2015年1月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

観劇予定


  • ★あくまでも予定で、増えたり減ったりする可能性大です★

    未定
募金サイト イーココロ!
[PR]ブログパーツ「FLO:Q」

いろいろ


« 既に腐り気味。 | トップページ | 京都はいいねぇ…。 »

2010年1月26日 (火)

劇団四季『美女と野獣』 In 京都劇場

プレステージイベント参加です。※まとまり次第アップ予定。

とうとう飯田ビーストが観れるかなぁと思ってたら、先週から佐野ビーストに(笑)
安心して観れるし、好きだからうれしいんですけど、ちょっとだけ残念な気も。

でもやっぱり佐野ビーストはいい~~。大好き~~~。
静岡で観てた時と、やっぱりちょっとだけ変わったかな~。
失礼よ! のあたりとか。
愛せぬならばでは、「あの人に捧ぐ」が台詞のようにしっかりと言っててぐっときました。

お城を案内してる時に、ベルが「気に入ったわ!」って言ってる時、後ろの佐野ビーストがものすごくうれしそうにするのに「これで彼さえいなければ」で、がっくりするのが非常に可愛かったー!

鳥原ベルは、最初ちょっと苦手でした…。
モリースとのデュエットはなんか微妙な感じだし、マダムガストン♪の時もものすっごいアニメチックな声になって、コミカルさを出してる感じ。
ホームも…歌いあげちゃう感じで……感情とか情景とかがあんまり浮かんでこなくて苦手だったな。
苦手なK村ベルと似たタイプかもしれないと思った。

最前だったから余計かもしれないけど、たまに口角下がるみたいに見えたし…。
眉尻があまり目じりまできてなくて細めで、眉間も皺が寄りがちな感じで…まれに般若に見える事が(汗)
歌はそんな感じだったんだけど、割と芝居はうまいなぁと。
ルミとコグスをかわして西の塔に行こうとする場面、キャストによってかわし方はもちろん違うんだけど、鳥原ベルは二人の手をつながせた後もその後ろで2人と同じように笑顔でスキップしてました(笑)
BOGでもスカートの中見えすぎですよ~って思うぐらい(^^;; スカートの裾がひるがえるし。

図書館の場面も良かった~。
歌はアニメ声みたいに高めにすると聞こえやすいみたいだけど、演技は割と好きです。
ベルとしての一連の動作は、基本的にクリアしてると思う。

池田コグスも、良かった。
暴徒との戦いの時の登場場面、なんか妙に顔がおかしくて思わず笑ってしまった。
以外にちょっとした小芝居がツボに来る(笑)

小川バベは、ジリアンが苦手だったのですがバベットは結構良かったです。
でもやっぱり、震えてる時の足元は…もうちょっとな気がするけど…。

野中ガストンも少しコミカルちっくでした。
野中ガストン安心して観れるから好き。

川原ブケーもなんだか面白くて良かったなぁ。

シリィ3は相変わらず可愛い♪
満足でしたー!

     □ CAST □

ビースト佐野 正幸
ベル:鳥原 如未

モリース:林 和男
ガストン:野中 万寿夫
ルミエール百々 義則

ルフウ:遊佐 真一
コッグスワース:池田 英治
ミセス・ポット:竹原 久美子

タンス夫人:大和 貴恵
バベット:小川 美緒
ムッシュー・ダルク:川原 信弘
チップ:川良 美由紀

■男性アンサンブル■

布施 陽由、岡本 繁治、清川 晶、キン マング、柳 隆幸、
安江 洋介、沢樹 陽聖、安芸 雅史、熊川 剣一

■女性アンサンブル■
 
市川 友貴、遠藤 珠生、市村 涼子、小島 由夏、倖田 未稀、
世登 愛子、林 初実、松尾 千歳、渡辺 夕紀、千村 璃永

« 既に腐り気味。 | トップページ | 京都はいいねぇ…。 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70563/47615622

この記事へのトラックバック一覧です: 劇団四季『美女と野獣』 In 京都劇場:

« 既に腐り気味。 | トップページ | 京都はいいねぇ…。 »

おつきさま。



-天気予報コム-

最近のトラックバック

無料ブログはココログ