2015年1月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

観劇予定


  • ★あくまでも予定で、増えたり減ったりする可能性大です★

    未定
募金サイト イーココロ!
[PR]ブログパーツ「FLO:Q」

いろいろ


« Popular♪ | トップページ | 劇団四季『ジーザス・クライスト=スーパースター ジャポネスク・バージョン』 In 四季劇場[秋] »

2007年7月13日 (金)

『レ・ミゼラブル』マチネ In 帝国劇場

今期4度目のレミゼに行ってきました。
今回は、SPキャストパート2。

私が最初にレミゼを観たのは、結構最近で2003年8月14日マチネ@帝劇。
キャストは山口バル、岡ジャベ、笹本エポ、井料ファンテ、剱持コゼ、岡田マリ、三遊亭テナ、峰マダムテナ、坂元アンジョでした。

ってことで、岡ジャベは初見以来です♪
初見で観た人がどうしてもベースになってしまうので、今回は結構安心して観れた気がする。
それに割と歌的に心配のないキャストだったし。(私的に)

山口バル。
声は相変わらずさすがなんだけど、関節の油切れのロボとか操り人形みたいなあのカクカクした歩き方は…ナニ?(^^;;
まあ、この人のおかげで今井バルを観た時に衝撃を受けて、ここまでレミゼにハマったりもしたわけですけれども。。。
(そしてファンであるはずの友達がだいこんだいこん言う理由もやっとわかったという)
でも、ところどころの演技?(疑問形(笑))で好きな部分も確かにあるんだけどね。

リトコゼとのハモリはやっぱりキレイだし。
彼を帰してとラストはやっぱりいいわ……泣けた。
なんだかんだ言って、声はやっぱり好きなんだよなー。
(エリザで観た時の第一声「エリーザベート♪」聴いた時にまわりが一斉にハマった理由がよくわかったもんな。あのじわじわ広がっていくような歌声好きなんだよ、私も)
ちなみに、彼を帰しての後少しショーストップ気味でした。

岡ジャベ。
今ジャベのキレイな警棒さばきとか動作にはすごく惚れ惚れして観てたんだけど、岡ジャベはなんか、自分の信じてた正義とかが足元から崩れていく様がとてもわかりやすくて好きだなーと思った。
私の中のジャベのイメージは多分割と岡さん寄り。
これまたスターズの後にショーストップ気味。

島田エポ&石川マリウス。
スペシャルキャストをとりあえずちょっとここでまとめてしまうが(^^;;

……最高、と言い切りたい(笑)

2人とも本当にうまいんだよなー。
四季の沼尾さんを追ってたNHKの番組で、台詞と動きが合ってないとダメだっていうのを見て「確かにそうかも」と思ってた矢先だったんだけど。
2人とも動作と台詞とか歌とかがもう完璧に合って自然だから、これがエポニーヌとマリウスなんだなーと思ったよ。

島田エポはオン・マイ・オウンでショーストップ気味でした。
そういえば島田さん観たのダウンタウンフォーリーズ以来だ~。

実は初めてみる(^^;;石川さんのマリウスは、以前友達が熱烈に愛を(笑)語ってくれて、その時は「へー」ぐらいにしか思ってなかったんだけど。
エポが髪を触った時に振り払う時、笑顔で「なんだよ、ふざけて」の部分に「これか! これが友達が言ってた優しい笑顔の禅マリウスかー!」と納得。
本当にすんごい優しい~。
(友達は柵越え心配してたけど、スムーズに登ってたし)

年齢が…っていう人もいるみたいだけど、四季の佐野さんが好きな私は、佐野ラウルだろうが佐野ビーストだろうが、赤毛のアンでもしギルバートやってくれるっていうなら本気で大喜びで観に行くと思う、とかいう人なのでうまい人なら年齢気にならない人なので全然気になりませんでした。
アスペの光枝さんですら友達に「孫とおじいちゃんみたいだよね」と言われたジョージも全然平気だったもーん。
うまい人だと全然年齢感じないのさ。

それに今まで他のマリ観ててちょっと「あれ?」って思ってた部分があるんだけど、それ全部クリアしてたのが石川マリ。
一番気になってのが、最後の方のカフェソング→マリウスとコゼットの部分。
…なんであれだけ、散っていた仲間たちを思って歌ってたくせにコゼット出てきたとたんやたら笑顔で幸せそうになる人が多かった気がするから、ずっと不思議で。。。

