2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

観劇予定


  • ★あくまでも予定で、増えたり減ったりする可能性大です★

    未定
募金サイト イーココロ!
[PR]ブログパーツ「FLO:Q」

いろいろ


« やつはあそこにいます。 | トップページ | 堕落中。 »

2007年10月18日 (木)

劇団四季『ジーザス・クライスト=スーパースター ジャポネスク・バージョン」 In 京都劇場

10月13日(土)京都公演開幕です。

最近、いつキャスト変更してもおかしくない劇団なもので(-_-;)
芝ユダがどうしても観たかった私は、うっかり前日予約で突発してしまいました。
土日には予定があって行けなかったもので。

ジャポは今回で4度目。
エルサレム版は結構観たので、ジャポ版は正直まだエルサレム版との違いに慣れてない…(笑)

前回の東京公演では、イマイチ集中できなくてどうもダメでした。
前々回東京公演では吉原ユダ、前回東京公演ではキム(金森)ユダだったので、ジャポ版で芝ユダを観るのは初めて(^^;;

「彼らの心は天国へ」の芝さんの第一声、で「やっぱりユダは芝さんがいい~~」と思っちゃいました。。。
そうしたら急に舞台に集中できるようになった(^-^)♪

ホサナでは、民衆と同じように不思議と幸せで満ち足りた感じを味わって不思議だったなー。
そして、銀貨を受け取った後から「最後の晩餐」は、なんかジーザスもユダも切なくて泣けて仕方なかった。

…超個人的には、柳瀬神様&芝ユダ至上主義な私。。。

ヘロデも含めて、衣装の変更がありましたね。
今のヘロデも結構好きかも。

下村ヘロデの扇の使い方はやっぱりキレイだったと思う~~~。
下村さん日舞やってるからだろうなぁ。
ワインのくだりで、狂言でのお酒飲みのように器に見立てて、ほんの少し軽く飲むような素振りしてたような気もしました。

花魁の男性アンサンブルが誰なのか見分けはつかないんであれなんですけど、今回の花魁衣装だとあんまり女っぽくキレイには見えなかったなぁ。

カヤパ様以下司祭ズ。
声は確かにいいんだけど、私的には重低音が足りない。
もう少し低くて重たい声で「しーねー」の重唱が聞きたいなぁ。
年齢的にも若いから仕方ないのかもしれないけど。

高木マリア。
…相変わらず苦手だった。

ユダに「こんな女扱い」されても、香油をとがめられても、思いっきり無視。
無視が悪いとは言わないけど、それどころかどこ吹く風で「また難癖つけてきてるわ、あの男」的な態度にしか見えない。
ジーザスしか目に入ってないから気にしないとも取れるけど、ジーザスにに守られて逆に付け上がってるようにしか見えない。

…それとも私の中でユダと同化してしまって、ユダヴィジョンなのか?!

少しの戸惑いも恥ずかしさも覚えず、私は私だと思うのは別にかまわないけど。
私はそこは少し恥らって欲しい人なんです。

それなのに急に「石を持て、この人を打て!」って言われた瞬間に驚いて戸惑うこともせず、速攻で伏せる。
あのあたりの心の流れががさっぱり見えん。

「私はイエスがわからない」も、私にはさっぱりわかりませんでしたよ。
何故「私はわからない」と歌いながら笑顔? それとも、微笑なの? あれは??
表情と言葉が繋がらない。。。仕方ないのかもしれないけど。

歌はうまいよね、声もきれい。
発音もほとんど気にならない程度。
でも、発音を気にしすぎなのか、語尾が全然延びずに区切って歌う感じに聞こえてやっぱりどのみち苦手だった。

名古屋ジーザス以来、どうもアンサンブル化しているマリアが多くなってちょっとなぁ。
昨今じゃ、シモンとペテロもアンサンブルと同化してるよ、私の中で。。。

って事で、本日の倖田未稀タイム。(何)

色々変わってるって事だったんで、見つけられるのかすごくハラハラでしたが。
……登場時からほぼ、ロックオン状態(自爆)
自分でもあきれた(死)

枠的には東京公演と変わってないみたいね~。
上手で男性アンサンブルに支えられてくるっと一回転するのも、確か未稀さんだった気がする。
動きとか立ち位置とか変わってなかったし、チビソロも同じだったし。

胸だけ覆ってるような上半身の衣装…相変わらず腰細ぇぇぇぇぇぇぇぇぇ。
踊る度に、肋骨がきれいに浮き上がって見て取れる…そして相変わらずおへそも全開………。ぎゃ。

そして、日本人形みたいに揃えられた前髪がとってもキュートvv
たまに猫科動物になるのが気になりますが(笑)

一番気になったのは「この人を打て」って言われた時の驚き方。
アナタ、もしかして、一度はカラダ売ってマスかーーーそんな裏設定でもあるのですかー?!

心からびっくりした一瞬でした(笑)

そして、ジーザスを嘲り笑う時は相変わらず死ぬほど怖かった……(泣)

西村麗子さんも相変わらず素敵でしたー♪

…っていうか、未稀さんと麗子さん以外、私アンサンブル見分けついてない上、目で追ってません(自爆) ごめんなさい。

     □ CAST □

ジ-ザス・クライスト:柳瀬 大輔
イスカリオテのユダ:芝 清道
マグダラのマリア:高木 美果

カヤパ:飯田 洋輔
アンナス:阿川 建一郎
司祭:佐藤 圭一、田辺 容、川原 信弘

シモン:神崎 翔馬
ペテロ:賀山 祐介
ピラト:村 俊英
ヘロデ王:下村 尊則

■ 男性アンサンブル ■
石 路、岩城 雄太、上出 匡高、佐藤晃仁、染矢 裕、
武智 正光、松元 朋、中村 伝、二見 隆介、松尾 篤、
鈴木 聡、森田 利夫、赤間 清人、柿澤 勇人

■ 女性アンサンブル ■
上田 亜希子、西村 麗子、新子 夏代、金 寿恵、倖田 未稀、
松尾 千歳、稲垣 麻衣子、上條 奈々、金平 真弥、中井 奈々子、
小島 由夏、福田 麻理恵

■ 大八車・人力車 ■
北村 毅、白瀬 英典、大竹 康平、斎藤 准一郎、斎藤 洋一郎、
酒井 良太、嶋野 達也、竹内 一樹、玉井 晴章、西村 侑剛、
高橋 徹

« やつはあそこにいます。 | トップページ | 堕落中。 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70563/16803496

この記事へのトラックバック一覧です: 劇団四季『ジーザス・クライスト=スーパースター ジャポネスク・バージョン」 In 京都劇場:

« やつはあそこにいます。 | トップページ | 堕落中。 »

おつきさま。



-天気予報コム-

最近のトラックバック

無料ブログはココログ