2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

観劇予定


  • ★あくまでも予定で、増えたり減ったりする可能性大です★

    未定
募金サイト イーココロ!
[PR]ブログパーツ「FLO:Q」

いろいろ


« 劇団四季『アイーダ』 In 新名古屋ミュージカル劇場 | トップページ | 劇団四季ファミリーミュージカル『ふたりのロッテ』 In 愛知県勤労会館 »

2007年10月 3日 (水)

劇団四季『アイーダ』 In 新名古屋ミュージカル劇場

ソワレ開演前にあるので、会社早退して、開演前のイベント『プレステージ講座』に参加しました。
3回あるうちの1回目です。

まず、ロビーに入ったらエジプトについてのビデオを見ました。
イベント内でクイズが出るらしく、そのヒントが隠されているとの事。

万博とかで流れてそうなビデオでした(笑)
エジプトって、エジプト・アラブ共和国って名前だったんだねぇ…とか色々思った。
最後に、アンサンブル役者さん二人の映像に変わり、客席へ移動。

ファラオ役の前田さんと、ビデオに出てきた女性アンサンブルの松下さんと須田さんが登場。
司会は前田さんでした。

プレステージ講座は3回あるとの事で、劇中に出てくる3組の親子がそれぞれ出ますとおしゃってました。
って事で、幕があがったらそこに居たのは、ファラオの娘・アムネリス役の五東さん♪
五東さんファンとしてはよっしゃぁぁぁ! な気分でした。

ゾーザーとラダメス、あれ、もう一組誰? と思っちゃった私をお許し下さい。
(アイーダとアモナスロ王ですよ…)

五東さん、ゾーザー軍団の衣装みたいなジャージ着てて(アイーダロゴ入)可愛かったぁ。

以下、間違えて覚えてるかもしれないが覚えてるだけ書き出し。

まず、アムネリス役について五東さんのお話。
アムネリスの元になったハトシェプスト女王の話を。

夫の死後、自分の息子・トトメスと夫と側室の娘を結婚させ、子供が小さかったのもあり、のちに自らファラオとなったとか。
交易能力にたけていた為、彼女が王位についている間は争いがなかったとか、色々話してくれました。
ミイラが見つかった話とかも前田さんからされてたかな?

松下さんもエジプトに関しての豆知識とかを披露。
ホルスの目みたいなアイメイク(トールって言ってたような気がする)をするのが流行ってたそうです。
眼病予防の効果もあったとか。

最初は孔雀石(?)を砕いて描いていたそうで、緑だったのかな。
のちに、アーモンドを焼いて使っていたそうで黒くなったそうな。

須田さんは…何話してたっけか………。
すみません。思い出せません。
思い出したら追加しておきます(^^;;

最後に見所を須田さんから。
「ヌビア魂」って言って「エジプトの話でしょう」と前田さんに突っ込まれていた。(笑)
エジプト人よりもヌビア人を演じてる方が多いのでとおっしゃってたかな。

松下さんは「アムネリスの衣装がえ」。
カツラからメイクからすべて変えるので、と。

五東さんが「髪の長さで彼女の成長を表しているので」みたいな事を言ってました。
最初は強調するように、名古屋嬢みたいにくるくるまいてて、最後の方はひっつめるように。
彼女の心の変化(?)を表してるんです、って言ってた気がする。

五東さんは「常々うちのお父様は自力で何歩歩いているのかしら? と思ってるので、是非数えてみてください」と。
前田さんが一言「絶句。」…面白いよ。この親子。っていうか前田司会(笑)

その後、冒頭に見たビデオからのクイズ。
確か10問。
正解者には4人のサイン入クリアファイル、未正解でもマグネット。

席番書かれた紙をひいて、当たった人が○か×か手で示して答えるんですが、前田さんがこれまたうまい。
間違った方を手で答えてると「ちょっと見えないんですよね~」とか言って正解に導く(笑)

エジプトの正式名称、ナイル川の全長、この日で名古屋公演が123回目である(だったかなんだか。100回超えててびっくりした)、トニー賞で4部門受賞などなど。
途中一人だけ、正解した後にアイメイクの事をなんというかっていう質問をされた方が正解して「マグネット上げて下さい」って前田さんが粋な計らいを見せていましたよ。

短いイベントでしたが、楽しかったです(^-^)
アイーダのイベントはなんだか心地いいなぁ。

開場まで一旦外に出なくちゃいけないので、外に出てふらふらした後再度劇場へ。


個人ごとですが。
どうやら四季観劇360回目みたいです。(ぐったり…)

さて。
ゾーザーが今週から変更しております!

