2015年1月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

観劇予定


  • ★あくまでも予定で、増えたり減ったりする可能性大です★

    未定
募金サイト イーココロ!
[PR]ブログパーツ「FLO:Q」

いろいろ


レ・ミゼラブル

2009年3月24日 (火)

『レ・ミゼラブル』ソワレ In 中日劇場

Les_mi20090324s 3/3~3/29までの約一ヶ月の名古屋公演、6度目にして観おさめです。
こんなに中日劇場に行った一ヶ月は初めてだよ!(笑)

今井バルは、この間観た時に友達がメールで言ってたように、ジャベール倒して去っていく直前にファンテに向けて十字切ってたんだけど、今日は切ってなかったなぁ。
タイミングによるのかな。

そして美香コゼは今日もカゴ落とし時に結構パンを落としていた(笑) もったいない。
落したパンはさすがにあげないみたいで、毛布に変わるんだよね。
辛島コゼはうまいことカゴをストンと落して、ちゃんとテナ妻までパンが回ってたのになぁ。

今ジャベの華麗な警棒さばきが大好きです。

原田アンジョは、声はやっぱり苦手なんだけど(^^;;
マリウスが撃たれて無事を確認し、バリケードを駆け上がる直前にグランの両頬に手を当てるトコと、オカマ紳士と手つないじゃったりする給仕(その後、女性に連れていかれてしまうオカマ紳士に未練タラタラなとこも)面白くて好きです。

今井バルはいいなぁ…はあ~。
エピローグの美香コゼも、やっと調子あげてきた印象でした。
っていうか、今井バルの手紙渡す手が震えてて、もうどうしようかと。
エピローグ号泣でした。

春口ガブは、今日もカバンは届かなかったけど、真後ろに飛ぶようになったので良かったです。
最初に観た時よりもうまくなったなぁ、春口ガブ。

坂本エポにも泣かされたし。
もう、大満足でした♪

Les_mis_nagoya090324s ほぼ端っこだけど、最前だったので、お花投げる時に手を出してたらポンと男性アンサンブルの方が投げて下さってゲット♪
…といいつつ、誰が下さったのかよく覚えてませんが(汗)
石井フイイあたりだったような気がするけど、気のせいかもしれません。。。
相変わらず全然アンサンブル覚えられねぇ(^^;;

あ、でも今日の野島プルベはどうにか今ジャベに銃は取られてなかったです。(笑)

なんか、最近観るところを間違えてる気が非常にして仕方ない。

2009年3月21日 (土)

『レ・ミゼラブル』ソワレ In 中日劇場

Les_mi20090321s 待ちに待った今井バルだったのだが、気持ちがイマイチ入らず。
マチソワのせいか…?(^^;;

今井さん、声がたまにのびなくてあれー? って感じ。

全体的にもどうにも私の中ではしっくりこなくて、今井バルはやっぱりいいなーと思いながら見てたものの、ガブの死ですら泣けず。
いや、吉井ガブ昨日よりは「狙った」感じがなくて良かったし、カバンもクールフェラックだっけ?に届いたからいいんだけど…なんか泣けなかったわ。

でも、エピローグの今井バル老いっぷりに私は号泣。
うん。やっぱり今井バル好きです。

神田コゼも割と号泣系なので、そのせいもあるかな。
相変わらず声は細いが、ビジュアルは一番なので目を引くなぁ。
演技はまだ他の2人の真似っぽい部分もちらほらあるけど、プリュメ街で裾を翻してくるくる回ったりするとこはまああれはあれでありかなと。
ああ、でも工場での演技は最高に怖くて素敵でした(笑)
ラブリーレイディは、寝っ転がる時はもう少しスカート気にした方がいいかと思いますが。

知念エポは…ごめん、論外でした(苦笑)
歌ってるのか、メロディに乗せて台詞言ってるのかよくわからん。
ほぼ棒立ちに、髪を触ったりしてガサツに見せるような動作を何度もしてるけど、で? な感じ。
何も伝わってこなくて、マチネの新妻エポがいいだけにがっくりでした。

岡ジャベは相変わらず高貴~(笑)
三谷テナも相変わらず苦手……笑えない……。

アンサンブルも、やっぱり前半組が好きだなー。

野島プルベさー、岡さんの銃は素早く奪うか蹴らないとダメだよ。
昨日は結構持ち上げられてから奪ってたし、今日も手に取られてた(^^;;

カテコは何度目かで東山さんの誕生日を暴露。
途中で東山さんの手に花があったような?

マチネより華麗な舞を、前方で披露してくれました。パチパチ!
それを見た岡さんが、隣の今井さんが嫌がるのを目にもくれず前に押し出し(笑) 今井さんのロボットダンス!!
結構やったくせに、岡さんに「あんなキレイなジャンプの後にさ」みたいな動作で訴えてたのがえらく面白かったわ。

舞台的にはちょっと不満だったんだけど、カテコで救われたなーって感じ。
次で名古屋ラストなんで、楽しんできます。

『レ・ミゼラブル』マチネ In 中日劇場 

Les_mi20090321m 昨日と違って、橋本バルがすごく良くなってました。
その為か、エピローグの美香コゼの演技も、昨日より良かったなー。
つーことで泣けた。

ただ、コゼいる前で財布見せびらかせまくりなのは何。
安崎テナとコップのエアホッケーみたいなのは何(笑)

美香ちゃん、昨日はプリュメ街でマイクがガサガサって言っちゃって、ちょっと焦ってた気もしてたけど、今日はそうでもなかったしね。
ただ、美香コゼは「暗いわ~暗い過去ね~」のあたりが、とても強くてちょっと苦手です。
そんな責めるように言わんでも…と、観る度に思っちゃう(^^;;

今日はパンを結構落としてて、ちょっともったいなかったです。

今日は安崎テナのマイクが襲撃場面で入ってなくて(苦笑)
どうにか聞こえたんだけど、塀にしがみついてるトコはほぼ聞き取れない状態でした。
残念。。。
しかし、安崎テナは声がいいよなー。本当に。

