセルの色んなやり方は知ってても、正直業務キャリアスキルないと厳しいよなぁと言うのが理由。

その件でお昼にAさんの後任の後任と話してたら「Hさんはまだ続けるの?」とか聞かれた。
…正直あきれました。。。

一体どういうつもりでこの会社というか、働いてるんだろ、と疑問に思ったよ。
こちとら金儲けで働いてるんで、長期で働けて安定してるならやめる必要はないんですけど。

あんまりお気楽に派遣社員されると、こっちが困るし、同じ派遣としては恥ずかしいです。
結婚して長いんでしょ? お金に困って働いてるってわけでもなさそうだし、モチベーションないなら働かなくていいよ。。。

見てるこっちもモチベーションが下がる。ぐったり。

2007年7月 1日 (日)

『レ・ミゼラブル』ソワレ In 帝国劇場

Lemis20070701s_cast今期3度目でございます。
やっと観れましたよ、別所バル。

去年の名古屋公演で、まわりの人たちの間では何故か別所バルが熱くて、ずっと観たかったんです。

確かに演技うまいなぁ。
マリウスが生きてたのを確認した後、砦の惨状に崩れ落ちたり、手の怪我を強調するような演技。
地下のシーンでもうまいことよく担ぎ方を変えれるもんだよなぁ。

ラストで、コゼットに「生きて」と言われて「生きてみよう」と言った後に、はっと気付いて後ろのファンテを振り返り、心得たように優しくコゼットに手紙を渡したりとか。
結構じーんときてしまった。

でも、やっぱり私のベストバルはやっぱり今井さんなのだ。。。
そして、去年観た今井バル綜馬ジャベ岡田マリ由佳コゼが忘れられないのだ…(>_<)
今井バル観る前に別所バル観てたら、すごく別所バルにはまってたかもしれないなとは正直思った。

同じくお初の泉見マリウス、結構好き。
なんかあれだ、私。

バカっぽいマリウスが好きらしい(大笑)

岡田マリウスの両腕を天使につかまれたように地に足ついてないような、ふわふわした感じで恋に溺れてる様を見てると、非常に楽しかったんだよ!
なんか、子犬みたいだった…泉見マリ。←何か違う気がするが気にしない。

でも、結婚式のシーンでテナルディエだと見破ってる最中がちょっとワル(笑)っぽくて「をを」と思った。

原田アンジョ。
キャスト出た時、前評判でかなり気になって楽しみにしてたんだけど、実際私にはちょっと薄味でした(^^;
岡アンジョに似てるみたいなのも聞いてたんだけど、確かに似た雰囲気な気がする。
(でも、原田アンジョは原田アンジョであって、岡アンジョにはなれないんだよ、と内心思ったりもするが)

原田アンジョは、不可侵領域っていうか、侵してはいけないっていうか、なんっていうか…。
”触れてはいけない人”みたいな感じがしたなー。
遠くからみんなで眺めつつ、あがめたい感じ?
同じ立場ではいられない感じがする。一線ひいて接する感じ。

声にもう少し厚みが出て、演技的に脂がのってくるともっといいカンジになりそう。
あ、でも結婚式のシーンのテナ妻とのやりとりは割と好きだった(笑)

坂本エポは相変わらず可愛いねぇ。
コートの翻し方はやっぱり好きだなぁ。
というか、バリケードがゆっくり両側から出てできあがる直前にハケてくから、どうしても記憶に残りやすいのかなぁ。
バリケードができあがった瞬間から、いつも切なくなって仕方ない…。

美香ちゃんコゼは、前観た時よりは歌に感情のニュアンスをうまく載せれるようになった気がする。
あと、農場シーン&宿屋シーンもわかったー、多分前回「あれ?」と思ったのと同じ。
農場シーンで腰トントンしてたのみて、可愛いと思ってしまったのは何故だ。
今回は前にいる警官に邪魔されて、十字切るとこ見れなかった。ちぇ。

工場シーンは相変わらず嫌味っぽくていい。

ベガーズでテナにバルだとバレた後、助けてくれたマリと目をなかなか合わせないけど、一応謝ってからバルのとこ行ってて可愛かった。

でもやっぱり、バル最期の時と手紙を読んでる時は…私の中で由佳コゼを思い出しちゃうんだよー。
由佳コゼ、すんごい好きだったから。
美香コゼは「私は父じゃない」→間髪いれずにイヤイヤ、…人の話きいてる? と一瞬思ってしまったのだよぅ(>_<)
…由佳コゼ、手紙読みながらうれしそうに微笑みつつも時折号泣してたんだよな。。。そして、マリウスにもそのいい文面の部分を見せてたりとか細かかったんだよー。←いい加減に昔話はやめなよ。

