2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

観劇予定


  • ★あくまでも予定で、増えたり減ったりする可能性大です★

    未定
募金サイト イーココロ!
[PR]ブログパーツ「FLO:Q」

いろいろ


« 生きているって素晴らしい。 | トップページ | わだわだ、あげろじゃががーい。 »

2007年7月28日 (土)

劇団四季『ユタと不思議な仲間たち』 In 愛知県勤労会館

全国公演です。

昨今のいじめ問題などで、小さい子供たちに観劇してもらおうというのが大前提の今公演。
招待が基本なので売りに出た枚数が少なく、四季会員でもチケットを手に入れるのは大変だったようです。
(そんな私は予約時は10時ジャストに繋がったので無事に手に入れました…(^^;;)

知人は、招待キャンセル分で手に入れて11列目センター。
私らは3列目センターだったんですが、2列目ど真ん中4席が空席になっててちょっともったいなかったな…。
後ろにも空席あったみたいだし。

でも、みんなおとなしく観ててえらい。
名古屋の子は慣れてるのかな?(^^;;
田舎へ行けば行くほど、結構観劇マナーなってない気がします。※親含む。

だが、笑いポイントが謎だ。
それこそはだかの王様で「そんなにお尻好きか!」って思うぐらい大ウケするのが不思議だったのと同じぐらい。
子供って不思議だなぁ。

私は何年ぶりに観るかなーって話してて、名古屋で観て以来だから2001年以来かとか言ってましたが、どうやら本当に2001年の名古屋公演千秋楽以来みたい。

その時の感想もさくっと読み返してみたけど、短い間にリピートしすぎて、観てて新鮮な気分が薄れてしまってたらしく、ちょっと後悔してました(^^;;
(それもそのうちブログに移したいのだけど、なかなかやれません(-_-;))

名古屋公演は呪われたように色々あったこの作品。(苦笑)←何せ主役は4名によって演じられましたから(^^;;
名古屋楽と全く同じキャストは、道口ヒノデロ、吉谷じっちゃ、菅本母、丹クルミ先生、小川新太の4人。
大作だった菊池さんは今回ペドロ親分でご登場でございます♪

なんだかんだ言って好きな作品である事に変わりがないって、思い知りました。
全然泣ける場面でもないのに、あちこちで泣きそうになってどうしようかと思った。。。

「生きているってすばらしい」と「友達はいいもんだ」は相変わらず好きで泣いてしまった。
ラストもやっぱり泣けます。

銀林荘の離れで菅本さんが「お母さん、戸を開けてって言ってきても知りませんよ」って台詞に、思わず泣きそうになりました。
…だからご挨拶ナンバーで、かなりうるうるしてしまった(>_<)

いくつか短縮されてるっていう話は聞いてて、煙草シーンは確かになくなってたけど。
それほど他で短くなって気になってるところもなかったな。
雨シーンは変わらずちゃんと雨降ってたし。
(子供たちの「あれ本物?!」って声が面白かったな)
舞台装置が違う感じなのも、全国公演ならではだし。

菊池ペドロ。
痩せててカッコイイペドロ親分でした。
しかし、よくやれたよな、菊池さん。しかもうまいよ。
大作も大好きだったけど(笑) ペドロも大好きだ。

池末ダンジャ。
見たことある名前だと思ってたら、CFYでパッツィーやってた人だったんだね。
パッツィーよりは好き~。
まだまだなとこもあるかなとは思うけど(^^; 頑張ってたと思います。

伊藤ゴンゾ。
カッコ良かったし、なかなかうまかったよ。
カテコの「友達はいいもんだ」を歌う時、客席に降りて来て観客と目を合わせてくれるんだけど、通路側に座ってた友達とばっちり目があって、友達が心奪われててちょっとうらやましかった(笑)
ファン増えてそうだな、とちょっと思ったよ(大笑)

大徳モンゼ。
相変わらず可愛いな、大徳さん…。
モンゼもすごく可愛い。

道口ヒノデロ。
うなじがすんごい色っぽくてさぁ、もー。
相変わらずキレイでした。素敵。。。
見所満載だよね、道口ヒノデロ。

吉谷寅吉じっちゃと、丹クルミ先生は本当にもー大好き。
菅本さんもやっぱり好きだーーーー。

いじめっこたちは小川新太が浮いてて面白かっ…(殴)(それでも菊池大作よりはマシかもしれんが(ヲイ))
上原たま子が妙に怖くて特に印象に残りました。
いじめっこたちは、怖くてよかったなぁ。

藤原ユタ&樋口小夜子も頑張ってましたよ。
藤原ユタはちょっと、段取りでいっぱいいっぱいな気も少しだけしたけど(^^;;

あんまり言いたくはないけど。
日本語に心配がないカンパニーって…やっぱりいいよね。。。
東北弁が主体となる作品だからこそ、日本語の大事さを感じる。

終了後は、お見送りがありまして、合唱終了後にさーっと舞台から出演者の人たちが客席通ってロビーに行くんですけど。

扉すぐにいらした丹さんと握手してもらいました。
…体に気をつけて頑張って欲しいです。丹さん。
本当に好きな女優さんの一人でもあるので。

あと、うまいこと動いて奥の方までまで行く道口さんとも握手してもらいました。
目線は下の子供たちでしたが(^^;; まあいいや。

あと、伊藤さんにも握手してもらった~♪
なんかファンになりそうで、怖いな。。。

すんごい楽しかったです。
また観たい。

そうそう。
ファミミュ感覚でいたのにパンフは1300円。
パンフ買ったら晩御飯食べれないから、買えませんでした(自爆)

     □ CAST □

ペドロ:菊池 正
ダンジャ: 池末 絵己子
ゴンゾ:伊藤 潤一郎
モンゼ:大徳 朋子
ヒノデロ:道口 瑞之

ユタ:藤原 大輔
小夜子:樋口 茜

寅吉:吉谷 昭雄
ユタの母:菅本 烈子
クルミ先生:丹 靖子

大作:熊谷 崇
一郎:高橋 卓爾
新太:小川 善太郎
たま子:上原 のり

« 生きているって素晴らしい。 | トップページ | わだわだ、あげろじゃががーい。 »

コメント

となりでゴンゾに心奪われたヒトです。
仕事中に検索かけて読んでたら身に覚えのある内容でびっくりしたーー

仕事中ナニしとんねん!(笑)
というか、検索して何を人の感想あさってるのか…

聖地巡礼、気をつけて行ってらっさい。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70563/15932010

この記事へのトラックバック一覧です: 劇団四季『ユタと不思議な仲間たち』 In 愛知県勤労会館:

« 生きているって素晴らしい。 | トップページ | わだわだ、あげろじゃががーい。 »

おつきさま。



-天気予報コム-

最近のトラックバック

無料ブログはココログ