結婚式のラストで、バレエのように森テナ妻をリフトしようとしてたのが笑えた。(当たり前だが無理(笑))
名古屋弁も入れられると、つい笑ってしまう…。

橋本バルと今ジャベのコンビは好きかもしれません。
今さんの華麗な警棒さばきが好きです(笑)

新妻エポはもう、良すぎてたまらん。
オンマイオウンも恵みの雨も、いいよー今期の彼女は~~。

山崎ファンテも、昨日より声出てた感じで良かった~。

春口ガブは、前観た時より良くなってました。
でも、相変わらずカバン届かないんだよね……。残念ながら。
前と同じく、上手側の手前に落ちちゃう。あれだけ後ろ向いてるのに、残念。

東山アンジョをやっと観たのだが、今の3人の中なら一番好きです。
なんでもっと早く観なかったんだろ…。
撃たれた後の落ち方もさすが~。

で、東山さんが今日誕生日だそうで、橋本さんに「誕生日」とか言われてました。
全員でハッピーバースデーの合唱。
両手で年齢を表現…うあーーーーーー同学年ですか、わーーーー。(眩暈)

華麗な舞を披露(笑)
何度も前に出されてて面白かったです。

2009年3月20日 (金)

『レ・ミゼラブル』 In 中日劇場

Res_mi20090320 …全然気にしてなかったけど、橋本バル初日だったのか(笑)
ちょっとしまったな、と今思ったよ。。。

橋本バルは、2007年の帝劇3日目で観て以来。
前よりはそりゃ全然いいです~。
でもやっぱりまだ若いなぁって感じ。
うまいんだけどね。

でも、エピローグは号泣した。(阿呆)

岡ジャベは、やっぱり高貴すぎるよな。
牢獄で生まれたとかウソだろとか本当に言いたくなる(笑)
でもやっぱりうまい~~~(≧∇≦)

そして、やっぱり今期の新妻エポが(・∀・)イイ!
恵みの雨が本当に泣けて仕方なかったよー。

しかし、正直言うと今日の舞台微妙でした。
なんか、噛み合わない小さな歯車があっちこちにある感じで、なんか、ダメだった。。。

ひとりひとりは割といいんだと思うの。
ダメなのもあるけど。

私は個人的には前半組アンサンブルが好きなので、やっぱり比べちゃうんだよね。
もちろん後半組でも、いい人はいいんだと思う。
ゆうごんの下手な指笛より、後半のモンパルナスのがうまいし(大笑)

ただ、伊藤グランと港司教だけはいないと辛い~~~~~~。

囚人場面出だしも、なんかあんまり好きじゃなかったなぁ。
あと、帝劇でも思ったんだけど、スローモーションの動きがものすごく微妙だし。
1幕ラストの3角行進前の動きも、原田アンジョはいいんだけど後ろ微妙だったし。
男性アンサンブルのハーモニーが少し微妙。

ただ、エピローグの最後でみんなが出てくるとこでの歌は、前半組より好きだなとは思ったけどね。
あとオカマ紳士と給仕のイチャイチャv → 女性割り込みオカマ紳士連れ去られる → 給仕もう一人の給仕係に悔しがる とか(笑)
面白いのを見つけるとちょっと楽しい。

三谷テナは…下手じゃないんだけど、駒田テナのが楽しかったなぁと。
手拍子少なかった気がするんだけど、気のせい?
まあ、最初っからやられるとうざいのでないならないでいいんだけどさ。

美香ちゃんもなぁ…相変わらずテレビ演技だなぁ(T_T)
前よりは声も出てるし、エピローグでは「ため」もできるようになって(すぐマリウスに振り向かなくなった)、だいぶマリウスマリウスしてなかったから、その点は良かったけど。
2階最後列なんかで観てたからか、頬っぺたの丸みがね…小さな背と一緒になって本当に幼く見えちゃって…。

2連続で山崎マリ辛島コゼで観て「いいわ~」って思ってただけに、ちょっと今日の藤岡マリと美香コゼはピンとこなかったなぁ。

原田アンジョは相変わらず多分、歌い方が苦手(^^;;
そしてまだ若いんだろうなぁ。
あ、でもグランの頬に両手をあててたのはちょっとだけ「を!!」と思った。
見間違い? 伊藤グランじゃないと、どうもグランに目がいかなくてさー(自爆)

3人目のガブの吉井くん。
うまいんだけど、どこか鼻につくうまさ(-_-;)
狙ってやらなくていいです。普通でいいです。。。と、正直思った。

カバンはギリギリで届かず下に落ちちゃいましたね。

田川ガブが一番好きだなー。
また観たい。

2幕は眠気に何度かやられそうになりました…。とほー。
正直ちょっとだけ不完全燃焼。

明日マチソワなので、しっかり楽しんできます♪
ソワレは今井バルなのさ~~(・∀・)ニヤニヤ

全体的にピシっと決まるといいんだけど。

2009年3月13日 (金)

『レ・ミゼラブル』ソワレ In 中日劇場

Res_mi20090313s 山口バルとお初の阿部ジャベでした。

友人や知人に聞いてた通り、山口バルは張り上げて歌わなくなってました。
その分、細かく歌声に演技が入ってきた感じ。
声は相変わらずいいなぁ……。

阿部ジャベは…うーん…まだまだだなぁ。
悪くもないし良くもないし。
今後に期待しよう。

山崎マリと辛島コゼのカップルがすごーーーくいい感じで、観てて微笑ましいっつーか、安心して観ていられます。
このコンビなんだかとても全体的なバランスが良くて大好きです♪
でも、二人とも前半組なんだよね…ちぇ。
帝劇行くならこのコンビ狙って行きたいです。(笑)

田川ガブがうまかった。
顔は女の子みたいで可愛いんだけど、歌も演技もうまくて。
カバンもちゃんと届きましたよー!
「ヨシ!」って声が砦の中から聞こえて、ああ…って思って。
盆が回って、アンジョの手にカバンがあって、もうそれだけでも泣けてきた…(T_T)

松原アンジョ、相変わらず弱いんだけど(^^;;
カバンを掲げて声を張り上げた姿はとても熱くて、良かったです。
「キタ。待ってた。コレだよ!」とか思いながら見てましたよ…。

いや、その前のガブ撃たれた後の盆が回っていく中での、伊藤グランの立ち姿に思わず目を奪われてしまって(^^;;
ますます泣いてしまったという……。。。
ああ、もう来週はいないのよね…伊藤グラン……。
港司教様も…!! くっ!