石川マリウスはねー。ずーっと重苦しい雰囲気をまとったままで、思うように動かない体にもどこか苛立つようなそぶりもありつつ…。
でもそんなゾンビみたいな状態からコゼットのおかげですーっと「こちら」側に戻ってくるんだよね。
そのタイミングがすんごい私好きだったなぁ。

その後のバルジャンの告白の時も、必死さが好きだった。
「コゼットの為」と歌う時も、すごく切なかった。

過去、「コゼットの為」と言いながらなんか軽蔑して、切り捨てるように見えたマリウスがいたんだよな…コゼットの今後の為には父親の過去は逆に彼女のためにならない、みたいな。
誰だったか忘れたけど。
まあ、それはそれでその後のマリウスの言動が本当に悔いているように見えるからそれはそれでいいんだけどね。

それに、坂元アンジョも張って歌うタイプだから、学生とのからみは個人的にバランスとしては安心して聞けたなぁ~。

あと、忽然と姿を消したコゼットを探してる時、橋の上にいた島田エポにどこに行ったか聞いてて、島田エポが「あっち」って指差したら「ありがとう」って笑顔でハケてった。。。
島田エポはその姿を橋の手摺にもたれるように見送ってたなぁ…マリウスひでぇと内心思ったもんだ。

はあ。スペシャル最高だね…。

渚ファンテ。
多分、今期新キャスの中で一番私としては好きなタイプのファンテだと思う。
はかなげで、声もきれいだし。
井料さんが好きだったからねー。それに近い感じだな。
ブレス音が少し気になったけど、許容範囲。

安崎テナ&田中マダムテナ。
マダムテナはそれぞれの持ち味があってそれぞれが好きだなぁ♪ 田中さんももちろん好きだ。
マダムテナで一番好きなのは「会えると夢見てたプリンス♪」のくだり(笑)
安崎テナも好き。でも、どこか泥臭いのが似合ってない気がしないでもないな、さすが元マリウス。
声はいいよね~。

坂元アンジョ。
「アンジョは誰でも別にいいよね~」とか言ってる割に、なんだかんだ言っても実は好きらしいサカケン(-_-;)
ある意味私ら(複数形)の中では「永遠のシンバ」。
バリケードすらプライドロックに見えそうになる不思議なフィルターがかかり気味で正直心の中で苦笑いしそうだった。。。
ちくしょう。なんで名古屋にLKが来る前に退団しちゃったんだよ!(号泣)

勢いでがーっと持ち上げて、学生たちを引っ張っていくカンジだよねー、坂元アンジョ。
撃たれた後、アクロバティック風に落ちていくのはある意味すごいな。

結婚式の給仕は、面白おかしくやりすぎ感があったけど(笑) まあ、面白かったからいいや。

美香コゼは…歌は歌い方とか変わったのかうまくなってたけど。なんか四季の母音法ちっくな歌い方な気がした(笑)
その分演技部分が、一部分ほんの少しだけ雑になったかな、と思った。
…もう少しパパへの愛を向けてくれると非常にうれしいのだが。

マリウスとの出会いのシーン、助けてくれたマリウスと少し長めにもじもじしてて、山口バルが中央でさっとコゼットの為に出した手まで行くのに少し時間かかってました。。。

でも、ラストは良かったなぁ。
山口バルの手をずっと握ってたんだけど、バルジャンがファンテに導かれて舞台上では立ち上がるんだけど、美香コゼとしてはそのまま死に行くバルの手を握ったままでしょ。
で、バルジャンの手が冷たくなった事に気付いて「死んでしまった」とわかったような演技をしてた気がする。

いや、一瞬はっとして、マリウスの方をゆっくり振り向いてただけなのだが、私としてはそういう演技だったのだと勝手に解釈した。だといいな。

手紙読んでるとこもいい感じになってきたね。最後は顔もくしゃくしゃになってたよ…。
手紙にそっとキスするとこも愛がこもってるようで好きだ。

今回のガブは新井くんでした。
もうずっと横田ガブしか観られないと思ってたので、ちょっとうれしかったです。
横田ガブも好きなんだけど、いくつか「んー?」と思ってた部分があったりもしてねぇ。
新井ガブ可愛いわ。。。
本当にちょこまか動いてて、小さくて、本当にチビ犬なカンジ。(ああ、なんでちびっ子仲間なくなっちゃったのさ!)

