2015年1月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

観劇予定


  • ★あくまでも予定で、増えたり減ったりする可能性大です★

    未定
募金サイト イーココロ!
[PR]ブログパーツ「FLO:Q」

いろいろ


« 本来なら笑えない話。 | トップページ | のびた。 »

2008年7月20日 (日)

演劇集団キャラメルボックス ハーフタイムシアター『ハックルベリーにさよならを』『水平線の歩き方』 In 名鉄ホール

ハーフタイムシアター、名古屋千秋楽及び大千秋楽でした。

一番デカイ劇場らしいね、名古屋。900席程度。
500~600席の劇場がない地域だからなぁ…。
そのくせ1000席程度の劇場が今秋(厚生年金)と多分来年ぐらいに(勤労)なくなりますよ…名古屋…。

◆FAREWELL TO HUCKLEBERRY

ぶっちゃけ、今の私には「難しい話」でした(^^;;

成井さんの本は、基本的にタイトルの付け方と本編がうまくクロスして好きなんだけど、これは私的にはちょっとしっくりこなかったー。
なんとなーくはわかるんだけど、こう、うまいことスッキリしない。
キャスト的には好きな人多いんだけどな。

川下られても、所詮愛知県民のワタシ。
どんな情景なのか、想像できず…想像力の限界超え(-_-;)

實川さんのケンジもとても男の子らしくて良かったです。

が。

とりあえず、私の心をつかんで話さないのは井上麻美子。
トリツカレの時もかなり好きだったんだけど、アベさんもたまらん(笑)

坂口さんは相変わらず好きだなー。
それにしても、岡内さんって何やってもあんまり変わらないな…と正直思った(^^;;

最後は一人づつ一言挨拶。

實川さんはいつかは、キレイなおべべ着て素敵な女性を演じたいと。(笑)
篠田さんは、奥さんの中村さんが9ヶ月で双子ちゃんって言ってたな。
岡内さんは、上にあるビアガーデンに行けなかったのが残念、と言ったら、微妙にカブったかもとか言ってた大内さんは、チャンスセンター(宝くじ)に行けなかったのが残念らしい。

     □ CAST □

ボク:大内 厚雄
ケンジ:實川 貴美子
カオルさん:岡内 美喜子
父さん:篠田 剛
母さん:坂口 理恵
アベさん:井上 麻美子
コーキチくん:多田 直人
セコ先輩:阿部 祐介

脚本・演出:成井 豊


舞台入れ替え中につき、加藤さん再度登場。
ハックルベリー→水平線の入れ替えだと「おおっ」って思えるけど、逆だとそうもいかないと言っていた。
…確かに(笑)

オススメ名古屋グルメ色々食べたって言ってましたよ。
あんかけスパはやっぱりびっくりするらしい。。。


◆WALKING ON THE LINE OF THE HORIZON

のんびり感想書いてる今も、この作品が微妙に小骨のように心の隅っこをチクチクしとります。。。
……だって、幸一の言ってた事、自分でも思ってるもん。。。(超後ろ向き)
おかげでしばらく気付いた時にはとぼーっとしてました。

やー。
W岡田好きです。
やっぱうまい。
泣いた泣いた。。。

ハックルベリーと違って、タイトルと内容のクロスの仕方にぐっときます。
「あれ?」って思ってそこで「あ、そっか」って思えるのが観劇しててもやっぱり楽しいです。

そして、アベチカコ。
…双眼鏡片手に遠くから見てる時、やたら面白かったんですけど。
その後の矢場とんネタもですが。w

青山さん好きー。
左東さんうまくなったなーと思ったよ。

前、なんかの作品で福岡地名の名前が多かったけど、今回は愛知地名なのね。
どうでもいい事ですが(笑)

カテコでの一人づつ挨拶。
青山さんが、左東さんに「お姫様だっこされる時の手が胸に当たるんです。責任取って欲しい」と言っておきながら、岡田(達)の手をつかんで「やめて!」とか暴走してて楽しかったー♪

前田さんが「東京公演の時に、この部屋に阿部先生の気配がないのが悔しいので冷蔵庫の中身に名前書いたりしたんですが、今回は違うところにもまたやってみました」と。
岡田(達)さんと、セットの裏(扉の部分)に行き、岡田(達)が手に持ってきたのは表札。

幸一の名前の横に、「ちか子」って書いてある表札。
本気で驚いてた岡田(達)が面白かったです。

ももこさんは、とりあえず宝くじをちゃんと買ったとのこと。

     □ CAST □

幸一:岡田 達也
アサミ:岡田 さつき
阿部:前田 綾
豊川:青山 千洋
一宮:左東 広之
勇治:小多田 直樹
奈穂子:久保田 晶子
進太郎:鍛治本 大樹

脚本・演出:成井 豊


ハックルベリー組も最後に登場。
篠田さんによる3本締めで終わるはずが…終わらなかった為(笑)
全員、再度出てきて正座。

岡田(達)さんが、近江谷さんの台詞を借りて「あんたたちとっとと帰んなさい!」って言って終わりましたとさ。

« 本来なら笑えない話。 | トップページ | のびた。 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70563/41915871

この記事へのトラックバック一覧です: 演劇集団キャラメルボックス ハーフタイムシアター『ハックルベリーにさよならを』『水平線の歩き方』 In 名鉄ホール:

« 本来なら笑えない話。 | トップページ | のびた。 »

おつきさま。



-天気予報コム-

最近のトラックバック

無料ブログはココログ