駒田森コンビは「だがね」と名古屋弁を入れてたけど、前からかしら…。
7日ソワレでは、給仕がスプーン拾わないでおカマの紳士とイチャイチャしてたんだけど(笑) 今日はちゃんと拾ってて安心した。

1幕では、藤咲ファクガがファンテーヌから手紙奪うのを失敗して2回目で奪えたんだけど、それで動揺したのか「医者が必要♪」の出だしでひっくり返っちゃって。
うまい人なのにあちゃーと思っちゃいましたよ。

エピローグも良かったなぁ…。
泣いちゃったよー。

カーテンコールは長かったー。
山崎マリはちゃんと最後までコゼットをエスコートしてますなぁ。
帝劇で観た誰かは覚えてないマリは(泉見or藤岡)は、美香コゼを3度目ぐらいから放置してたのが気になったのだが…。

やっぱりレミゼは好きだー。

2009年3月 7日 (土)

『レ・ミゼラブル』ソワレ In 中日劇場

我慢できなくて突発で行ってきました。
突発できるのが名古屋でのいいところ(笑)

去年だかに中日って改装工事したと思ったんだけど、音響設備いじったのかな?
久しぶりに行ったら、昔より音が良くなってた気がしたんだけど。

友達が禅さんファンだから、いくつか禅ジャベについて語ってて。
刑務所場面で、禅さんはバルを本当に探してるんだよ~って言ってて。
あんまり気にしてなかったんだけど、下手側で観てたから視線が上手側に行く私の視界に、それがきっちり入ってきて(大笑)
本当に、一人一人バル探してて面白かった。

禅ジャベ初めてだったんだけど、職務に忠実な犬な感じがすんごいしたので友達に言ったら「禅さん犬顔なんだよねぇ…」と言われてしまった。
いや、そういう意味でなくw

あと、バリケードで仲間と認められて銃を渡された時「ものすごくうれしそうな顔したから思わず噴き出しちゃった」と言われました。
…見逃した!

この回の冒頭のプロローグの時リトコゼのイラストの後の「ツーロン」の文字が出てこなくて、一瞬PCのデスクトップ画面が出現。
少々興ざめ…。

このままいつもより長く、プロローグで時間稼ぎされたらどうしようかと本気で悩んだ。

冒頭の事故はともかく今日観たキャストは、全体的に安定して満足しました。
足を引っ張るような人も特にいなくて、良かった。

別所バルもシルビアファンテも、昔観た時はあまりいい印象じゃなかったんだけど、今回は全然気にならないどころか、すんごい良かったわ。

新妻さんも、前より良くて「あれ、今日新妻さんだよね?」と幕間に確認したほど(^^;;
ひたすら張り上げて歌うだけじゃなくなってて、おさえたりためてみたり…しっかり感情を乗せてきてる感じ。
「コゼット…思い出す…」のささやくように言う感じとか、オンマイオウンも良かったし、恵みの雨もすっごい良かった~~~。

辛島コゼも山崎マリも安定してて安心して観ていられるし。
駒田テナと森テナ妻なんか、ものすごいコンビネーションで(大笑) 息ピッタリでしたよ。

新アンジョの松原さんは、カリスマリーダー的な部分がまだ少し足りないなぁと思うんだけど、慣れればいい感じかな。
歌はうまい。
でも、何故か全体的に迫力の足りないサカケンのような気がしてたまらん。。。
友達が「赤タイが似合わない~~~」って嘆いてました(笑)

前半アンサンブルのが個人的にはいいなぁと思ってたけど、やっぱり観てみても安定してるなーって。

いやー伊藤グランに目がいっちゃうんだけどね!(笑) 熱過ぎて。
バリケードの陥落後、ものすごい体勢で倒れてたらしいよ。←私はそこまで確認してなかった。

あれが後半いなかったらさみしくてたまらん。

今回の子役ちゃんは…みんなちっちゃい…。
ガブちっちぇーと思ったら小2って、おい…。
鞄はやっぱり届かず、残念。

今日のリトエポは、リトコゼ押し出すのも可愛らしく…帝劇で観た憎たらしいぐらい力いっぱい押し出す子とか懐かしいよ。。。

カテコラストで別所バルにお姫様だっこされてるシルビアファンテ。
何度もポージングしてました。

お姫様抱っこがうらやましそうな森テナ妻を持ち上げようとする駒田テナにも爆笑(笑)

デジカメ忘れたので、キャスト手打ちです。

     □ CAST □

ジャン・バルジャン:別所 哲也
ジャベール:石川 禅

エポニーヌ:新妻 聖子
ファンテーヌ:シルビア・グラブ

コゼット:辛島 小恵
マリウス:山崎 育三郎

テナルディエ:駒田 一
テナルディエ妻:森 公美子
アンジョルラス:松原 剛志

リトル・コゼット:飯田 汐音
リトル・エポニーヌ:吉井 乃歌
ガブローシュ:春口 凌芽

グランテール:伊藤 俊彦
クールフェラック:清水 裕明
ジョリ:横田 裕市
コンブフェール:近藤 大介
フイイ:鎌田 誠樹
レーグル:港 幸樹
バベ:丹宗 立峰
ブリジョン:佐嶋 宣美
プルベール:上野 聖太
モンパルナス:田中 裕吾
クラクスー:梶 雅人

買入れ屋:荒井 小夜子
マテロット:折井 理子
ファクトリーガール:藤咲 みどり
ジベロット:深野 琴美
マダム:児玉 奈々子
少年1:岡村 さやか
少年2:稲田 みづ紀
かつら屋:亜久里 夏代

指揮:山口 琇也

2007年8月18日 (土)

『レ・ミゼラブル』ソワレ In 帝国劇場

Lemis20070818s_cast 今期最終観劇です。

5回目。
ちょっと行き過ぎた感もあり(笑)
8月27日千秋楽ですね。早いな。

アンサンブルがすごく良くなっててよかった~。
学生たちとかもなんか本当に良くなったよね。

まず、港司教に泣かされた………。
良すぎ。。。
それ以外にどう言えと。
そりゃ、バルジャンも変われるさ! っていうぐらいの良さですわ。
司教様いいと、その後燭台の「重さ」にぐっとくるんだよなぁ。