あと、横田ガブローシュ。
開幕一週間で子役に高レベルを求めるのは間違いだとはわかっているのだが、前回前々回と横田ガブでなんとなく物足りなかったら、今回は違う子で…と思ってたんだけど、横田ガブで(^^;;
あう~とか思ってたんだけど。
うまかった。。。

鞄がちゃんと届いて「よし!」みたいな声が聞こえた時とかもーどうしよーかと、っていうかすでに泣いてますが。。。
「1、2、3!」の3が今回すんごい悲鳴みたいな言い方だったから、うわ~とか思って。
(でも、冷静に考えるとそれってもう3で撃たれるってわかってるみたいだよな~とも思っちゃうからあれだけど)
「ちびっこ仲間」がなくったのはやっぱりさみしいし、撃たれる時もあっちの方が涙誘って実は好きなんだけど、仕方ないよな。

あと、伊藤グラン。
戦闘始まってるのに、弾の入った箱の前に座り込んでたり、ガブに砦から出て行かせようとしてるとことか、色々と目がいってしまった。
ガブがバリケードに向かうとこは「気付けよ、グラン!」とかよくわからんことを思ってしまってる私がいたわ(^^;;

原田アンジョが撃たれて、伊藤グランがイッキにバリケードの最上部に登りつめて、酒ビン振り回してその後撃たれて倒れて…とかもう、私ダメ~。
あれ、逆側から一度観てみたい。どんな表情してるんだろ。

アンジョとガブの倒れてる姿かきれいに同じだし、なんかもう、バリケードのとこ、一番私やられる。。。

アンサンブルはやっぱりなんでかデカい人に目がいきますよ、田中モンパルナス。(笑)
どこにいてもわかりやすすぎだよ!
私も友達も、自然と見つけてしまう、実は大好きらしいよ(大笑)
リヤカーを一番後ろでそっと押さえてる姿に、思わず笑いそうになったのは何故なの。

…来週はアンジョがサカケンなので、元獅子王役者が2人もいる舞台を観れるらしい。ある意味楽しみ。
邪道な楽しみ方、その1って感じだね。(笑)

そういえば、井料さんが四季時代から好きだった私と友達は、初ファンテも井料さんだったせいで、イメージが固まってしまっていて、どのファンテでも物足りないらしい。
今後、ファンテももうちょっと注目して観ようっと。

あと、港司教&レーグルね。
四季時代も確かパンフかなんか見て思ってたんだけど、今回のパンフでも舞台上でも、やっぱり私の贔屓役者A氏に似てるんだよねー。
友達に言ったら「確かに似てる」って言われた。
たまに心臓に悪い(何故・笑)
港さん声いいから好きだ。

私は駒田テナ好きなんだけど、友達は苦手らしい。
「目が笑ってないから」怖いらしい。私は結構そこがいいんだけどなー。

劇団四季『ウィキッド』 In 電通四季劇場[海]

6月17日開幕、日本初演。

最後まで観終わった後の率直な感想は「いい意味でも悪い意味でも『アメリカン』な感じ」でしたよ(^^;;
そして、前過ぎて疲れた(笑)
次観るなら2階で観たいなー、ドラゴンとか途中とか全体観るにはやはり2階だね。

さて。

沼尾グリンダが無茶苦茶可愛かったです。

いやぁ、すんごいはまってたよ!
”ブロンド娘のおつむの足りなさっぷり”がたまんねー!
グリンダ可愛いねー♪ という声がすごく聞こえた。
私もそう思う。

あの役を嫌味なくやるのってすんごい難しいと思う。
学校シーンの登場とかからしても、なんか可愛かったなぁ。
もう可愛いしか出てこない。
そして最後の方、猿とのやりとりで思わず泣かされてしまいました。。。
でも、ラストで涙もひっこんだ。。。
ラスト観てたら、グリンダがなんだかとても可哀そうだったなぁ。