もー、飯野ゾーザーがすんごい、いいっ!
カッコイイ!

「ピラミッドを建てよう」があんなに陰謀を散りばめた作りになってるナンバーとは知りませんでしたよ。
「父に従え」も緊迫感があって、おお~って感じ。

動いてもしゃべっても、しっくりくる。
大塚ゾーザーも悪くはないけど、やっぱりどこかしっくりこなかったんだよね。
歌とか、動作とか…。

で、これまた今日の福井ラダメスがすんごい良かったんですよ。
妙に甘く歌う歌う(笑) なにアレ、もー! 
……カッコ良かったわ。。。

今井アイーダ。
言っちゃぁなんだが、秋アイーダを観てたおかげで、色々と納得する事も多い。

まず、日本語。
秋アイーダだと段取りのように感じてたんだけど、やっぱり違うよね。
「止まれ!」でラダメスを見ずに手だけで制す動作とかさ。
台詞と動作がしっくり来るんだもん。

秋アイーダだと、ここでこの台詞がきたらこう、っていう段取りっぽくてちょっと…って思ってた。
やっぱり台詞や歌でも、動作でもキャッチボール的な心の動きが重要だと思うの。

今井さんは、良くも悪くも若いな~。
これからだね。

それにしても、違うキャストで見ると発見も多い。
井上アイーダの時はとにかく観るのに精一杯感があったからあれだけれど。

「アイーダ、行こう」「どこへ?」の食いつき方と、その後の豹変っぷり。
頭いいんだなぁ、アイーダ。
機転の利かせ方とかでそう感じるんだよね。

五東アムネリス。

えー、私は観劇最中は非常に忙しいです。
ニヤけるか泣くかのどっちかですが、大概。(笑)
…好きだなぁ。

イベント後だったので、芝居に集中できない場面がいくつか。

「うちのお父様は一体自力で何歩歩いてるのかしら?」

思わず数えた…(爆死)

結婚式シーンで、3歩。
処刑前に、21歩。

気付いてから数えてるので、何歩かプラスしたとしても、自力でファラオは30歩も歩いてないようです。

今日もアムネリスは最高でした。はあ。泣かされる。

なんだかんだ言ってアイーダいいなぁ……。
ほぼ月イチで名古屋通ってるの、実は久し振りです(^^;;

     □ CAST □

アイーダ:今井 美範
アムネリス:五東 由衣
ラダメス:福井 晶一

メレブ:有賀 光一
ゾーザー:飯野 おさみ

アモナスロ:石原 義文
ファラオ:前田 貞一郎

ネヘブカ:松本 昌子

■ 男性アンサンブル ■
谷本 充弘、塚下 兼吾、川東 優希、富澤 和磨、黒木 豪、
鶴原谷 圭、影山 徹、海老沼 良和

■ 女性アンサンブル ■
伊東 恵、西田 桃子、松下 沙樹、杏奈、市川 友貴、
須田 綾乃、オ ユナ

« 劇団四季『アイーダ』 In 新名古屋ミュージカル劇場 | トップページ | 劇団四季ファミリーミュージカル『ふたりのロッテ』 In 愛知県勤労会館 »

コメント

このキャストだったら観に行きたいなぁ~。

体調が思うように戻らなくて感想放りっ放し(^^;

ちゃみさん良かったよー!
ゾーザー軍団がしまるしまる。
あれで軍団ダンスがもっとピシッと決まると鳥肌もんだろうな。

福井ラダもなんか日曜よりもすんごい良くてさあ。

今井アイーダも舞台踏むごとに良くなっていくと思う。
発音が気にならないって、本当に重要だわ…。

由衣ちゃんアムネは相変わらず最高~~。
有賀メレブも私は好きだよん。

行ける時に観る事をオススメするよ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70563/16653568

この記事へのトラックバック一覧です: 劇団四季『アイーダ』 In 新名古屋ミュージカル劇場:

« 劇団四季『アイーダ』 In 新名古屋ミュージカル劇場 | トップページ | 劇団四季ファミリーミュージカル『ふたりのロッテ』 In 愛知県勤労会館 »

おつきさま。



-天気予報コム-

最近のトラックバック

無料ブログはココログ