あとどうしても目がいっちゃうのは、伊藤グラン。
相変わらずいい~~~。

ガブとのやりとりは相変わらず微笑ましいが、アンジョとのやりとりはなんかドキドキする。
坂元アンジョがさらりとかわしてた部分も、岸アンジョは見つめてて「なんか見透かされてる」ってグランにもわかっててちょっとだけ気まずそうなのがまた良かった。
そしてやっぱり、アンジョが倒れた後に猛然とバリケードのてっぺんまで突っ込んでく姿とその後に涙。

あとカフェソングの時、一番目がいくのはグランとアンジョの笑顔だよなぁ。
あそこ、私の泣きポイントだ。。。

あ、今回はあんまり田中モンパルナスには気を取られなかった。
学生の時怪我して、女性4人がかりで手当てしてもらってるときは「ハレムか!」とか少し思ったけど。(ヲイ)

あと五大クラクスの動きが少し面白かったけど(笑)

今井バルはやっぱり好きだぁ。。。
今ジャベも、いいしさ。
久しぶりに観た笹本エポ、さらっと懐に入ってくる感じ。
新妻エポとかだとどこか突っかかってくる感じがあったりもしたんだけど。

岸アンジョは最初髪縛ってたのにもう縛ってないんだね。
山崎マリも安定してるし、なんか安心して観れるから私好きだなぁ。

阿知波さんは相変わらず素敵。
徳井テナ…歌は決して下手じゃないのになぁ。歌ってるだけで、演技も何もついてきてない感じなのが残念。
山崎ファンテも特にアラは気にならず。

そして。
富田コゼにはエピローグで号泣しました…。
今井バルにももちろん泣かされたんだけど。
エピローグの今井バルの間に泣かされる、私(^^;;

「私は父じゃない」の時、一瞬呆然としてたんだけど、それから頭を振りながらバルにぎゅっと抱きついてた。
バルが逝ってしまった(立ち上がった)後、呆然としてそのままバル(の椅子)から正面の方にゆっくり視線動かして、山崎マリに後ろから抱きかかえるように抱きしめられても、手紙読み始める前までマリを一切見てなくて。

ドレスのふくらみ部分に沈み込むように座り込んで、マリウスに抱きしめられてたのがすごく印象的だった。

手紙を読み終わって元に戻した後、目を閉じて手紙にずーっと唇に当てたままなトコにも泣けたなぁ。
ああ、ちゃんとバルの愛が伝わったんだな、バルの事大好きなパパだったんだなぁって。
ラストだけは完全に パパ > マリ だったのが私にはツボでした。

富田コゼはどっちかっていうと元気はつらつとしてて、「暗い過去」を感じさせないっていったら感じさせないんだけど。
でも、暗い過去にあんまりとらわれてないなってのは、他のコゼでも言えるんだけど。(笑)
私はそこのあたりは「バルのコゼットへの愛」が彼女を支えてたのだと基本的に勝手に解釈している。

開幕当初は、友達からもいい評判聞いてなかった富田コゼ。
さすがに3ヶ月目ともなると彼女も成長したのかなんなのかわからないけど、歌も別にうまかったけどなぁ。
少し声量足りないかなとも思ったけど、2階席で観てたからかそれほど気にならなかった。

あーでも、また辛島コゼ観たかったなぁ。
最初の方で見たきりだから、もう少し変わったんだろうなぁ。

横田ガブ、4度目…。
結局原田ガブには一度もお目にかかれず。

正直レミゼで初でした、ガブ最期の場面で泣かなかったの(苦)
元気なのはいいんだよ、子供らしくて、生意気で。
でもどうして、そこここでああいう風に力入れて歌っちゃうんだろ。

「1、2、3」の3も変わらず悲鳴っぽい声なんだね…。
1からああいう風に言うならいいんだけど、3だけあれって私的に「撃たれるってわかってるから3でああなる」としかもう思えなくなってて。
…子供相手に容赦ない感想だが、ちょっとひかっかった(-_-;)
カバンちゃんと届くのはすごいけど。

正直子役さんは、子役レベルを突出しすぎてくるとちょっと個人的には微妙。。。

大下リトコゼ。
リトコゼで泣いたのはちょっと初めてかもしれない。(笑)
歌も演技もああ頑張ってるねぇと思って観てたんだけど、歌の途中でなんか、急にこう…ふわっと変わったから「あれ?」って思った。
「白いドレスの人♪」から「愛してると♪」のトコ。
ファンテの事を思って歌ってるんだなぁって、本当に思えるぐらい最初と声音が違ってたんだよね~。
すごいな、この子と思ったよ。

ミュージカルって歌がうまいのは当たり前だけど、演技もできなきゃいけないんだよね。
しかもミュージカルで「うまいだけの歌や声」で、完璧に「歌い上げられる」のは私は好きじゃないんです。
歌の技術的な面がどうこうっていうよりも、感情入ってないっていう部分がちょっとダメ。

(ポップス歌手とかに多い、変なとこにクセ入れて歌う人も実は好きじゃない。。。ひとりよがりっぽくてイヤ。この曲のここでとかならいいんだけど、どの歌でもそういうクセ入ってると全部同じ曲に思えるし)

声優が「声ですべてを表現」してるように、ミュージカルだと「歌に感情を乗せて」歌ってくれないと伝わってこないから。
その点では大下リトコゼは、私の琴線触れてくれちゃいました(^^;;

カテコは長かったです。
途中で岸アンジョが横田ガブをかついで肩に乗せたりとか、徳井さんの左手を無理やり持ち上げてたりとか好き勝手やってて笑った。

ラストは今井さん&今さんで投げキッス。

結局今回も東山アンジョを観れなかったし。
石川ジャベと阿部ジャベも観れなかったなぁ。

次観れるのは何年後で、キャストは誰が残っててくれるだろうか…。

新しい赤版パンフ買いました。
最終ページに3ヶ月の全キャスト表(子役除く)載ってるのはうれしいなぁ♪

2007年7月13日 (金)