香蘭の時もだったけど、たまに野村(玲子)さんに似た語尾の感じや声の感じになるのが気になったかな。

濱田エルファバ。
歌はさすがだなぁと思うんだけど、最初の方の歌ってる時の顔が……ちょっと怖かった(苦笑)
メガネがなくなった後は普通だったんだけど、あそこだけ観ててうーんと思ちゃった。
某K村さんみたいに、口角は下がらないけど、歯がやたらと出て…緑に塗ってるから余計目立つし。。。

濱田さん、うまいとは思うんだけど…個人的には感情移入しずらい役者さんみたいです。
どっちかっていうと、デジタルな演技だと思うんだよね。(0と1しかない感じ)
ゆるやかに演技するタイプじゃなくて、感情の発露が突然上がったり下がったりしてるように感じる。

李フィエロ。
1幕は訛りもほとんど感じなかったんですが(ほのかにぐらい)、2幕はちょっと…出てたなぁ(^^;;
ロープにつかまって出てきた時、まわりの大半が笑ってた。
……はくなまたた?(笑)
席的にまわりが四季ファンばかりである事を考えれば、反応として出るのは仕方ない。

終演後「北澤さんがきても、まかり間違って阿久津さんがきたとしても、結局みんなシンバ役者じゃん!」って話してたら笑ってしまったよ。

森マダム・モリブルが素敵だったー♪
森さん大好き。

あと武見ディラモンド教授と松下オズももちろん好きでっす。
ディラモンド教授はキャラも好きだ。
松下さんは何やっても松下さんのようだが、それでも好きだからいい。

ネッサローズは個人的に、いてもいなくてもいいんじゃね? と思ったんですけど、そうなるとボックが出てこなくなるからダメなのか、と思った。

今回割と男性アンサンブルは「あ」って思う人多くて観てて楽しかった。
三宅さん、脇坂さん、上川さん、成田さんは確実に気付ける…不思議だね。
個人的に結構上川さん好きらしいので(大笑)

あ、そういえば、石野さんの前は荒木美保さんだったらしいです。
個人的覚え書き(笑)

観終わった後は、それほどすごいとかどうとか本当に思わなくて、最初に書いたけど本当にいい意味でも悪い意味でもアメリカンな感じ。
内容とか、キャラとか、そういうの全般的に。
いいとか悪いとかじゃなくてね。

OZの復習をしておけばもっと違ったかなとも思う。
次に観た時には、また私の中で変わる事もあるかもしれないけど。
後からじわじわくる作品もあるからねー。(ALW作品の場合は後からじわじわきてはまる…)

ただ、物語にのめりこめるほどの吸引力は…作品としては個人的には現段階では感じないな。
いつになるかはわからないけど、次に観る時が楽しみです。

     □ CAST □

グリンダ:沼尾 みゆき
エルファバ:濱田 めぐみ

ネッサローズ:小粥 真由美
マダム・モリブル:森 以鶴美
フィエロ:李 涛

ボック:金田 暢彦
ディラモンド教授:武見 龍磨
オズの魔法使い:松下 武史

■ 男性アンサンブル ■
三宅 克典、脇坂 真人、品川 芳晃、白倉 一成、西野 誠、
清川 晶、上川 一哉、成田 蔵人、永野 亮彦

■ 女性アンサンブル ■
あべ ゆき 石野 寛子、今井 美範、宇垣 あかね、遠藤 珠生、
有美ミシェール、長島 祥、間尾 茜、レベッカ ヤニック

コンダクター:井上 博文

びみょーにあたまいたいー。

疲れもあるけど、昨日からだから多分低気圧?
風強かったりしてるしね。。。

四季の新作ウィキッドとレミゼ観てきました。
ウィキッドは個人的にマンマ観た時ほどの衝撃はなかったな。
オズを復習しといたらもう少し違ったかもね。

レミゼはやっと今期3度目で、アンサンブルに目が行くようになってたんだが。
私も友達もやたらデカイ人が気になってた(笑)
普通にカッコイイんだけどな、たなかゆうごん。声質は相変わらずこもる。

これで元祖獅子王アンジョの日だったら、獅子王ふたりいるのか…。
ある意味観たいが。(笑)
(しかも私の中でベスト&ある意味ワーストだった獅子王役者)

今井バルがやっぱり観たくて、どうしようもないんだけど、死ぬほど我慢中。
8月は住民税2回目支払いあるからキツい。
行ってる余裕がないのが辛いなぁ。

« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »

おつきさま。



-天気予報コム-

最近のトラックバック

無料ブログはココログ