ジャベに気付いた時もあれぐらい大げさなのが私は好みです。わかりやすいし。
横田ガブ割とのんびりバリケードを降りてくるイメージがあったけど、新井ガブは速めだったな。
グランの酒飲んで「まずー!」とやってたから可愛かった。

鞄がねー届かずに、バリケード手前に落ちちゃったのがまた切なかったなぁ。
足のあたりかな、一度打たれた後に一瞬怖さをにじみだすんだけど、それ振り払って続けるでしょ。
撃たれた後も、結構長い間背中そらして、ゆっくりと倒れるんだけど、帽子が完全にぬげちゃって、黒髪のままで死体の上で仰向けに転がってた。
…あーあ、なんで歌詞かわっちゃったのさ!(しつこいようだが、前のが好きだったんだよ)

柳下リトコゼは初でした。
リトエポは観てたんだよね、すごく意地悪そうにコゼを押し出す憎たらしいリトエポ。
演技はすんごくうまくて、でも逆にそれでちょっとひきそうになった。
っていうか、正直あそこまでやられると可愛い・うまいを通りこしてある意味怖い…(^^;;
(やなぎしたかれん、恐ろしい子! みたいな(笑))
歌は声がもっと出るといいかなって思う。

アンサンブルは、学生でやっぱり数人弱いなぁーと思う人もいたけど、でもいい感じ。
多分初舞台とか系の人たちかな…。

あ、でも女性アンサンブルのファクトリーガール。
工場長にこびる感じを出すのはいいんだけど、それが妙に安定してない歌い方な感じで少し苦手だった。
あととにかく高音出せればいいっていう問題でもない気がするなぁって思った人もいたなぁ。
カルーセルとか特に。…難しいナンバーなので仕方ないのかもしれんが。

バリケードの中では相変わらず伊藤グランに気を取られまくりですよ。
坂元アンジョに肩ポンって叩かれた後とかの表情がすんげぇ切なくて。
アンジョが倒れた後にイッキに駆け上がり、酒ビン振り回し、撃たれたら酒ビン放りなげ、その後ハチマキかタイを振り回しつつ砦の中でゆっくり倒れていく姿に号泣したよ、私は!

カフェソングの亡霊(ヲイ)にも泣いたな…今回……それだけ禅マリのカフェソングがすんごい良かったんだが。

…で、田中モンパルナス。
「あーなんか背が高くてぬぼーっとしてるのがいる」と思ったらそれは100%確実田中さん。
なぜそんなにすぐ気付く。。。

ABCカフェ、やたらと笑顔でオリジナルシンバ坂元アンジョとアイコンタクトだの話をする学生、元シンバ田中学生。
戦闘の最中に撃たれて傷の手当てをしてもらってる学生、その後アンジョの横まで登ってって恋人?らしい子となにやら話し、やはり何事か坂元アンジョと話す田中学生。
でかい図体してちょこんと座る田中学生。

なんか変なフィルターが私の目にかかってるような気がするのは、気のせいなんでしょうか。
そこまで気にして見てないのに、勝手に目に入ってくるよ…。

指笛はあんまりうまくできてないから、頑張れ! 田中モンパルナス!!(笑)
…っていうか、相変わらず微妙なヘタれさに心惹かれてるのか。なぜこうも私の視線をひきつけるの。。。
(スワガード様はハラハラして観てたが、アロハは最高に大好きだったんだよなー)

カテコ長かったなぁ。
何度も出てきてくれた。
バルジャンがいつも端っこにいるのは何故なのか(笑)

島田エポ、石川マリ、安崎テナが最後の方が仲良しでからんでました。
途中、山口さんが島田さんと石川さんを中央に連れてきてえいっと前に押し出して2人とも軽くご挨拶したり、お互い手でもちあげてみたり。
島田さんがおじぎしたまま、ぴょんっと後退してちょっとだけ石川さんの後ろにいったら石川さんも真似してみたり。
最後は石川マリウスが島田エポおぶってハケてた。

あ、そういえば途中石川マリウスとハケる時、美香コゼドレス踏んでつんのめってたよ(^^;;

坂元さんは相変わらず花束を遠方まで投げるのがうまかったわ。

Lemis20070713m_castあーーーーーーーー楽しかった!
観劇もあと一回かぁ……。

« Popular♪ | トップページ | 劇団四季『ジーザス・クライスト=スーパースター ジャポネスク・バージョン』 In 四季劇場[秋] »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70563/15752175

この記事へのトラックバック一覧です: 『レ・ミゼラブル』マチネ In 帝国劇場:

« Popular♪ | トップページ | 劇団四季『ジーザス・クライスト=スーパースター ジャポネスク・バージョン』 In 四季劇場[秋] »

おつきさま。



-天気予報コム-

最近のトラックバック

無料ブログはココログ