『レ・ミゼラブル』マチネ In 帝国劇場

今期4度目のレミゼに行ってきました。
今回は、SPキャストパート2。

私が最初にレミゼを観たのは、結構最近で2003年8月14日マチネ@帝劇。
キャストは山口バル、岡ジャベ、笹本エポ、井料ファンテ、剱持コゼ、岡田マリ、三遊亭テナ、峰マダムテナ、坂元アンジョでした。

ってことで、岡ジャベは初見以来です♪
初見で観た人がどうしてもベースになってしまうので、今回は結構安心して観れた気がする。
それに割と歌的に心配のないキャストだったし。(私的に)

山口バル。
声は相変わらずさすがなんだけど、関節の油切れのロボとか操り人形みたいなあのカクカクした歩き方は…ナニ?(^^;;
まあ、この人のおかげで今井バルを観た時に衝撃を受けて、ここまでレミゼにハマったりもしたわけですけれども。。。
(そしてファンであるはずの友達がだいこんだいこん言う理由もやっとわかったという)
でも、ところどころの演技?(疑問形(笑))で好きな部分も確かにあるんだけどね。

リトコゼとのハモリはやっぱりキレイだし。
彼を帰してとラストはやっぱりいいわ……泣けた。
なんだかんだ言って、声はやっぱり好きなんだよなー。
(エリザで観た時の第一声「エリーザベート♪」聴いた時にまわりが一斉にハマった理由がよくわかったもんな。あのじわじわ広がっていくような歌声好きなんだよ、私も)
ちなみに、彼を帰しての後少しショーストップ気味でした。

岡ジャベ。
今ジャベのキレイな警棒さばきとか動作にはすごく惚れ惚れして観てたんだけど、岡ジャベはなんか、自分の信じてた正義とかが足元から崩れていく様がとてもわかりやすくて好きだなーと思った。
私の中のジャベのイメージは多分割と岡さん寄り。
これまたスターズの後にショーストップ気味。

島田エポ&石川マリウス。
スペシャルキャストをとりあえずちょっとここでまとめてしまうが(^^;;

……最高、と言い切りたい(笑)

2人とも本当にうまいんだよなー。
四季の沼尾さんを追ってたNHKの番組で、台詞と動きが合ってないとダメだっていうのを見て「確かにそうかも」と思ってた矢先だったんだけど。
2人とも動作と台詞とか歌とかがもう完璧に合って自然だから、これがエポニーヌとマリウスなんだなーと思ったよ。

島田エポはオン・マイ・オウンでショーストップ気味でした。
そういえば島田さん観たのダウンタウンフォーリーズ以来だ~。

実は初めてみる(^^;;石川さんのマリウスは、以前友達が熱烈に愛を(笑)語ってくれて、その時は「へー」ぐらいにしか思ってなかったんだけど。
エポが髪を触った時に振り払う時、笑顔で「なんだよ、ふざけて」の部分に「これか! これが友達が言ってた優しい笑顔の禅マリウスかー!」と納得。
本当にすんごい優しい~。
(友達は柵越え心配してたけど、スムーズに登ってたし)

年齢が…っていう人もいるみたいだけど、四季の佐野さんが好きな私は、佐野ラウルだろうが佐野ビーストだろうが、赤毛のアンでもしギルバートやってくれるっていうなら本気で大喜びで観に行くと思う、とかいう人なのでうまい人なら年齢気にならない人なので全然気になりませんでした。
アスペの光枝さんですら友達に「孫とおじいちゃんみたいだよね」と言われたジョージも全然平気だったもーん。
うまい人だと全然年齢感じないのさ。

それに今まで他のマリ観ててちょっと「あれ?」って思ってた部分があるんだけど、それ全部クリアしてたのが石川マリ。
一番気になってのが、最後の方のカフェソング→マリウスとコゼットの部分。
…なんであれだけ、散っていた仲間たちを思って歌ってたくせにコゼット出てきたとたんやたら笑顔で幸せそうになる人が多かった気がするから、ずっと不思議で。。。

石川マリウスはねー。ずーっと重苦しい雰囲気をまとったままで、思うように動かない体にもどこか苛立つようなそぶりもありつつ…。
でもそんなゾンビみたいな状態からコゼットのおかげですーっと「こちら」側に戻ってくるんだよね。
そのタイミングがすんごい私好きだったなぁ。

その後のバルジャンの告白の時も、必死さが好きだった。
「コゼットの為」と歌う時も、すごく切なかった。

過去、「コゼットの為」と言いながらなんか軽蔑して、切り捨てるように見えたマリウスがいたんだよな…コゼットの今後の為には父親の過去は逆に彼女のためにならない、みたいな。
誰だったか忘れたけど。
まあ、それはそれでその後のマリウスの言動が本当に悔いているように見えるからそれはそれでいいんだけどね。

それに、坂元アンジョも張って歌うタイプだから、学生とのからみは個人的にバランスとしては安心して聞けたなぁ~。

あと、忽然と姿を消したコゼットを探してる時、橋の上にいた島田エポにどこに行ったか聞いてて、島田エポが「あっち」って指差したら「ありがとう」って笑顔でハケてった。。。
島田エポはその姿を橋の手摺にもたれるように見送ってたなぁ…マリウスひでぇと内心思ったもんだ。

はあ。スペシャル最高だね…。

渚ファンテ。
多分、今期新キャスの中で一番私としては好きなタイプのファンテだと思う。
はかなげで、声もきれいだし。
井料さんが好きだったからねー。それに近い感じだな。
ブレス音が少し気になったけど、許容範囲。

安崎テナ&田中マダムテナ。
マダムテナはそれぞれの持ち味があってそれぞれが好きだなぁ♪ 田中さんももちろん好きだ。
マダムテナで一番好きなのは「会えると夢見てたプリンス♪」のくだり(笑)
安崎テナも好き。でも、どこか泥臭いのが似合ってない気がしないでもないな、さすが元マリウス。
声はいいよね~。

坂元アンジョ。
「アンジョは誰でも別にいいよね~」とか言ってる割に、なんだかんだ言っても実は好きらしいサカケン(-_-;)
ある意味私ら(複数形)の中では「永遠のシンバ」。
バリケードすらプライドロックに見えそうになる不思議なフィルターがかかり気味で正直心の中で苦笑いしそうだった。。。
ちくしょう。なんで名古屋にLKが来る前に退団しちゃったんだよ!(号泣)

勢いでがーっと持ち上げて、学生たちを引っ張っていくカンジだよねー、坂元アンジョ。
撃たれた後、アクロバティック風に落ちていくのはある意味すごいな。

結婚式の給仕は、面白おかしくやりすぎ感があったけど(笑) まあ、面白かったからいいや。

美香コゼは…歌は歌い方とか変わったのかうまくなってたけど。なんか四季の母音法ちっくな歌い方な気がした(笑)
その分演技部分が、一部分ほんの少しだけ雑になったかな、と思った。
…もう少しパパへの愛を向けてくれると非常にうれしいのだが。

マリウスとの出会いのシーン、助けてくれたマリウスと少し長めにもじもじしてて、山口バルが中央でさっとコゼットの為に出した手まで行くのに少し時間かかってました。。。

でも、ラストは良かったなぁ。
山口バルの手をずっと握ってたんだけど、バルジャンがファンテに導かれて舞台上では立ち上がるんだけど、美香コゼとしてはそのまま死に行くバルの手を握ったままでしょ。
で、バルジャンの手が冷たくなった事に気付いて「死んでしまった」とわかったような演技をしてた気がする。

いや、一瞬はっとして、マリウスの方をゆっくり振り向いてただけなのだが、私としてはそういう演技だったのだと勝手に解釈した。だといいな。

手紙読んでるとこもいい感じになってきたね。最後は顔もくしゃくしゃになってたよ…。
手紙にそっとキスするとこも愛がこもってるようで好きだ。

今回のガブは新井くんでした。
もうずっと横田ガブしか観られないと思ってたので、ちょっとうれしかったです。
横田ガブも好きなんだけど、いくつか「んー?」と思ってた部分があったりもしてねぇ。
新井ガブ可愛いわ。。。
本当にちょこまか動いてて、小さくて、本当にチビ犬なカンジ。(ああ、なんでちびっ子仲間なくなっちゃったのさ!)

ジャベに気付いた時もあれぐらい大げさなのが私は好みです。わかりやすいし。
横田ガブ割とのんびりバリケードを降りてくるイメージがあったけど、新井ガブは速めだったな。
グランの酒飲んで「まずー!」とやってたから可愛かった。

鞄がねー届かずに、バリケード手前に落ちちゃったのがまた切なかったなぁ。
足のあたりかな、一度打たれた後に一瞬怖さをにじみだすんだけど、それ振り払って続けるでしょ。
撃たれた後も、結構長い間背中そらして、ゆっくりと倒れるんだけど、帽子が完全にぬげちゃって、黒髪のままで死体の上で仰向けに転がってた。
…あーあ、なんで歌詞かわっちゃったのさ!(しつこいようだが、前のが好きだったんだよ)

柳下リトコゼは初でした。
リトエポは観てたんだよね、すごく意地悪そうにコゼを押し出す憎たらしいリトエポ。
演技はすんごくうまくて、でも逆にそれでちょっとひきそうになった。
っていうか、正直あそこまでやられると可愛い・うまいを通りこしてある意味怖い…(^^;;
(やなぎしたかれん、恐ろしい子! みたいな(笑))
歌は声がもっと出るといいかなって思う。

アンサンブルは、学生でやっぱり数人弱いなぁーと思う人もいたけど、でもいい感じ。
多分初舞台とか系の人たちかな…。

あ、でも女性アンサンブルのファクトリーガール。
工場長にこびる感じを出すのはいいんだけど、それが妙に安定してない歌い方な感じで少し苦手だった。
あととにかく高音出せればいいっていう問題でもない気がするなぁって思った人もいたなぁ。
カルーセルとか特に。…難しいナンバーなので仕方ないのかもしれんが。

バリケードの中では相変わらず伊藤グランに気を取られまくりですよ。
坂元アンジョに肩ポンって叩かれた後とかの表情がすんげぇ切なくて。
アンジョが倒れた後にイッキに駆け上がり、酒ビン振り回し、撃たれたら酒ビン放りなげ、その後ハチマキかタイを振り回しつつ砦の中でゆっくり倒れていく姿に号泣したよ、私は!

カフェソングの亡霊(ヲイ)にも泣いたな…今回……それだけ禅マリのカフェソングがすんごい良かったんだが。

…で、田中モンパルナス。
「あーなんか背が高くてぬぼーっとしてるのがいる」と思ったらそれは100%確実田中さん。
なぜそんなにすぐ気付く。。。

ABCカフェ、やたらと笑顔でオリジナルシンバ坂元アンジョとアイコンタクトだの話をする学生、元シンバ田中学生。
戦闘の最中に撃たれて傷の手当てをしてもらってる学生、その後アンジョの横まで登ってって恋人?らしい子となにやら話し、やはり何事か坂元アンジョと話す田中学生。
でかい図体してちょこんと座る田中学生。

なんか変なフィルターが私の目にかかってるような気がするのは、気のせいなんでしょうか。
そこまで気にして見てないのに、勝手に目に入ってくるよ…。

指笛はあんまりうまくできてないから、頑張れ! 田中モンパルナス!!(笑)
…っていうか、相変わらず微妙なヘタれさに心惹かれてるのか。なぜこうも私の視線をひきつけるの。。。
(スワガード様はハラハラして観てたが、アロハは最高に大好きだったんだよなー)

カテコ長かったなぁ。
何度も出てきてくれた。
バルジャンがいつも端っこにいるのは何故なのか(笑)

島田エポ、石川マリ、安崎テナが最後の方が仲良しでからんでました。
途中、山口さんが島田さんと石川さんを中央に連れてきてえいっと前に押し出して2人とも軽くご挨拶したり、お互い手でもちあげてみたり。
島田さんがおじぎしたまま、ぴょんっと後退してちょっとだけ石川さんの後ろにいったら石川さんも真似してみたり。
最後は石川マリウスが島田エポおぶってハケてた。

あ、そういえば途中石川マリウスとハケる時、美香コゼドレス踏んでつんのめってたよ(^^;;

坂元さんは相変わらず花束を遠方まで投げるのがうまかったわ。

Lemis20070713m_castあーーーーーーーー楽しかった!
観劇もあと一回かぁ……。

2007年7月 1日 (日)

『レ・ミゼラブル』ソワレ In 帝国劇場

Lemis20070701s_cast今期3度目でございます。
やっと観れましたよ、別所バル。

去年の名古屋公演で、まわりの人たちの間では何故か別所バルが熱くて、ずっと観たかったんです。

確かに演技うまいなぁ。
マリウスが生きてたのを確認した後、砦の惨状に崩れ落ちたり、手の怪我を強調するような演技。
地下のシーンでもうまいことよく担ぎ方を変えれるもんだよなぁ。

ラストで、コゼットに「生きて」と言われて「生きてみよう」と言った後に、はっと気付いて後ろのファンテを振り返り、心得たように優しくコゼットに手紙を渡したりとか。
結構じーんときてしまった。

でも、やっぱり私のベストバルはやっぱり今井さんなのだ。。。
そして、去年観た今井バル綜馬ジャベ岡田マリ由佳コゼが忘れられないのだ…(>_<)
今井バル観る前に別所バル観てたら、すごく別所バルにはまってたかもしれないなとは正直思った。

同じくお初の泉見マリウス、結構好き。
なんかあれだ、私。

バカっぽいマリウスが好きらしい(大笑)

岡田マリウスの両腕を天使につかまれたように地に足ついてないような、ふわふわした感じで恋に溺れてる様を見てると、非常に楽しかったんだよ!
なんか、子犬みたいだった…泉見マリ。←何か違う気がするが気にしない。

でも、結婚式のシーンでテナルディエだと見破ってる最中がちょっとワル(笑)っぽくて「をを」と思った。

原田アンジョ。
キャスト出た時、前評判でかなり気になって楽しみにしてたんだけど、実際私にはちょっと薄味でした(^^;
岡アンジョに似てるみたいなのも聞いてたんだけど、確かに似た雰囲気な気がする。
(でも、原田アンジョは原田アンジョであって、岡アンジョにはなれないんだよ、と内心思ったりもするが)

原田アンジョは、不可侵領域っていうか、侵してはいけないっていうか、なんっていうか…。
”触れてはいけない人”みたいな感じがしたなー。
遠くからみんなで眺めつつ、あがめたい感じ?
同じ立場ではいられない感じがする。一線ひいて接する感じ。

声にもう少し厚みが出て、演技的に脂がのってくるともっといいカンジになりそう。
あ、でも結婚式のシーンのテナ妻とのやりとりは割と好きだった(笑)

坂本エポは相変わらず可愛いねぇ。
コートの翻し方はやっぱり好きだなぁ。
というか、バリケードがゆっくり両側から出てできあがる直前にハケてくから、どうしても記憶に残りやすいのかなぁ。
バリケードができあがった瞬間から、いつも切なくなって仕方ない…。

美香ちゃんコゼは、前観た時よりは歌に感情のニュアンスをうまく載せれるようになった気がする。
あと、農場シーン&宿屋シーンもわかったー、多分前回「あれ?」と思ったのと同じ。
農場シーンで腰トントンしてたのみて、可愛いと思ってしまったのは何故だ。
今回は前にいる警官に邪魔されて、十字切るとこ見れなかった。ちぇ。

工場シーンは相変わらず嫌味っぽくていい。

ベガーズでテナにバルだとバレた後、助けてくれたマリと目をなかなか合わせないけど、一応謝ってからバルのとこ行ってて可愛かった。

でもやっぱり、バル最期の時と手紙を読んでる時は…私の中で由佳コゼを思い出しちゃうんだよー。
由佳コゼ、すんごい好きだったから。
美香コゼは「私は父じゃない」→間髪いれずにイヤイヤ、…人の話きいてる? と一瞬思ってしまったのだよぅ(>_<)
…由佳コゼ、手紙読みながらうれしそうに微笑みつつも時折号泣してたんだよな。。。そして、マリウスにもそのいい文面の部分を見せてたりとか細かかったんだよー。←いい加減に昔話はやめなよ。

あと、横田ガブローシュ。
開幕一週間で子役に高レベルを求めるのは間違いだとはわかっているのだが、前回前々回と横田ガブでなんとなく物足りなかったら、今回は違う子で…と思ってたんだけど、横田ガブで(^^;;
あう~とか思ってたんだけど。
うまかった。。。

鞄がちゃんと届いて「よし!」みたいな声が聞こえた時とかもーどうしよーかと、っていうかすでに泣いてますが。。。
「1、2、3!」の3が今回すんごい悲鳴みたいな言い方だったから、うわ~とか思って。
(でも、冷静に考えるとそれってもう3で撃たれるってわかってるみたいだよな~とも思っちゃうからあれだけど)
「ちびっこ仲間」がなくったのはやっぱりさみしいし、撃たれる時もあっちの方が涙誘って実は好きなんだけど、仕方ないよな。

あと、伊藤グラン。
戦闘始まってるのに、弾の入った箱の前に座り込んでたり、ガブに砦から出て行かせようとしてるとことか、色々と目がいってしまった。
ガブがバリケードに向かうとこは「気付けよ、グラン!」とかよくわからんことを思ってしまってる私がいたわ(^^;;

原田アンジョが撃たれて、伊藤グランがイッキにバリケードの最上部に登りつめて、酒ビン振り回してその後撃たれて倒れて…とかもう、私ダメ~。
あれ、逆側から一度観てみたい。どんな表情してるんだろ。

アンジョとガブの倒れてる姿かきれいに同じだし、なんかもう、バリケードのとこ、一番私やられる。。。

アンサンブルはやっぱりなんでかデカい人に目がいきますよ、田中モンパルナス。(笑)
どこにいてもわかりやすすぎだよ!
私も友達も、自然と見つけてしまう、実は大好きらしいよ(大笑)
リヤカーを一番後ろでそっと押さえてる姿に、思わず笑いそうになったのは何故なの。

…来週はアンジョがサカケンなので、元獅子王役者が2人もいる舞台を観れるらしい。ある意味楽しみ。
邪道な楽しみ方、その1って感じだね。(笑)

そういえば、井料さんが四季時代から好きだった私と友達は、初ファンテも井料さんだったせいで、イメージが固まってしまっていて、どのファンテでも物足りないらしい。
今後、ファンテももうちょっと注目して観ようっと。

あと、港司教&レーグルね。
四季時代も確かパンフかなんか見て思ってたんだけど、今回のパンフでも舞台上でも、やっぱり私の贔屓役者A氏に似てるんだよねー。
友達に言ったら「確かに似てる」って言われた。
たまに心臓に悪い(何故・笑)
港さん声いいから好きだ。

私は駒田テナ好きなんだけど、友達は苦手らしい。
「目が笑ってないから」怖いらしい。私は結構そこがいいんだけどなー。

2007年6月14日 (木)

『レ・ミゼラブル』マチネ In 帝国劇場

今公演2度目です。
で、スペシャルキャストー!

B席だったんですが、観易かった。
普通にガンガン泣いてました(笑)
まわりもリピーターばっかりだったんじゃないかなぁ。
前回もだったけど「ヲイ!」って思うような観劇の仕方の人がいないのはうれしい限り。

自分の両サイドの人が(知り合いでもなんでもないんですよ)泣きポイントが同じらしく、自分も安心して入りこめたってのもあるが。(笑)
…友達がいたらまた「泣きすぎ。」って怒られてたぐらいちょっと泣きすぎた。。。

鹿賀ジャベは登場してすぐぐらいは「ヤバそうだなぁ」と思ってたんだけど、その後はのぼり調子で良くて安心した。
っていうか、鹿賀さん自体初めてだ(^^;;
きびきびした動作がいいなぁと思ったよ。
貫禄はさすが。

この前観たファンテが、正直微妙…だったんで、岩崎ファンテはさすがに安心して観れたなぁ。
正直歌い方に苦手かなと思う部分もあったりしたんだけど、全体的に安定してるからやっぱりいいよね。

斎藤テナは台詞を音に載せてるだけ状態なんだけど、…音外されるより最初からああなら私は平気だったりするので、気にしてません。
オケより先に走りがちだったけど、阿知波マダム・テナが混じるとどうにか軌道修正しつつ…な感じだったな。
阿知波マダム・テナは良かったなぁ。好きだ。

岡アンジョはさすがだった。
カッコ良かった~。
観れて良かったわ。

でも、学生がやっぱり弱い気がする(-_-;)
本当に革命を起こしたいの? って気分。

で、いい意味でも悪い意味でもどっちでも取れそうな目立ち方をしてたのは松村グラン。
熱いのもいいが、熱すぎるような気もする。
他の学生たちも熱くなってくればちょうどいいんだろうけど、一人目立ってたな、私的に。

あと、妊婦が妊婦らしくないのはちょっと(-_-;)

アンサンブルを追うにはまだまだ私がついていけてないので、今後もまた見方が変わってくるかもしれないな。
今後に期待。

前回名古屋で観た時に今井バルがすごく好きだったんで、今回本当に楽しみにしてたんだけど。
……本当に好きだー、今井バル。
銀の燭台の重さに本当に泣かされるし、すごく優しくて好き。

久しぶりに観た新妻エポ。
前回観た時は、マドモアゼルモーツァルトのイメージがまだ強くて、ボーイッシュな感じが強かったけど、だいぶ女の子らしかったなぁ。

マントの翻し方は坂本エポのが好き。
あと、「血だらけじゃないか」の時、坂本エポはすぐにマントの前を合わせて傷を隠したてたのに、新妻エポはそのままなんだね。
マリウスとのキスもしてなかった気がするけど、観損ねただけかな??

で、美香ちゃんコゼットですよ。

可愛いな、おい。

なんとなくアンサンブルを観てたら、普通に目に飛び込んできて「あ、あれ美香ちゃんか?」と思ってそのまま目で追ってしまった。
農場シーンはちょっと違う人観てたかもしれないけど、教会シーンでは司教様に向かって素直に十字切ってて「を。」と思った。

工場シーンは、ファンテとファクトリーガールの周りをうろちょろしながらあざけりの目で見ているー♪(グリザかよ(笑))
賃金もらった後は、ちょこんとお辞儀して、恋人?のとこいって寄り添うようにしながらファンテの成り行きを見てるし。

ちゃんと女優さんだねぇ、と。(どういう意味だ(笑))
デカで見てる時とか、美香ちゃんって割と手の先までキレイに伸ばしてて。
ポージングの決めとかキレイに決まって好きだったんだよね。
デカ関連の写真とか見ててもちゃんと指先ピンと伸びてて、良かったもんな。

…いや、私、バレエ系のダンサーさんの決めポーズの指先がすんごい好きな人なんで(笑) そういうトコつい見ちゃう。。。

で、待ってましたのラブリーレイディですよ!
コゼよりこっちが楽しみだっ…(殴) ←どんなおやぢだお前。

一人目の客とは値段交渉の末にコトに及び。
二人目の客の時には、後ろにいた子が自分で客引きして掴まえたのに、そこに割って入って客に選ばせて横取りしてコトに及ぶという……(笑)
をををををををーーー!

いやはや。
すげぇな、ラブリーレイディ。

コゼットももちろん可愛かったですよ。
パン入籠落しのびっくり仕方も、マリウスとの恋落ちる瞬間も、可愛かったなー。

声がちょっと細いけど、ファルセットもちゃんと出て裏返ってないから、割と安心して見れるな。
いや、今回のコゼットの中では割と甘めに見ちゃう人なんであれだけど(^^;;

後は表情筋鍛えて(?)、表情のメリハリ度が大きくなるといいなー。
細かい部分の演技も今後に期待。

ただ、一番気になったのは、ラストのバルの告白の後、普通にすぐイヤイヤしてたけど…………自分の子じゃないって言われて驚かないの? とはちょっと思った。(笑)

Remis070614m_cast はあ、早くまた観たい。。。
数週間先か、長いな……。

おつきさま。



-天気予報コム-

最近のトラックバック

無料ブログはココログ